アコギ(アコースティックギター)のストラップ、おすすめのメーカーの紹介、ストラップピンがない時の付け方についても

こんにちは、アルコです。

今回はアコギ(アコースティックギター)用のストラップについて書いてみたいと思います。

アコギはストラップを使わずに椅子などに座って弾くのもいいですが、ストラップを使えば楽器が安定して楽に弾くことができます。

アコギの中には、ストラップを取り付けるピンが、エンド側のみに1個しかないギターがあります。
そのようなギターでストラップを使う場合、どのように取り付ければいいのか紹介したいと思います。

また、ストラップもいろいろあるので、おすすめのストラップメーカーをいくつか紹介したいと思います。

アコギのストラップの付け方、ピンが一つしかない時の対処法

アコギ(アコースティックギター)にはストラップを取り付けるピンが一つしかついてないことがあります。
最近のアコギはだいたいネックの根元あたりにストラップピンがついているのですが、古いタイプのアコギにはついてないこともあります。

その場合、ストラップを使う方法は、2つあります。

一つは昔のフォークシンガーみたいにストラップの片方に紐などを通し、ギターのヘッドに結んで取り付ける方法です。

この方法だと楽器を加工すること無くストラップを使うことができるのですが、実際にやってみるとギターを弾くときにバランスが取りにくく、弾きづらいです。

また、見た目がなんともかっこ悪いです。
最近は流行らないスタイルなので見た目を気にする人にはあまりおすすめできないです。

もう一つの方法は、ギターのネックの根元あたりにエンドピンを取り付ける方法です。
ギターの工房などに頼めば取り付けてくれます。
ピンを買ってきてネジで取り付けるだけなので、自分でも取り付けられるのですが、高い楽器の場合は失敗が怖いのでプロにお願いしたほうがいいと思います。

この位置にピンをつけてストラップを使うと楽器が安定して、とても弾きやすくなります。
個人的にはこちらの方法をおすすめします。

アコギ用ストラップの種類と選び方

ギターのストラップは、素材や太さ、見た目などの違いで種類がたくさんあります。
値段も300円くらいのものから数万円のものまで幅広くあります。
素材はナイロン、綿、革、ビニール、シルクなど様々で、形や幅の広さも様々です。

エレキベースなど重さのある楽器用に、幅が広くて、肩に当たる部分がクッションになっているものもありますが、アコギの場合はあまり重い楽器はないと思うので、普通のものを選べば良いと思います。

アコギに合わせてかっこいいストラップは綿などの布製か、革がいいんじゃないかと思います。どちらも滑りにくいので楽器が安定して弾きやすくなります。

また、革製のストラップは使っていくうちに柔らかくなっていき、自分の体に馴染んでいきます。愛着も湧くし、おすすめです。他の素材を選ぶ時も実物を触ってみて、体になじみそうなものを選ぶと良いでしょう。

ストラップは一度つけるとずっと同じものを使うことが多いです。
演奏中も目立つものなので、ちょっと奮発していいものを選ぶのもいいと思います。

おすすめのアコギ用ストラップのメーカー

Takamine

ギターメーカーのタカミネです。
アコギ用のストラップを多く販売していて、デザインもちょっとおしゃれな感じです。
優しいデザインが多いので、女性にもおすすめです。

Gibson

こちらもギターメーカーのギブソンです。
あまり多くの種類は作っていないですが、ギブソンのロゴが入った革のストラップがかっこいいです。
ギブソンのギターを使っている人はストラップも合わせるといいかもしれませんね。

Fender

こちらもギターメーカーのフェンダーです。
フェンダーのモノグラムストラップは体になじみやすくて使いごごちがいいので、フェンダーのギターを使っていない人にもおすすめです。

ERNIE BALL

ERNIE BALLのロゴが入ったポリプロピレンのストラップが有名です。
アコギには見た目がいまいち合わないですが、安くて丈夫で、使い勝手もいいストラップなので、予備に一本あるといいかもしれません。
他にもジャガード織のサイケ柄のストラップもあります。

CHUMS

アウトドアグッズで有名なチャムスですが、ギターケースやストラップなど、楽器用品もいろいろと作っています。チャムスのストラップはジャージのような綿素材でできていますが、体にフィットして使いやすです。
ちょっと人と違ったものを使いたいひとにおすすめです。

LIVE LINE

ストラップやシールドなどを多く手がけているメーカーです。
素材や柄などラインナップが豊富にあります。
値段がちょっと高めのものが多いですが、日本製で品質も良いです。

LEVY’S

ストラップの有名メーカーです。
作りがしっかりして、品質の良いストラップメーカーです。
素材もデザインも様々なものを作っていて、選択肢の多いメーカーです。

JIM DUNLOP

ジムダンロップのストラップはジミヘンをイメージしたサイケ柄など遊び心のあるデザインのものがあり、好きな人にはおすすめです。

MOODY STRAPS

革製ギターストラップの高級ブランドで、いろいろな革製ストラップを作っているメーカーです。
値段がどれも1万円以上するものばかりですが、柔らかい革を使っているため、使いやすく品質の良いストラップメーカーです。
MOODY STRAPSのストラップは、多くのミュージシャンに愛用されています。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。
ストラップがあると楽に演奏できるようになるので、ギターがもっと楽しくなりますよ。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました