エレキギターを始めたい人に、最初に用意する必要なもののおすすめ

スポンサーリンク
firstguitarギター
スポンサーリンク

ギターをこれから始めたい人に、最初に揃えておくものを紹介したいと思います。

ギターにはアコースティックギターやエレキギターなど幾つかの種類がありますが、今回はエレキギターについて紹介したいと思います。

エレキギターを始めるために最初に用意したい必要なものの紹介

エレキベースを始める時は、以下のものが必要になります。

  1. 楽器
  2. ピック
  3. チューナー
  4. アンプ
  5. シールド
  6. ギタースタンド

これから一つづつ説明していきます。

エレキギターを始めるために必要なもの ① 楽器

最低限必要になるのがギター本体になります。
買うか、借りるかもらうかしましょう。
誰かから借りたりする場合も、いずれ自分の楽器を手に入れることを目標にすると良いと思います。

エレキギターの選び方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ギター女子のために書いた記事ですが、男性が読んでも参考になると思います。


これからギターを始める人でも、ある程度良いギターを買ったほうがあとあと長く使えるので良いと思います。
どのくらいからが良いギターかという判断は難しいですが、フェンダーのプレイヤーシリーズのものはコストパフォーマンスも良く、長く使えると思います。

ギターを購入するときはできるだけ実物を試奏してから気に入ったものを買うようにしましょう。
ギターを弾いたことがない人は、弾ける友達を連れて行くか、店員さんに頼んで弾いてもらうとよいでしょう。
楽器は一度買うと長い付き合いになるので妥協せず、良いものを選ぶようにしましょう。




エレキギターを始めるために必要なもの ② ピック

ピックがなくてもギターは弾けますが、一枚100円くらいなので何枚か買っておくと良いです。
大まかに分けるとおにぎり型とティアドロップ(涙)型があって、硬さが数種類あります。
始めは真ん中くらいの硬さのピックを何枚か試して自分の好みを知れれば良いと思います。




エレキギターを始めるために必要なもの ③ チューナー

絶対音感がある人以外はチューニングをするのに必要になります。
クリップ型のものが便利なのでおすすめです。
ただし、ピアノなどとピッチが固定された楽器と一緒に演奏する場合は、ピアノの音に合わせる必要があります。




エレキギターを始めるために必要なもの ④ アンプ

エレキギターはアンプから音を出さないときちんとした音が出せないので、練習用に一つ小さいアンプを用意しておくと良いです。
最近は各メーカーから小さくても良い音のアンプが多く出ていますので、好みで選べば良いと思います。
初めてギターを弾く人にはアンプシミュレーターや、デジタルエフェクターが内蔵されたアンプが手軽にいろいろ試すことができるのでおすすめです。




アンプを選ぶ時には、下記の記事も参考にしてください。



エレキギターを始めるために必要なもの ⑤ シールド

シールドはアンプとギターを繋ぐために必要なものですが、サウンドに影響があるのでそこそこ良いものを選ぶようにしてください。
そこそこ、というのはシールドは消耗品なのであまり高いものではなくまあまあなもので良い、ということです。





以下の記事はベースの内容ではありますが、ギターに使っても良いシールドばかり紹介しているので参考にしてください。

エレキギターを始めるために必要なもの ⑥ ギタースタンド

ギタースタンドがあれば、練習の途中でも楽器をさっとおくことができるし、ケースにしまう必要もなくなるので練習がしやすくなります。

ラッカー塗装のものは直接楽器を置くと塗装が溶けてしまうものもあるので、スタンドカバーをつけてから置くように注意しましょう。




まとめ そのほか必要になるもの

以上のものをそろえれば、しばらくは大丈夫です。
いずれエフェクターなどが欲しくなると思いますが、急いで揃える必要は無いのでゆっくり選んで行くと良いでしょう。
以上、参考にしてもらえればうれしいです。

それでは、また。

ギター
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました