ギタリストにおすすめのアプリの紹介(コード表/チューナー/メトロノームなど)

スポンサーリンク
ギター
スポンサーリンク

ギターを練習するときには、楽器以外にもチューナーやメトロノーム、録音機器など様々な機材が必要になりますが、最近はそれらの機材を、いちいち買い揃えなくてもスマホのアプリで代用することができます。

特に初心者の場合、コードの押さえ方を確認できるアプリなどもあるため、ぜひ活用することをおすすめします。

今回の記事ではギターの練習に役立つアプリをいくつか紹介していきます。

ギターのコードを調べるアプリ ①G-Chord Pro

G-Chord Pro

G-Chord Proはコードを覚えたい人に便利なアプリです。

ギターのコードって、全部覚えているようでも忘れているものや、初めて見るものがあったりしますね。弾いたことがないコードはとっさに押さえることができないことも。

まして初心者でコードを覚えていない人は一曲通すのも大変です。

そんなときに便利なのがスマホ用のギターのコードを調べるアプリです。
わからないコードがあれば、スマホですぐに調べられます。

G-Chord Proは、ギターのコードの押さえ方を調べることができ、画面をタップするとそのコードの音を聞くこともできるので、目と耳の両方でコードを確認することができます。
チューナー機能もあるのでチューニングもできます。

このアプリがあれば、楽器やコードブックがなくてもコードの確認ができます。メモ機能もあり、苦手なコードや覚えたいコードを登録しておくこともできます。
初心者の人には特に、ギターのコードを覚えるまでの間インストールしておくのがおすすめのアプリです。

ギターのコードを調べるアプリ ②Basichords

Basichords

こちらのアプリもギターコードの確認用アプリです。
“Basichords”は、初心者にも分かりやすくギターのコードと押さえ方を教えてくれるアプリです。
ギターの他にもウクレレやマンドリンなど5種類のコードを収録し、楽器ごとにチューニング設定の一覧まで確認できます。

コードの押さえ方を図解で分かりやすく表示しており、指番号をタップするだけでコードの音が再生されるので正しい音を確認することもできます。
また、右利き左利きに対応した仕様になっており、利き手を選ばずに利用できるのも嬉しい機能です。便利な機能が満載で、基本的なギターコードをしっかりカバーしたおすすめアプリです。

メトロノームアプリ Smart Metronome

Smart Metronome

Smart Metronomeはシンプルな見た目ですが、多彩な機能のメトロノームアプリです。
アプリならではのリピートモード、プログラムモード、タイマーの3つの練習サポート機能を搭載しています。

その他以下のような機能があります。

・ 独自のメトロノームエンジン搭載により正確です
・ その日の気分に合わせてお好きなカラーにセット
・ 一定区間を繰り返しながら段々早くできます
・ 拍子、テンポの変化を自在にプログラムできます
・ テンポ、拍子をプリセットして登録できます
・ 曲ごとに練習時間を記録します
・ タイマーを装備、練習時間管理に
・ A=440〜444のトーンジェネレータ

スマホのアプリですが、メトロノームとしての機能を十分に備えたおすすめのアプリです。

チューナ & メトロノーム 多機能練習用アプリ Practice+ Tuner & Metronome

Practice

Practice+ Tuner & Metronome はチューナー、メトロノーム、レコーダー、セットリスト、ループモードの5 つの独立モードを搭載した練習用ツールアプリです。

メトロノームはすべてのモードで同時利用できます。常時画面上に表示されるコンパクトなメトロノームバーから、簡単にメトロノームをコントロール可能です。
ひとつのアプリでいろいろな機能が使いたい人向けのアプリです。

チューナアプリ Lite by Piascore

Piascore

Lite by PiascoreはPhone や iPad の内蔵マイクを使って、楽器の調律を行うためのギター、ウクレレ、ベース、ヴァイオリン用のクロマチックチューナーです。操作もわかりやすい、シンプルなチューナーアプリです。
反応がよく、ビジュアルがわかりやすいので使いやすいです。
また、音を出すこともできるので耳で確認することもできます。
シンプルながら使いやすいおすすめのチューナーアプリです。

ギターアンプシミュレートアプリ AmpliTube CS

AmpliTube

iPhoneがギターアンプになるアプリの「AmpliTube」を紹介します。
練習用のヘッドフォンアンプといえばVoxのamPlugが有名ですが、こちらも、iRig というギターとiphoneを接続するツールを使うことで、iphoneをギターアンプとして使用することができるアプリです。

アプリは数種類のアンプとエフェクターのシミュレート機能があり、また課金することで種類を増やすことができます。また、アンプ以外にもチューナー、メトロノーム、オーディオデモの機能を利用できます。

このアプリとヘッドフォンがあれば、自宅はもちろん、どんな場所でも練習が可能になります。ちょっとした時間やリハーサルにも使用できる、おすすめのアプリです。

まとめ

今回はギターの練習の際に便利なアプリを紹介しました。

ここで紹介した以外にも同じ機能を備えたアプリがたくさんありますので調べて好みのアプリを探すのも良いと思います。

これは補足ですが、自宅などで練習する際はチューナーはアプリでも十分ですが、ライブやスタジオでは音が拾いにくいため、クリップタイプのチューナーを一つ持っておくと便利です。

使えるアプリはどんどん活用して、練習に役立てていきましょう。

それではまた。

ギター
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました