フラメンコを弾きたい方におすすめのフラメンコギター(クラシックギター )を紹介

ギター
この記事は約4分で読めます。

スペインの伝統的な舞踏フラメンコ。

かき鳴らすフラメンコギターのサウンドは
アグレッシブでかっこいいですよね。

ぼくもそのサウンドに魅了され、3年ほど
前からフラメンコギターを弾いています。

奏法がクラシックギターと違い、慣れるのに
時間がかかりましたが、弾けるようになると
本当に楽しいです。

そこでこの記事では、
フラメンコを演奏するのにおすすめの
フラメンコギターを紹介します。

フラメンコギターを始めたい方や、
フラメンコ用のギターを探している方は
ぜひ参考にしてください。

フラメンコギターとは

フラメンコギターはクラシックギターに
良く似ていますが、クラシックギターより
ボディが軽くて薄いです。

またカポタストを良く使うので弦長が長く
弦高は低く調整されます。

フラメンコではボディを叩く奏法があるため、
サウンドホールの下に、ゴルペ板という
ボディを保護する薄い板が貼られます。

カラッと歯切れの良いサウンドが好まれ、
表板には松が使われることが多いです。

おすすめのフラメンコギターの紹介

ここからおすすめのフラメンコギターを
紹介します。

ここではネットでも購入しやすいものを
中心に紹介します。

YAMAHA ( ヤマハ ) / CG182SF

こちらはヤマハ製のフラメンコギターです。
表板には単板のスプルースが使われており、
レスポンスも早く弾き心地が良いです。

エントリーモデルですが、音も良く仕上げも
きれいで、中級以上の方にもおすすめです。

ARIA ( アリア ) / A-50F

ARIA製のフラメンコギターです。

トップ材に鳴りの良いスプルース単板を採用し、
バランスの良いサウンドが魅力のモデルです。
ヘッドの形がスペインのギターらしくて
かっこいいです。

フラメンコギターらしく薄く作られたボディと、
バックとサイドに軽いアガティス材を使って
いるので反応が早く、良く鳴ります。

表板を保護するゴルペ版も装備されているので
購入後すぐに弾くことができます。

国内メーカーの製品なので素材や仕上げが良く、
コストパフォーマンスに優れています。



CORDOBA ( コルドバ ) / F7 Paco

コルドバはスペインのギターメーカーです。
ジプシーキングスが使用していることでも
有名なメーカーです。

こちらのF7は、トップ材にソリッドスプルース、
サイドとバック材にローズウッドを採用し、
フラメンコらしい明るく、温かみのあるサウンド
が特徴です。
この組み合わせは、フラメンコギタリストの
パコデルシアが好んで使っていました。

本場スペインのサウンドを手頃な価格で
楽しむことができる、コスパの良いモデルです。

Cordoba  IBERIA F7 Paco
Cordoba
トップ:ソリッドイングルマンスプルース、サイド&バック:インディアンローズウッド

CORDOBA ( コルドバ ) / F10

先に紹介したF7の上位モデルです。

トップ材にはスプルース単板、サイドとバックに
サイプレスの単板を採用したオールソリッドの
仕様です。
そのため明るくハリのある、フラメンコらしい
音色で良く鳴るギターです。
ネックや指板は仕上げが良く弾きやすいです。

オール単板なので、長く使えるギターです。
本格的にフラメンコギターを始めたい方には
こちらのF10がおすすめです。

Cordoba  IBERIA F10
Cordoba
トップ:ソリッドヨーロポアンスプルース、サイド&バック:ソリッドサイプレス





まとめ

今回はフラメンコを始めるの方に
おすすめのギターを紹介しました。

参考にしてもらえたら嬉しいです。

それでは、また。


ギター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました