ニルヴァーナのカートコバーン(Kurt Cobain)が使用していたギターと、アンプやエフェクターなど機材を紹介

ギター
この記事は約7分で読めます。

ニルヴァーナはアメリカ、ワシントン州シアトルのグランジ/オルタナティブ・ロックバンド。
1989年にアルバム『ブリーチ』でデビュー、1991年に発表した2ndアルバム「ネヴァーマインド」はアメリカ音楽に衝撃を与え、「グランジ」が新たなアメリカ音楽界のトレンドになりました。

1994年にメンバーのカート・コバーンが自殺したことによりニルヴァーナは解散しましたが、その人気は現在も衰えることなくファンを増やし続けています。

ニルヴァーナの魅力のひとつに、カート・コバーン(ボーカル&ギター)の強いカリスマ性が挙げられます。独特のハスキーな歌声や、ギターのテクニック、作詞作曲のセンス、ビジュアルなど、とても強い魅力を持つミュージシャンです。

今回の記事では、そんなカート・コバーン(Kurt Cobain)が使用していたギターと、アンプやエフェクターなどの使用機材を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

有名ギタリストの楽器、機材の紹介はこちらの記事も参考にしてください。

カート・コバーンの使用ギターの紹介

カート・コバーンはフェンダーのエレキギターを好んで使っていましたが、一番良く知られているのがフェンダー・ジャガーです。


カートコバーンが使用していた1965年製のフェンダージャガーは、フロントピックアップをディマジオ製PAF、リアピックアップをSuper Distortionに変更しています。
また、ピックアップセレクターはトグルスイッチに変更して黒いビニールテープでリアに固定、ブリッジはSCHALLER製チューン-O-マチック、コントロールを金属製ノブにするなど、オリジナルの仕様から大きく改造されています。


フェンダーからは現在、カートの使っていた仕様で作られたカート・コバーンシグネイチャーモデルのジャガーが発売されています。


また、ジャガーと並んで良く彼が良く使っていたのがフェンダーのムスタングです。

フェンダーのムスタングはショートスケールのため軽く、歌いながら弾くのにも最適です。
カートはフロントピックアップをセイモアダンカンのSH-4、リアをSHR-1に交換して使っていました。

1994年、アメリカMTVの制作によるテレビ番組「アンプラグド」出演時にカートが使用した1959年製マーティン(Martin)のD-18Eは、2020年のオークションで601万ドル(約6億4,200万円)で落札されたそうです。

このD-18Eは、ディアルモンドのピックアップを2機マウントしたラダー・ブレース仕様で、1959年頃に1年間だけ生産されなかったレア・ギターです。カート本人のものはバルトリーニのピックアップに交換して使っていたそうで、オリジナルとはかなりかけ離れたサウンドでした。
右利き用のモデルだったのでピックガードやコントロールが逆になっています。

また、カートコバーンの愛機としては、Nevermindのレコーディングと、ツアーで使用された1953年製のマーチンD-18が有名です。

カート・コバーンの使用ギターアンプの紹介

カートが使っていたギターアンプで有名なのはMesa/Boogie Studio 22 というプリアンプと、Crest 4801というパワーアンプを併用したものです。
キャビネットは初期はPeaveyの4×12や、マーシャルの4×12を使っていました。
他にはフェンダーのツインリバーブや、フェンダーのベースマンなどを使っていたようです。

Mesa/BoogieのStudioシリーズは現在廃番となっていますが、カート・コバーンのサウンドはキャラクターの強いエフェクターによるところが大きいので、ギターアンプにはそれほどこだわる必要はないかもしれません。

v



カート・コバーンの使用エフェクターの紹介

カート・コバーンは最低限のエフェクターを用い、曲ごとにセッティングを変えて使っていたようです。どのエフェクターも現在も入手することができます。
こちらの直筆のメモに、細かいセッティングを見ることができます。

カートの直筆メモです。

接続順は
ギター→DS-2→TECH21→Poly Chorus→Small Clone→アンプ。

これに加えてフランジャーやフェイザーを曲に合わせて使います。
カートは曲の中でペダルをオンオフすることでサウンドを切り替える手法を多用していたので、パッチで音色を切り替えるマルチエフェクターを使った場合は再現するのに手間がかかるかもしれません。

electro harmonix / Big Muff Pi Original

定番のファズで、エレクトロハーモニクス社の代表的な機種です。

electro harmonix / SMALL CLONE

アナログ・コーラスの名機です。
カート・コバーンが愛用したことで有名になりました。

electro harmonix / POLY CHORUS

モジュレーション系ペダルで、コーラスやフランジャーなど4つのサウンドを選択することができます。

BOSS / DS-2 TURBO Distortion

ディストーション・ペダルです。
2種類のターボ・モードがあり、強力な歪みを得ることができます。

SansAmp / Classic 20

宅録などで定番のアンプシミュレーターです。
ゲインを上げた状態でオーバードライブ系の歪みペダルとして使う人も多いです。

MXR / M-107 PHASE 100

定番のフェイザーペダル、PHASE 90のサウンドバリエーションを広げたアップグレードモデルです。

まとめ

以上、カート・コバーンの楽器や機材について紹介しました。
サウンドメイクの参考にしてもらえたら嬉しいです。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました