初めてのアコースティックギターの選び方とおすすめの楽器を紹介

ギター
スポンサーリンク

この記事では、アコースティックギターに限定しこれからギターを始めたい人に楽器の選び方やおすすめの楽器を紹介したいと思います。

アコースティックギターの種類

アコースティックギターとはアンプを用いずに演奏するタイプのギターです。

アコースティックタイプのギターはおおまかに分けてクラシックギター(ガットギター)とアコースティックギター(アコギ、フォークギターとも呼ばれる)に分けられます。

クラシックギターはナイロン弦が張られ、主にクラシックやボサノバなどに用いられます。厳密には違いますがフラメンコギターもクラシックギターの一種となります。

指(爪)で弾くことが多く、柔らかい音色が特徴です。これにピックアップをつけたものをエレクトリックガットギター(エレガット)と呼びます。

それに対してアコースティックギターはスティール弦が張られていて、楽器の構造もクラシックギターより大ぶりで頑丈なものが一般的です。

スティール弦のアコースティックギターはアルペジオや単音でのソロの演奏にも良く使われますが、歌の伴奏などストローク奏法で演奏したときこそ真価を発揮する楽器だと思います。

メロディや分散和音での伴奏に加え、ストローク奏法でのコード弾きなど様々な奏法で演奏することができるギターです。

クラシックギターの選び方

僕は高校の時に買った、マツオカという日本のメーカーのギターをずっと愛用していたのですが、数年前に楽器の内部の接着が剥がれて修理に出したことがあります。

そのとき修理に出している間に弾くギターが欲しくなってしまい、あちこち探したのですが、そのとき初めてクラシックギターというのはエレキギターのように定番のメーカーやモデルがないことを知りました。

さらに同じ楽器を弾く友達もいないため情報もありませんでした。ネット上の情報も色々と見たのですが、特に有益なものはなかった気がします。

もちろんクラシックギターそのものはたくさん売っていますので、取り扱いが多いお店を幾つか回って日本人の職人が作ったものを中古で10万円くらいで購入しました。

その時に30万円くらいのものまで何本か試奏したのですが、量産しているメーカーのギターはどれもいまいちのものが多い印象がありました。

クラシックギターのおすすめのメーカーやモデルというものは無いとぼくは思っています。作っているメーカーはたくさんありますが、楽器毎の個体差が大きくどれがおすすめだと言うことがぼくにはできません。

クラシックギターを始めたい人は楽器店を何軒か回って試奏してから選ぶことをおすすめします。くれぐれもネットショップでクラシックギターを買うのは避けた方がいいと思います。

アコースティックギター(フォークギター、アコギ)の選び方

アコースティックギターの有名なメーカーとして挙げられるのがマーチン、ギブソンです。マーチンにはドレッドノートやOOO(トリプルオー)、ギブソンならハミングバードやJ-45、J-200などの名器があるのですがどれも高価で初めて買う楽器としては不向きだと思います。予算10万円くらいまでで選ぶとして、おすすめのメーカーはGUILD、 Yairi、Yamahaになります。

こちらもクラシックギター同様に個体差があるので購入する際は必ず試奏してから決めましょう。

おすすめのアコースティックギター① GUILD Westerly Collection D-240E 

メーカー公式サイトより

Guild guitars

こちらはGUILDのWesterly Collection D-240Eというドレッドノートタイプのギターです。

GUILDのWesterly Collectionというシリーズはエントリーモデルに当たるのですが使用している素材がよく、仕上げもよく弾きやすいです。

このシリーズにはドレッドノートの他にもコンサートタイプやオーケストラタイプのものがあり、好みに合わせて選ぶことができます。
ピックアップが搭載されているためエレアコになるのですがコストパフォーマンスが良いのでおすすめしたいシリーズです。

おすすめのアコースティックギター② YAMAHA FS3

メーカー公式サイトより

ヤマハ | FG / FS Red Label - アコースティックギター - 概要
ヤマハギターの原点となるFG「赤ラベル」の設計思想を踏襲しながら、時代を超越したモダンなデザインと現代の音楽シーンに合ったサウンドを融合させた新シリーズ「FG/FS Red Label」アコースティックの生音、ラインアウトの出音、両面でアコースティックギター本来の自然な鳴りを、ありのままに表現します。

YAMAHAのFS3という型番のアコースティックギターです。

ヤマハのギターにはエントリーモデルからプロ仕様まで充実したラインナップがありますが、このギターはオーソドックスな仕様のアコースティックギターです。

オール単板で実売価格8〜9万円なのでコストパフォーマンスにも優れています。また、A.R.E. [Acoustic Resonance Enhancement]というヤマハが独自に研究・開発した木材改質技術により長年弾き込まれたような豊かな鳴りを実現できるそうです。

おすすめのアコースティックギター③ K.YAIRI YW-K7-OVA VS

メーカー公式サイトより

K Series LO-K7-OVA VS|製品紹介|Yairi Guitar ヤイリギター

岐阜県可児市にあるメーカー、K.YAIRI製のエントリーモデルのアコースティックギターです。

新開発のエアリーブレイシング機構を採用し、歯切れの良いクリアでダイナミックなサウンドを実現。スプルース単板トップにオバンコール合板のバック&サイド、木肌感を損なわないナチュラルな仕上げのオープン・ポア・フィニッシュを採用しているとあります。

K.YAIRIのギターは人気が高く多くのミュージシャンに愛用されています。
このギターはエントリークラスながら鳴りもよく、良い造りの弾きやすいギターです。実売価格8万〜9万円です。

最後に、ギターの素材について

楽器店に行くと色々なギターが売っていますが、最近はマーティンやテイラーなどの有名ブランドからアコースティックのミニギターが割と安く売られているのが目に付きます。

ミニギターはサイズが小ぶりで一見かわいいし、有名ブランドが出しているのでつい欲しくなってしまうのですが初めての一本にするには不向きです。

ミニギターは普通のサイズのギターに比べると鳴りもこじんまりとした鳴り方だし、ミニギターで練習しても正しい奏法が身につかないからです。

ギターの素材はほとんどが木でできていますが、安いギターになると合板を使われるものがあります。
ギター他バイオリンなどの木でできた楽器は経年によって鳴りが良くなるという特徴があるのですが合板を使ったギターにはそのような変化があまり見られません。

店員さんに聞けばわかるので楽器を選ぶ際には必ず使用している材質の確認をしましょう。

いい楽器が見つかるといいですね。
ではまた。

ギター
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました