大人になってから始める、趣味の楽器のおすすめ11選の紹介

音楽
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク
白ペンギン
白ペンギン

趣味で何か楽器をやってみたいんだけど何がいいのかな?
始めるのが遅いとうまくなれないのかな?

くろ
くろ

楽器はやりたいと思った時に始めれば良いと思います。
この記事ではおすすめの楽器を紹介していきますよ。

新しい趣味として楽器を弾いてみたいと思っている人は多いと思います。
大人になってからでは遅いと思うかもしれませんが、やりたいと思う気持ちがあれば何歳から始めても全然大丈夫です。

やる気と楽器さえあればいくつからでも、どこでも楽器は始めることができます。
この記事では大人になってから始めるのにおすすめな楽器を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

楽器を買うときに注意すること

どんな楽器をはじめるにしても、自分の楽器が必要になります。

楽器を選ぶときは、Youtubeなどの動画サイトで欲しい楽器の型番で検索すると、レビュー動画などを見ることができます。
いろいろな人が動画をあげているので、参考にしてください。

また、リアルな楽器店に行くときですが、もし楽器を弾ける友達がいれば、一緒に行ってアドバイスしてもらうことをおすすめします。

楽器を選ぶ目みたいなものはどんな楽器でも一緒なので、自分がやりたい楽器と違う楽器を演奏する人でも、いいアドバイスをしてもらえると思います。

そういう友達がいない人でも、だれか友達や家族と一緒に行くと客観的に意見してくれたり、緊張しないですむと思います。

東京の御茶ノ水にある楽器店街では、よくお母さんと一緒に中学生や、高校生の子が楽器を選んでいますが、なかなか微笑ましい光景です。

1人で買いに行くときは、店員さんに相談し、納得いくまで説明してもらってから決めましょう。
一回で決めなくてもいいです。
楽器は選ぶ時間も楽しいので、よく吟味して良い楽器を選びましょう。

楽器ごとに定番ブランドがあるので、事前に調べておくと、ある程度選択肢を絞ることができます。

また、音楽教室などに通うことを考えている人は、習う先生におすすめのおすすめの楽器を選んでもらうことをおすすめします。
可能なら一緒に楽器店に行って選んでもらうのがベストです。

練習場所について

楽器は練習するときに音が出るので、練習場所を確保しておく必要があります。
一戸建ての自宅や、ピアノ可のマンションの場合は、ある程度の音量を出しても大丈夫です。

賃貸の物件の場合、経済的に余裕があれば防音室を買うのも手ですが、結構な金額なので慎重に決めてください。

管楽器や弦楽器では防音する方法がいろいろあったり、練習用の音があまり出ない楽器があります。バイオリン系の弦楽器はヤマハのサイレントシリーズが本物に近い感覚で練習できます。
ギターの場合はいろいろな消音方法や、サイレントギターがあります。

河原や公園で練習するのも良いのですが、長時間やると楽器を傷める可能性があります。
野外での演奏は気晴らし程度にやりましょう。

自宅以外はスタジオやカラオケボックスなどを使っても良いですが、費用がかかるのでなるべく自宅で練習する方法を考えることをおすすめします。

大人になってから始めるおすすめの楽器10選の紹介

それではここからおすすめの楽器を紹介していきます。

ギター

ギターは人気が高い楽器の一つです。
楽器の中ではコンパクトで、場所もとらないし、入手しやすいのでおすすめです。

エレキギターやアコースティックギターなど、選択肢が多いですが、自分の好きなジャンルで使われているギターをよく調べて選んでください。

エレキギターをやりたい場合は楽器以外にもアンプやシールド、ピックなどの機材を揃える必要があるので、楽器店で必要なものを確認しましょう。

下の記事では大人になってから趣味として始めるギターについてもっと詳しく書いています。
ギターをやってみたい方は、ぜひ参考にしてください。


ベース

ベースも楽器の中では始めやすく、弾けるようになるのも早い楽器です。
エレキベースの場合はアンプとシールドなどの機材も必要となります。

ベース単体で弾くと地味に聞こえるかもしれませんが、意外と演奏のバリエーションは広く、奥が深くて飽きない楽器です。
他の楽器には出すことができない低い音を出すことができ、アンサンブルを支える重要な楽器です。

いろいろ弾けるようになったらバンドを組んだり、活動の範囲も広げていくこともできます。
ひとりで弾いていても楽しいし、バンドで弾いても楽しい、趣味として弾くのにおすすめの楽器です。

下記の記事では、大人になってから始める趣味のベースについて、詳しく書いています。
ベースをやってみたいという人は、ぜひ参考にしてください。

Fender USA American Professional Jazz Bass
Fender(フェンダー)
ピックアップデザイナーの名匠Michael Bumpによって設計されたV-Modピックアップを2基搭載


ウクレレ

楽器がコンパクトで、独特なサウンドの弦楽器です。

ギターよりも押さえやすくて、弦楽器の中では比較的簡単な楽器です。
ギターなど弦楽器を弾いたことがある人は、簡単なコードはすぐに弾けるようになります。

どんな曲もウクレレで弾くとのんびりしたハワイアン調になってしまいます。
弾き語りもできるし、楽器だけのソロも演奏できる楽しい楽器です。

ウクレレには、ソプラノ、テナー、コンサート、バリトンの4種類の形がありますが、まずはソプラノかコンサートを選べば良いと思います。

楽器がコンパクトなので場所もとらないし、気軽に弾ける良い楽器だと思います。

下の記事では趣味のウクレレについてより詳しく書いています。
ウクレレに興味のある人はこの記事も参考にしてください。




ピアノ

ピアノは難しそうなイメージの楽器ですが、曲によってはあまり難しくないものもあるし、電子ピアノなどを使えば音量を調整できるので、趣味で演奏するのに向いています。
ピアノは音がすべて目に見えて並んでいるので、実はとてもわかりやすい楽器です。
音がきれいなので、何気なく弾いているだけでも楽しむことができます。

ピアノはクラシック以外にもジャズやブルース、ポップスなどオールジャンルの演奏が演奏でき、ソロでもアンサンブルでも楽しめる楽器です。

ピアノをやってみたい人は、この記事も参考にしてください。

Nord(ノード) Nord Piano 4:Rock oN Line
Nord(CLAVIA)
バーチャル・ハンマー・アクション・テクノロジーを搭載し、この上ないピアノ演奏を実現します。


チェロ

チェロは演奏のフォームを身につけないときちんとした演奏はできないので、プロについて基本を習った方があとあと良いと思います。

クラシックではバッハの無伴奏チェロ組曲など独奏曲も多く、1人で演奏しても楽しい楽器です。

上達すれば、オーケストラに参加したり、少人数のアンサンブルをやるなど活動の幅も広げることができます。友達や家族にピアノやギターを弾ける人がいれば、伴奏してもらうととても楽しいですよ。

楽器を選ぶときはネットなどの情報は参考程度に見て、楽器店で実物に触れて選びましょう。
弦楽器はメーカ品でも個体差があって、弾いてみないと実際の音がわからないです。

初心者の方で試奏ができないときは店員さんに頼むと弾いてくれます。
楽器店にいけば店のおすすめの楽器も見せてくれるので、店員さんに相談してみましょう。

下に紹介している楽器はヤマハのサイレントチェロという楽器で、生音が小さいので夜練習するのにおすすめの楽器です。
本物のチェロの他に、自宅練習用にサイレントチェロを持っていると、いつでも練習することができて上達も早いと思います。

ヴァイオリン

ヴァイオリンも演奏のフォームを身につけるため、始めはプロについて基本を習うことをおすすめします。

コンパクトな楽器で、独奏でも合奏でも楽しめる楽器です。
ヴァイオリンが好きな人や、一度弾いてみたいと思っている人はぜひ始めてみましょう。
ヴァイオリンは楽器の中では技術の習得は難しい楽器ですが、好きだと思う気持ちがあればきっと上達できると思います。

ヴァイオリンというと値段の高い楽器というイメージがありますが、数万円程度のものからあるので、気軽に始めれば良いと思います。
楽器を選ぶときは、楽器店で実物に触って選びましょう。

クラシックのイメージが強い楽器ですが、フィドルと呼ばれる民族系の音楽や、カントリーやジャズでも使われる、広いジャンルに使われる楽器です。

ヴァイオリンはサイズが小さく、どこでも弾くことができます。
弾けるようになると楽しい、とてもやりがいのある楽器ですよ。

YAMAHA ヴァイオリン
ヤマハ(YAMAHA)
最新テクノロジーでバイオリン製作の名工、ガルネリ・デル・ジェスのバイオリンを解析

ドラム

ドラムは音量が大きいので趣味としては敬遠されがちですが、最近はサイレントのドラムセットが売られているので趣味としてもやりやすい楽器です。

基本的な練習は雑誌や練習パッドを叩くだけでもできます。
打楽器は叩いているだけで没頭できるし、ストレス解消にもおすすめです。

独学でもある程度身につけることができるので、ドラムをやりたいと思っている人はまずはスティックを1組買ってみてはいかがでしょうか。


サックス

管楽器の中で比較的音を出しやすいのがサックスです。
ソプラノ、アルト、テナー、バリトンと種類があるので好きなものを選びましょう。

吹奏楽、ポップス、ジャズなど、様々なジャンルで使われる楽器です。
独学でもある程度吹ける楽器ですが、基本的なフォームを身につけるためにプロに習うと上達が早いと思います。

クラシックとジャズだと音の出し方が違うので、習うときは自分がやりたいジャンルのプロに習うことをおすすめします。




ヴィオラダガンバ

あまり馴染みのない楽器ですが、ガンバ属という種類に属し、コントラバスの元となった楽器で、バロック時代の古楽器になります。

音域に合わせて幾つか種類がありますが、ここではチェロと同じ音域のバスガンバをおすすめします。
サイズはチェロを少し大きくしたくらいで、コントラバスほど場所を取らないし、演奏も楽です。

ガット弦と呼ばれる弦を貼って演奏するのですが、ガット弦の音色がとても良い楽器で、1人で弾いても楽しい楽器です。

チェロのように座って弾くので年をとってからも長く続けられる楽器です。

生産しているメーカーが少ないですがいくつか取り扱っている楽器店もあるので、興味のある人は調べてみてください。




コントラバス

コントラバスは楽器が大きく、持ち運びに不便で、弦が太いので演奏するのも大変な楽器です。
ギターやチェロなど、弾きやすくて手頃な楽器もあるのですが、ぼくはかれこれ30年くらいコントラバスを弾いています。

始めたときは自分でもこんなに長くコントラバスを弾くとは思っていませんでしたが、相性が良かったのか一度もやめようと思ったことはありません。
趣味としてやるにはデメリットも多いコントラバスですが、やりたいと思う人にはおすすめします。
どんな楽器でも利便性やコストで考えるのではなく、好きな楽器をやるのが一番良いと思います。

YAMAHA SLB100 サイレントベース
ヤマハ(YAMAHA)
コントラバスの演奏感をそのままに静粛性を実現しました。




マンドリン

マンドリンはコンパクトで、ヴァイオリンと同じ音域の楽器です。
マンドリンと同じ楽器の属で、ヴィオラと同じ音域のマンドラ、チェロと同じ音域のマンドセロという楽器もあります。

気軽にヴァイオリンほど演奏技術を必要としないので、初心者でも気軽に始めることができます。
1人で演奏しても楽しく、ギターやピアノの伴奏に合わせて弾いても楽しいです。
また、マンドリンはカントリーなどの演奏にも使われます。

マンドリン、マンドラ、マンドチェロ、ギター、コントラバスで集まってオーケストラを組むこともできます。
マンドリンの市民オーケストラも各地にあるので、弾けるようになったら参加しても楽しいと思います。


まとめ

どんな楽器でも、やりたいという気持ちがあれば続けていけるし、続ければ必ずうまくなれます。

始めてしまえばあとは弾くだけです。

どんどん練習して楽しみましょう。

以上、参考にしてもらえれば嬉しいです。
それでは、また。

音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました