カッティングギターの名手、山下達郎が使用するギターと、ギターアンプ、エフェクターなど機材の紹介

ギター
この記事は約7分で読めます。

山下達郎さんは1973年にシュガー・ベイブというバンドでデビュー、以来ニューミュージック界のトップミュージシャンとして活躍を続けています。

山下達郎さんは、ボーカルとしての印象が強いですが、実はカッティングギターの名手としてもよく知られています。
山下達郎さんの都会的で洗練されたサウンドは、どのように作られているのか、とても興味深いですね。

今回は、山下達郎さんが使用しているギターやアンプ、エフェクターなどの機材を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

山下達郎さんが使用しているエレキギターの紹介

山下達郎さんのギターとして有名なのが、70年代後半のフェンダーUSA製テレキャスターです。
山下さんがご友人から5万円で譲ってもらった楽器で、彼の82年のアルバム「FOR YOU」から、現在までずっとメインギターとして使用しているそうです。

また、サブギターとして使用しているサンバーストのテレキャスターがありますが、こちらは上記のギターをフェンダー・カスタム・ショップのマスタービルダーが忠実に再現したモデルだそうです。同じカラーにするとどっちがどっちかわからなくなるため、あえて違うカラーにしたそうです。

他に使用頻度の高いギターとして、フェンダーストラトキャスター(ホワイトボディに黒のピックガード)がありますが、このストラトキャスターは様々なギターからパーツを寄せ集めたもので、山下さん曰く、
「これ以上いい音がするストラトと出会えない」
とのことです。
そういう唯一無二の楽器って羨ましいですね。

その他、マーチンのD-28、ギブソンのJ-160E、ギブソン、チェットアトキンスモデル(エレガット、現在は廃番)などを所有しています。
ギブソンのギブソンのJ-160Eはピックアップをつけたタイプで、FMのラジオ番組に出演される時はこのギターを使っているそうです。

山下達郎さんが使用しているエフェクターの紹介

山下達郎さんの使用しているエフェクターは。

  • MXR Distortion +
  • MXR ダイナ・コンプ
  • BOSS コーラス CE-3(現在廃番)
  • Centaur ブースター
  • sans amp classic(ブースターとして)

古い型番のものもいくつかありますが、全て現行品として販売されています。

Centaurのクローンモデルです。

山下達郎さんが使用するギターアンプの紹介

2015年くらいの情報では、ギターアンプはマッチレスDC-30を使っていたけど、壊れてしまったので、しばらくはフェンダーのツインリバーブを使っていました。
ステージではアンプは使わずにラインでPAに直接送っているので、本番ではステージに置いてあるギターアンプは一切鳴らしていないそうです。


現在はshinos(シノーズ)というメーカーのLUCK6Vというギターアンプを使っています。
shinosは日本国内のアンプメーカーで、高い品質とサウンドの良さから、多くのプロミュージシャンが愛用しています。

山下達郎さんが使用するギターストラップの紹介

山下さんはフェンダーのギターでも、ギブソンのギターでも、マーチンのギターでも、ギターを弾く時はフェンダーのモノグラムストラップを使うと決めているそうです。
30年以上使っているので、体に馴染んで他のストラップは使えないとのことです。

山下達郎さんのバンドスコアの紹介

こちらのバンドスコアには、達郎さんのギタープレイが正確に採譜されています。
こちらは達郎さんのデビュー40周年を記念して作られたもので、収録されている曲は、ご本人の選曲によるものです。
ギター以外のパートも記載されているので、これ一冊あればコピーバンドもできます。


また、シュガーベイブのスコアも販売されています。
こちらも代表的な曲が11曲収録されています。
全曲フルスコアです。

バンドスコア SUGAR BABE「SONGS」
ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス

バンドスコアは売りきりで廃盤になることも多いので、欲しいと思った物は早目に入手されることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
山下達郎さんのギターや機材はオーソドックスですがこだわりの感じられるものばかりでした。ぜひ楽器選びや音作りの参考にしていただければと思います。

それではまた。

ギター
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました