【小さくても良い音】自宅練習用ギターアンプのおすすめ9選の紹介

ギター
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
しろ
しろ

くろさんは家でギター弾く時アンプ使っていますか?

くろ
くろ

使っていますよ。
あまり大きい音は出せないけど。

しろ
しろ

やっぱりアンプ使った方がいいですかね?

くろ
くろ

ピッキングのニュアンスとかわかりやすくなるからアンプ使った方がいいですよ。

しろ
しろ

ですよね〜。

くろ
くろ

最近は小型のアンプもいいのがありますよ。

しろ
しろ

なにかおすすめのありますか。

くろ
くろ

それじゃあこの記事でいろいろ紹介しますね。

しろ
しろ

よろしくです。

エレキギターは生音でも練習できますが、ピッキングのニュアンスや出音の確認にアンプはアンプを使った方がいい練習ができます。
最近は真空管、トランジスタともに低価格で小型のものも多く販売されています。
この記事では自宅練習用の小型アンプに絞っておすすめを紹介したいと思います。

練習用小型ギターアンプの選び方

アンプを選ぶ際は「メーカー」「ワット数」「真空管 or トランジスタ」など選ぶポイントがいくつかあります。また、アンプシミュレーターや、マルチエフェクターなどの機能を搭載したものなど、ひとくちに小型アンプと言っても様々なものがあります。
自分の演奏したいジャンルやサウンドが出せるものを選ぶ必要があります。
Youtubeのレビュー動画や、アマゾンやサウンドハウスのレビューが参考になるので、気になる機種があれば参考にしてください。


おすすめの小型ギターアンプの紹介

それではここからおすすめの小型ギターアンプを紹介します。

VOX Pathfinder10

イギリスの老舗アンプメーカーVOXのPathfinder10(パスファインダーテン)は、サウンドの良さと価格の安さで人気の高いトランジスタアンプです。
VOXのAC30シリーズのアンプをそのまま小さくしたようなルックスで、VOXの伝統的なブリティッシュスタイルが楽しめます。
クリーンとオーバードライブのチャンネル切り替えが可能、クリーンは10ワットながら力強いクリアなサウンドが魅力です。オーバードライブはファズのようなざらざらした歪みです。
軽くて小さく、ルックスも良いコストパフォーマンスに優れたアンプです。

VOX Pathfinder10
VOX(ヴォックス)
VOX伝統のルックス、サウンドを継承したギターアンプ



VOX AV15

VOXのAV15は、1本の12AX7の真空管を搭載し、双三極管の半分をプリアンプ、もう半分をパワーアンプに使用することで、プリ、パワー共にチューブ仕様になっているアンプです。
8種類のチューブ・サウンドを8種類のアナログ・プリアンプ回路で再現しており、自然なアンプシミュレートのサウンドを得ることができます。
さらに3つのエフェクト機能(MOD、DELAY、REVERB)を搭載しており、この一台で様々なシミュレートが可能です。
サウンドも良好で、多彩な機能とお買い得感の高いおすすめのアンプです。

VOX AV15 15W
VOX(ヴォックス)
15W出力、VOXオリジナル 8インチ・スピーカー搭載

Fender Frontman 10G

こちらの「Frontman10」は、フェンダーのベストセラー、「FRONTMANシリーズ」の最小モデルです。クリーンサウンドが煌びやかで、シングルピックアップを鳴らすのにぴったりです。
フェンダーらしいブラックフェイスの見た目も魅力です。パネルはシンプルでわかりやすく、初心者の方にもおすすめです。ヘッドフォン端子、CDインプットも備えてあり、自宅練習用にはぴったりのコンパクトなトランジスタアンプです。

ORANGE Crush 20W

こちらはイギリスのアンプメーカーであるオレンジの、小型トランジスタアンプです。
クリーンとダーティー(歪み)のツインチャンネルをもつ仕様で、クリーンチャンネルにはボリューム、ダーティーチャンネルにはゲインと3バンドのイコライザーコントロールがついています。

歪みは鋭くディストーションよりで、クリーンからクランチにかけての出音は特に良いサウンドです。
機能的には必要最小限ですが、コンパクトで、ルックスもサウンドもグッドなアンプです。

Orange Crush 20
ORANGE
Features:Twin channel guitar amp combo with high gain preamp, 3 band EQ, Aux In & CabSim-loaded Phones output

ROLAND MICRO CUBE GX 

こちらはローランドのロングセラー、MICRO CUBEの後継機種になります。
アンプシミュレートとエフェクターのシミュレート機能がついています。
アンプシミュレートは6種類あり、JC CLEANを選ぶと、ローランドの名機「ジャズコーラス」そのもののサウンドが味わえます。また、エフェクトはCHORUS、FLANGER、PHASER、TREMOLO、HEAVY OCTAVEの5種類が使えるEFXに加えて、DELAYとREVERBがそれぞれ独立して搭載されています。
いろいろなアンプやエフェクターのニュアンスを試すことができるので、ギターを始めたばかりの人や、アンプを初めて買う方にもおすすめです。

電池でも使えてボーカルマイクの入力もあるので、これ一台でストリートライブもできます。コンパクトなアンプですが、価格も安く、多彩な機能と良質なサウンドを兼ね備えています。

ROLAND M-CUBE GX MICRO CUBE
Roland(ローランド)
マイクロアンプの決定版!進化したマイクロキューブシリーズ!!

YAMAHA THR5 V.2

ヤマハのTHR5の後継機種です。
アンプシミュレートとエフェクターシミュレートの機能を搭載し、エレキギター以外にもアコースティックギターやベースに対応したアンプシミュレートもあるためエレキギター以外の演奏にも使用できます。
サウンドはゲインをあげるとチューブアンプっぽい音が出ます。音色は派手めでエッジが効いています。コンパクトで軽く、演奏場所を選ばないアンプです。

ヤマハ YAMAHA ギターアンプ THR5
ヤマハ(YAMAHA)
搭載アンプシュミレーション:CLEAN, CRUNCH, LEAD, BRIT HI, MODERN

Marshall MG15

MarshallのMG-Goldシリーズ、MG15です。
15Wのコンパクトアンプながら、ローの効いたパンチのあるサウンドは自宅練習や小規模なライブに最適です。クリーンとディストーションのチャンネル切り替えが可能です。
機能は最小限ですが、良質なサウンドといかにもマーシャルな見た目がその気にさせてくれるアンプです。

Marshall MG15
Marshall
自宅練習はもちろん、小規模なパフォーマンスにも最適



Blackstar FLY3 Bluetooth

Blackstar FLY3のBluetooth搭載モデルです。スマホの音楽も出力が可能です。
手のひらに乗るくらいコンパクトで、バッテリー駆動にも対応しているため、屋外などでも演奏が可能です。3Wという小さい出力のため、小音量でも、歪みとクリーン両方で自然でパワーのあるサウンドが得られます。
練習用のアンプとして小音量の時に実力を発揮できるアンプで、価格も安くコストパフォーマンスにも優れたアンプです。


BLACKSTAR FLY 3
Blackstar
バッテリー駆動対応 3ワット出力のミニアンプ



BOSS KATANA-50 MkII

エフェクターのメーカーとして有名なBOSSの、「KATANA-50 MkII」はその圧倒的なサウンドの良さから、発売されて以来人気の高いギターアンプです。
独自技術「Tube Logic」により、トランジスタアンプでありながら真空管アンプにも引けを取らない、抜けの良いパワフルでリッチなサウンドを実現しています。
合計10種類のアンプシミュレート、内蔵エフェクターによりビンテージからモダンまで用途を選ばない幅広い音作りが可能。直感で使えるパネルは扱いやすく、練習や録音、ライブまでマルチに使えるギターアンプです。


まとめ

最近は小型アンプの性能も良くなり、練習だけでなく小さいハコならライブもできるような良いものも多くあります。ぜひ自分にあったアンプを見つけて楽しいギターライフをおくってください。

今回の記事参考にしてもらえたらうれしいです。
ではまた。

ギター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました