クラシックギターの弦、良い弦の選び方と、おすすめの弦メーカーの紹介

こんにちは、アルコです。

クラシックギターの鳴りがおかしかったり、ちょっと弾きにくく感じたりした時は、まず弦の劣化を疑いましょう。
古くなった弦はサスティーンがなくなり、音色のツヤもなくなってしまいます。
あまり古くなると音程もずれるので、古くなった弦は早めに交換しましょう。

弦を交換する時期の目安は1ヶ月くらいでいいと思います。
普段ギターをあまり弾かない人でも2ヶ月くらいたったら交換すると良いと思います。
見た目があんまり変わってなくても替えてみると音が全然違うのでびっくりしますよ。

クラシックギターの弦も、いろいろと種類があります。
メーカーや弦のテンション、素材の違いによって音色や音量が変わってきます。

今日はクラシックギターの弦の違いや、選び方、おすすめのメーカーについて書こうと思います。
新しい弦を選ぶときの参考にしてもらえればと思います。

クラシックギターの弦の選び方

クラシックギターの弦の選び方には以下の3つの要素があります。

・弦のテンションの違い
・素材の違い
・メーカーの違い

ここからひとつづつ説明していきます。

弦のテンションの違い

クラシックギターの弦は、同じメーカーでも以下のような3段階くらいのテンションの違う弦を作っています。

ロー・テンション
ミディアム・テンション
ハイ・テンション

上から順に弦の張りが強くなり、それに従って音色や弾き心地も変わります。
ローテンションほど音は柔らかく、ハイテンションになれば張りの強い、エッジの効いた音になります。
弾き心地もローテンションのほうが左手も押さえやすくなります。

ちなみに、テンションの強い弦は古い楽器で強度が弱っているものには使えないことがあるので注意が必要です。

同じ弦でも、楽器によって鳴りが変わるので、実際にいろいろと試して自分の好みを見つけましょう。

素材の違い

クラシックギターの弦はそのほとんどがナイロン弦ですが、ナイロンの他にもいくつか種類があり、おおまかには以下の3つに分けられます。

ナイロン弦

種類も多く、一番よく使われている素材です。
元々使われていたガット(羊の腸)の代用品として使われ始めました。
ガット弦より耐久性が強くて切れにくく、音程も安定するため、今では多くのメーカーで使われています。
弾きやすく、透明感がある柔らかい音色が特徴です。
よほどこだわりがない限りは、ナイロン弦を選べば問題ないです。

フロロカーボン弦

フロロカーボン弦とは、ナイロンよりも強度が強い素材のためテンションが強くて細い弦になります。サスティーンが長く、クリアできらびやかな音色が特徴です。
素材としては新しく、幾つかのメーカーで使われています。
値段がナイロンよりも高めですが、寿命はナイロンよりも長く持ちます。

ガット弦

羊の腸を撚り合せた弦です。
ナイロン弦より深みがあり、柔らかい音色になります。
音色は良いですが、湿度や気温の変化にも弱く、チューニングも不安定です。

ほかの素材と比べると値段も高価なので、よく考えて選ぶ必要があります。

メーカーの違い

クラシックギターの弦を作っているメーカーは幾つかあり、メーカーにより弦の性格にも違いが見られます。

次の項目では、おすすめのメーカーと、各メーカーの特徴を紹介したいと思います。
他にもクラシックギターの弦を作っているメーカーはヤマハ、ダダリオ他多数あるのですが、以下に紹介するメーカーから選ぶのが良いです。

エレキギターの弦を作っているメーカーはクラシックギターの弦も作っているところが多いのですが、そういうメーカーの弦はあまり音に特徴がないものが多いです。

以下に紹介する3つのメーカーはクラシックギターのナイロン弦に注力しているメーカーで、品質も高く、音色も素晴らしいです。

クラシックギターの弦のおすすめのメーカー

おすすめの弦メーカー①AUGUSTIN

ナイロン弦の老舗メーカーとして有名で、種類も多く、使っている人も多いです。

個体差があるという噂なのですが、今まで使っていて特に個体差を感じたことはありません。
寿命も普通に1月くらいは使えると思います。

どのテンションの弦も弾き心地は良く、張りが強すぎたり弱すぎたりしません。
全体的にツヤがあり、上品な張りのある音色です。

値段も手頃でどこでも売っているので、まだ使ったことのない人にはおすすめです。

おすすめの弦メーカー②HANNABACH

ドイツの老舗のギター弦メーカーです。
テンションのバリエーションが多く、好みや用途に合わせて選ぶことができます。
全体的に音色は柔らかく、上品に落ち着いています。
音色が落ち着いているので、新しい楽器などに合わせるとバランスが良くなるようです。

他のメーカーより値段は多少高めですが、品質が良く音も良いため、おすすめです。

おすすめの弦メーカー③SAVAREZ

サバレスはフランスのメーカーで、ギターの弦以外にもバイオリン系の楽器の弦も製造しているメーカーです。
このメーカーでは、先ほど素材の項目で挙げたフロロカーボンを使用した「アリアンス」という弦も生産しており、評判も良いです。
他にも弦のバリエーションが多く、組み合わせも豊富にあります。
このメーカーの弦は全体的に明るくクリアで、多少硬めの音色という印象です。
弾きごごちは良いと思います。

値段も手頃なのでまだ使ってない人は一度試してみてください。

まとめ クラシックギターの弦の選び方について

いかがでしたでしょうか。

弦もいろいろありますが、楽器もいろいろあり、また弾く人の好みもいろいろです。
これらすべての組み合わせでベストな弦が決まると思いますので、いろいろ試して自分に一番あった弦を探してください。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました