ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)が使用したギター、エフェクター、アンプなどの機材を紹介

ギター
この記事は約7分で読めます。


ロックの申し子、時代の寵児であるジミ・ヘンドリックスはデビュー後27歳の若さで他界するまでのわずか数年の活動で音楽史に多くの伝説を残し、後世の人間に多くの影響を与え続けています。

ジミ・ヘンドリックスは歯でギターを弾いたり、ステージ上でギターを燃やしたりといった奇行も目立ちますが、演奏技術、音楽性の高さにおいて他に類をみないギタリストです。

この記事ではジミ・ヘンドリックスが使用したギターやエフェクター、アンプなどの機材を紹介したいと思います。彼の機材やセッティングは現代のロックギターの定番となっているので、ぜひ参考にして下さい。

ジミ・ヘンドリックスが使用したギターについて

ジミ・ヘンドリックスは左利きでしたが、左利き用のギターは使わず、右利き用のストラトキャスターに、順番を逆に弦を張って使っていたことで有名です。
現在フェンダーからはジミ・ヘンドリックス・シグネイチャーモデルが出ていますが、こちらは左利き仕様を右利き用にしています。

ストラト以外にもギブソンのフライングVを弾いていたことも有名です。
フライングVはAxisのアルバム「Bold As Love」のレコーディングから使用しています。

また、作曲時にはMartinのD-45というアコースティックギターを愛用していました。D-45はレコーディングでもしばしば使われたそうです。



ジミ・ヘンドリックスが使用したギターアンプについて

ジミ・ヘンドリックスは主にマーシャルのSuper LeadというアンプヘッドにMarshall 1960AC Vintage Cabinet / 4×12というキャビネットを組み合わせて使っていました。

ジミ・ヘンドリックスが使用していたエフェクターについて

ジミヘンドリックスはエフェクターの使い手としても名手でした。
ファズやワウを初めてロックに取り入れたことでも有名で、現在はシグネイチャーモデルのエフェクターもいくつかあります。

また、ジミ・ヘンドリックスは音を揺らすUni-Vibeというコーラス&ビブラートユニットを愛用していました。こちらは現在生産されていませんが、MXRから、その効果を再現できるペダルが販売されています。



こちらはジミ・ヘンドリックスシグネイチャーモデル。



また、ジミ・ヘンドリックスは音を揺らすUni-Vibeというコーラス&ビブラートユニットを愛用していました。現在は生産されていませんが、MXRがその効果を再現できるペダルを販売しています。

ジミ・ヘンドリックスが使用していたストラップの紹介

ジミ・ヘンドリックスが使っていたギターストラップはデザインにこだわりが感じられます。サイケデリックでカラフルなものが多く、現在も同じデザインのものが入手可能です。

ジミ・ヘンドリックスのサウンドを再現するための機材の紹介

自宅などでジミ・ヘンドリックスサウンドを再現したい時、上で紹介したアンプだと大きすぎるので、以下のような小型のアンプがおすすめです。
また、エフェクターもジミ・ヘンドリックスが使っていた効果をまとめたものが出ています。手軽にジミヘンサウンドを楽しみたい方におすすめです。

MXRサイズのOCTAVIOです。
シリコントランジスタ採用、アウトプットとファズのシンプルなコントロールにより直感で操作ができます。

ヴィンテージのマーシャルサウンドを再現できる他、ブースト機能とファズ機能があり、このエフェクターだけでジミ・ヘンドリックスやジェフ・ベック、ジミー・ペイジなど往年のロックサウンドを再現することができます。

ファズと、オートワウ、ロータリーシミュレーター、バイブサウンドなどのモジュレーションが1台に収まったコンパクトペダルで、これだけでジミ・ヘンドリックスのサウンドを再現することができます。

まとめ

今回はジミ・ヘンドリックスの使用機材と、サウンドを再現するための機材を紹介しました。
当時最先端だったヘンドリックスの機材も、現在ではオーソドックスなものとなっています。エフェクターなどはどれも汎用性の高いものばかりなので全て持っていてもいろいろ使えますよ。

今後の音作りの参考にしてもらえたら嬉しいです。
それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました