大人になってから始める、趣味の楽器のおすすめ11選の紹介

音楽
この記事は約13分で読めます。
スポンサーリンク
白ペンギン
白ペンギン

趣味でなにか楽器をやってみたいんですが、大人になってから始めたら遅いですか?

くろ
くろ

全然遅くないですよ。
やりたいと思った時が始める時です。

白ペンギン
白ペンギン

今から始めても上手くなれますか?

くろ
くろ

もちろん、練習すればぜったい上手くなれますよ。

白ペンギン
白ペンギン

おすすめの楽器はありますか?

くろ
くろ

やりたい楽器があれば、それが一番良いです。

白ペンギン
白ペンギン

なるほど。
なにか楽器をやってみたいけど、どんな楽器がいいのかいまいちわからないんですよ。

くろ
くろ

それなら、この記事でおすすめの楽器をいくつか紹介します。
やってみたい楽器があったらぜひやってみてください。

白ペンギン
白ペンギン

わかりました。
よろしくお願いします。

楽器を選ぶ時のポイント

白ペンギン
白ペンギン

楽器を演奏する人って、最初はどうやって楽器を選んだんですか?

くろ
くろ

ぼくはテレビでギターを見てかっこいいと思ったのがきっかけでした。

白ペンギン
白ペンギン

なるほど。

くろ
くろ

足りないパートの楽器をやらされたのがきっかけっていう人も結構いますよ。

白ペンギン
白ペンギン

そうですか。
状況に流された感じですね。

くろ
くろ

白さんはなにかやってみたい楽器はありますか?

白ペンギン
白ペンギン

ぼくはピアノを弾いてみたいです。

くろ
くろ

いいですね!

白ペンギン
白ペンギン

でも今からやって上手くなれるか心配です。

くろ
くろ

練習次第だと思いますよ。
ちゃんと練習すればどんな楽器でも上手くなれますよ。

白ペンギン
白ペンギン

そっか。始めてみようかな。

くろ
くろ

やりたい楽器をやるのが一番いいですよ。

白ペンギン
白ペンギン

そうですね。

くろ
くろ

ひとつ楽器ができるようになると、違う楽器を始めても上達が早いですよ。

白ペンギン
白ペンギン

えっ、そうなんですか?

くろ
くろ

はい。ぼくはギターの他にもウクレレやベースを弾いています。
楽器の演奏には共通することが多いので、いろいろな楽器をやっている人も多いですよ。

白ペンギン
白ペンギン

なるほど、一つの楽器にこだわる必要もないということですね。

くろ
くろ

そうです。いろいろな楽器を演奏できると楽しいですよ。

白ペンギン
白ペンギン

ほかに楽器を選ぶポイントはありますか?

くろ
くろ

好きな音楽ジャンルで使われている楽器がおすすめです。
ロックならエレキギターやベース、クラシックならバイオリンなど。

白ペンギン
白ペンギン

なるほど、クラシック好きなのにエレキギターじゃ合わないですよね。

くろ
くろ

そうなんです。
好きなジャンルにマッチした楽器を選ぶと良いですよ。

白ペンギン
白ペンギン

わかりました。

おすすめの楽器の紹介

それでは、ここから大人になってから趣味で始めるのにおすすめの楽器を紹介していきます。


ギター

ギターは人気の高い楽器の一つです。
コンパクトで、場所も取らず、入手しやすいのでおすすめです。

ギターにはエレキギターやアコースティックギターなど、いろいろな種類のギターがあるので、やりたいジャンルや好きな音楽に合わせて選びましょう。
自分が好きなミュージシャンが使っているものと同じギターを選ぶのもおすすめです。

下の記事では大人になってから趣味として始めるギターについて、さらに詳しく説明しています。
ギターをやってみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

こちらはフェンダーの「テレキャスター」というモデルのエレキギターです。
こちらはリーズナブルな価格ながら、本格的なサウンドと弾きやすさを実現していて初心者の方にもおすすめです。同シリーズでストラトキャスタータイプもあります。

ベース

ベースもギターと並んで人気のある楽器です。
バンドの中ではハーモニーとリズムを支える重要な役割があります。
ベースの演奏のバリエーションは広く、奥が深くて飽きのこない楽器です。
他の楽器には出すことができない低音を出せるし、スラップや指引きなど様々な演奏方法ができます。
いろいろ弾けるようになったらバンドを組んだり、活動の範囲も広げていくこともできます。ひとりで弾いていても楽しいし、バンドで弾いても楽しい、趣味で演奏するのにおすすめの楽器です。

下記の記事では、大人になってから始める趣味のベースについて、詳しく書いています。ベースをやってみたい方は、ぜひ参考にしてください。



こちらはおすすめのフェンダー製のジャズベースです。
値段は手頃ですが、サウンドは上位機種と比べても遜色なく、弾き心地も良い楽器です。
ベースにはいくつか種類がありますが、この楽器のようなジャズベースタイプはどんなジャンルでも使えるので特におすすめです。

ウクレレ

ウクレレはコンパクトで、独特なサウンドの弦楽器です。

楽器が小さい上に弦も柔らかく、弦楽器の中でも弾きやすい楽器です。
ギターなどの弦楽器を弾いたことがある人は、簡単なコードならすぐに弾けるようになります。

どんな曲もウクレレで弾くとのんびりしたハワイアン調になってしまうのがおもしろいです。
弾き語りもできるし、楽器だけのソロ演奏も楽しめます。

下の記事では趣味のウクレレについて詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

こちらはハワイのブランド”KELII”の楽器です。
リーズナブルなモデルですが、ウクレレらしいカラッとしたサウンドの楽器です。

ピアノ

ピアノは難しそうなイメージがありますが、音がすべて目に見えて並んでいて鍵盤を押すだけで音が出るので、実はわかりやすく弾きやすい楽器です。
クラシックからジャズ、ポップスなど使われるジャンルも広く、やりがいのある楽器です。
電子ピアノやキーボードは音量が調整できるし、ヘッドホンで聞くことができるのでいつでも練習することができます。

ピアノをやってみたい人は、こちらの記事も参考にしてください。

こちらはNordというメーカーのピアノ型キーボードです。音色やタッチが最高で、多くのミュージシャンが使用しています。弾いた時の反応が良くとても弾きやすい楽器です。

Nord(ノード) Nord Piano 4:Rock oN Line
Nord
¥378,889(2020/09/13 11:08時点)
ピアノ・セクション・メモリー容量:1GB(NordPianoLibrary用)

チェロ

チェロはヴァイオリン属の低音系の弦楽器です。
弓を使って演奏するためちょっと難易度が上がりますが、やりがいのある良い楽器です。

チェロ用の曲は、バッハの無伴奏チェロ組曲のような独奏曲が多く、1人で演奏しても楽しめます。
また、ピアノなどにしてもらうのも楽しいです。
ある程度弾けるようになれば、オーケストラやアンサンブルに参加すれば、活動の幅も広げることができます。友達や家族にピアノやギターを弾ける人がいれば、伴奏してもらって弾くととても楽しいですよ。

インターネットでチェロを買う場合は、聞いたことのない中国のメーカーの楽器(アマゾンで良く売っている)は避け、ヤマハなど有名なメーカーのものを選ぶことをおすすめします。

こちらの楽器はヤマハの弦楽器ブランド「ピグマリウス」のチェロです。
販売店も楽器専門店のクロサワ楽器なので安心です。



ヴァイオリン

ヴァイオリンは弦楽器の中でも一番コンパクトな楽器で、独奏でも合奏でも楽しめる楽器です。
ヴァイオリンが好きな方、一度弾いてみたいと思っていた人はぜひ始めてみましょう。

クラシックのイメージが強い楽器ですが、フィドルと呼ばれる民族系の音楽や、カントリーやジャズなど広いジャンルで演奏されています。
クラシック以外の有名人だと葉加瀬太郎さんや、ジャズヴァイオリニストのステファングラッペリなどが有名です。

ヴァイオリンを始めたい方は、演奏のフォームや音程の取り方など、基本的な技術を一度プロについて習うことをおすすめします。
弦楽器の中でも比較的難しい楽器ですが、正しく練習すれば必ず上達します。

こちらはYAMAHA Bravioというシリーズのヴァイオリンです。
ヴァイオリンの中では比較的安価ですが、ヤマハ製なので質の良い楽器です。ケースや弓などが付属しているセットなので、届いた時からすぐに弾き始めることができます。

ヤマハ YAMAHA Braviol ブラビオール バイオリンセット V10SG
ヤマハ(YAMAHA)
¥131,000(2020/09/13 11:10時点)
入念な手作業による手工製品




ドラムス

ドラムは音量が大きいので趣味としては敬遠されがちですが、最近ではサイレント(電子)のドラムセットが普及しているので、自宅でも練習しやすい楽器になりました。

ドラムの練習はいつもドラムセットを叩く必要もなく、基本的な練習は雑誌や練習用パットなどを叩くだけでもできるので、実はリーズナブルに練習ができる楽器です。

ドラムのような打楽器は叩いているだけで没頭できて、ストレスの解消にもなります。さらに結構な運動量なので、運動不足の解消にもなります。

スティック2本あれば練習ができるので、どんな場所でも練習ができるので、出張先などでも練習することができますよ。

こちらはグレッチのドラムセットです。
マホガニーの胴による柔らかくあたたかい響きが特徴で、小口径のセットですが鳴りがよく持ち運びにも便利です。落ち着いた色づかいで、見た目もかっこいいです。こちらのセットはサウンドハウスで買うと一番安いです。

GRETSCH グレッチ ドラムセット CT1-J484-SWG
AIUEO
¥133,565(2020/09/13 11:08時点)
※画像のシンバルスタンド、スネアスタンド、シンバル、キックペダルは別売となります。※フィニッシュの色味やパーツ類のデザインについては、仕様変更のため画像とは異なる場合がございます。予めご了承ください。■ドラムセット■シリーズ:カタリナクラブジャズ



練習用の電子ドラムはこちらがお勧めです。
ヤマハのエントリーモデルですが評判が良く、コストパフォーマンスに優れています。


ヤマハ YAMAHA 電子ドラムセット ドラム椅子付属 DTX432KS
ヤマハ(YAMAHA)
¥64,243(2020/09/13 11:08時点)
本物のヤマハドラムをサンプリングした、リアルで上質なドラムキットサウンドを10種類搭載

サックス

管楽器の中で比較的音を出しやすいのがサックスです。
ソプラノ、アルト、テナー、バリトンと種類があります。

サックスは吹奏楽、ポップス、ジャズなど、様々なジャンルで使われる楽器です。
独学でもある程度吹ける楽器ですが、基本的なフォームを身につけるためにはプロに習ったほうが上達が早いです。クラシックとジャズだと音の出し方が違うので、習うときは自分がやりたいジャンルのプロに習うことをおすすめします。

楽器を購入する際は、セルマーというメーカーがおすすめです。
他のメーカーの楽器を買ってもいずれセルマーが欲しくなると思うので、それなら最初からセルマーを購入することをおすすめします。
アメリカ製と、フランス製があって、フランスの方が少し安いです。
こちらはフランス製のセルマーです。フランス製の方が上品な音がします。アメリカ製は力強い音色です。



u

ヴィオラダガンバは、コントラバスの元になったバロック時代の古楽器です。
音域に合わせて幾つか種類がありますが、ここではチェロと同じ音域のバスガンバを紹介します。サイズはチェロを少し大きくしたくらいで、椅子に座って演奏します。
ガット弦と呼ばれる弦を貼りますが、その音色がとても気持ち良いです。

生産しているメーカーが少ないですが、国内にもいくつか取り扱っている楽器店や工房があります。
座って弾けるので、年をとってからでも始めやすく、また長く続けられる楽器です。





コントラバス

コントラバスは弦楽器の中で一番低い音が出る楽器です。
クラシックの演奏では、サウンドの土台を支える重要な楽器です。
また、ジャズのベースとしてバンドのリズムやハーモニーをにない、ソロも演奏します。
クラシックとジャズでは演奏方法に違いはありますが、どちらも同じコントラバスです。
普段音楽を聞くときにベースを聞くのが好きな方や、大きい楽器を弾いてみたいという方におすすめです。

こちらはルーマニアのReghin製、オール単板モデルのコントラバスです。
鳴りが力強く、フラットバックのため反応も早く、思い通りの表現がしやすいです。
単板にしては価格がかなり手頃なのも魅力です。



マンションなど集合住宅などで音が気になる方には、こちらのサイレントベースがお勧めです。
本物のコントラバスに近い弾き心地で、生音はほとんど出ないので、夜中でも音量を気にせず練習することができます。


マンドリン

マンドリンはヴァイオリンと音域が同じ弦楽器です。
同じ音の弦が2本づつ隣接して並んでいて、いっぺんに2本づつ弾きます。
伸ばす音はピックでトレモロで弾き、コロコロとしたサウンドが特徴です。

ヴァイオリンほど演奏技術を必要としないので、初心者でも気軽に始めることができます。
独奏から少人数のアンサンブル、大人数でのオーケストラなど、様々な演奏パターンがあります。
また、カントリーやポップス、ロックなどのジャンルでも使われます。

マンドリンには裏側が丸いラウンドマンドリンと、後ろ板が平らなフラットマンドリンがあります。
ラウンドマンドリンは主にクラシックに、フラットマンドリンはポピュラーやカントリーに使われます。


こちらは日本製のマンドリンです。
全ての工程が国内の工房で行われた上品な音色の楽器です。仕上げも良く、コストパフォーマンスに優れています。中級以上の方にもおすすめです。

Ena エナ マンドリン EM-70
ペディ(pedi)
¥94,000(2020/09/13 11:08時点)
表板:スプルース



楽器を購入する時のポイント

やりたい楽器が決まったら、次は自分の楽器が欲しくなりますよね。
楽器を購入する時のポイントは、

  1. 弾きやすさ
  2. 楽器の見た目
  3. 価格
  4. ブランド

などをチェックします。
楽器は長く使うものなので、あまり安いものではなく良いものを選ぶ様にしましょう。

楽器はネットショップで購入すると実店舗より安く買えることが多いです。
近くの楽器店にないモデルも買うことができるし、店舗で選ぶよりも多くの選択肢から選ぶことができます。

ネットで楽器を買うときは、アマゾンサウンドハウスがおすすめです。
どちらも楽器や消耗品など数多くのアイテムを取り扱っていて、商品を見ているだけでも楽しいです。
また、商品説明やレビューも多いので参考になります。
特にサウンドハウスは最安値で売っていることが多いので、欲しい商品がある時は必ずチェックしましょう。


まとめ

今回は趣味に最適な楽器をいろいろと紹介しました。
楽器の演奏は何歳で始めても楽しめる趣味です。
楽器を演奏できると人生がとても楽しくなりますよ。

以上、参考にしてもらえれば嬉しいです。
それでは、また。

音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました