大人になってから始める、趣味の楽器のおすすめ11選の紹介

音楽
この記事は約13分で読めます。
白ペンギン
白ペンギン

趣味でなにか楽器をやってみたいんですが、大人になってから始めたら遅いですか?

くろ
くろ

全然遅くないですよ。
やりたいと思った時が始める時です。

白ペンギン
白ペンギン

今から始めても上手くなれますか?

くろ
くろ

もちろん。
練習すればぜったい上手くなれます!

白ペンギン
白ペンギン

初心者におすすめの楽器はありますか?

くろ
くろ

やりたい楽器をやるのが一番良いと思いますよ。

白ペンギン
白ペンギン

なるほど。
でも、どんな楽器がいいのかいまいちわからないんですよ。

くろ
くろ

それならおすすめの楽器をいくつか紹介します。
やってみたい楽器があったらぜひチェックしてください。

白ペンギン
白ペンギン

よろしくお願いします。

楽器を選ぶ時のポイント

白ペンギン
白ペンギン

楽器を演奏する人って、最初はどうやって楽器を選んだんですか?

くろ
くろ

ぼくはテレビでギターを見てかっこいいと思ったのがきっかけでした。

白ペンギン
白ペンギン

なるほど。

くろ
くろ

足りないパートの楽器をやらされたのがきっかけっていう人も結構いますよ。

白ペンギン
白ペンギン

そうですか。
状況に流された感じですね。

くろ
くろ

しろさんはなにかやってみたい楽器はありますか?

白ペンギン
白ペンギン

ぼくはピアノを弾いてみたいです。

くろ
くろ

いいですね!

白ペンギン
白ペンギン

でも今からやって上手くなれるか心配です。

くろ
くろ

練習次第だと思いますよ。
ちゃんと練習すればどんな楽器でも上手くなれますよ。

白ペンギン
白ペンギン

そっか。始めてみようかな。

くろ
くろ

やりたい楽器をやるのが一番いいですよ。

白ペンギン
白ペンギン

そうですね。

くろ
くろ

ひとつ楽器ができるようになると、違う楽器を始めても上達が早いですよ。

白ペンギン
白ペンギン

えっ、そうなんですか?

くろ
くろ

はい。ぼくはギターの他にもウクレレやベースを弾いています。
楽器の演奏には共通することが多いので、いろいろな楽器をやっている人も多いですよ。

白ペンギン
白ペンギン

なるほど、一つの楽器にこだわる必要もないということですね。

くろ
くろ

そうです。いろいろな楽器を演奏できると楽しいですよ。

白ペンギン
白ペンギン

ほかに楽器を選ぶポイントはありますか?

くろ
くろ

好きな音楽ジャンルで使われている楽器がおすすめです。
ロックならエレキギターやベース、クラシックならバイオリンなど。

白ペンギン
白ペンギン

なるほど、クラシック好きなのにエレキギターじゃ合わないですよね。

くろ
くろ

そうなんです。
好きなジャンルにマッチした楽器を選ぶと良いですよ。

白ペンギン
白ペンギン

わかりました。

おすすめの楽器の紹介

それでは、ここから大人になってから趣味で始めるのにおすすめの楽器を紹介していきます。


ギター

ギターは趣味として最もおすすめしたい楽器のひとつです。コンパクトで、どこでも売っているので入手しやすく、わりと簡単に弾けるようになります。場所や時間を選ばず、年齢問わず、男女問わず楽しむことができます。いろいろなジャンルで使われているので、自分の好きな音楽ジャンルに合うタイプのギターを選びましょう(エレキ、クラシック、アコースティックなど)。

趣味のギターに関しては、この記事に詳しくまとめてあります。
ぜひ参考にしてください。




こちらの記事はシニア世代の方におすすめのギターを紹介しています。




こちらはおすすめの楽器で、フェンダープレイヤーシリーズのテレキャスターというモデルです。メキシコ製でリーズナブルな価格ながら、本格的なサウンドと弾きやすさを実現しています。同シリーズのストラトキャスタータイプもあります。







ベース

ベースもギターと並んでおすすめの楽器です。ベースはリズムとハーモニーを支える重要なパートで、正しい技術とセンスを要求されます。難しさもありますが、それだけ奥が深く、やりがいがあります。
ベースラインはもちろん、ギターのようにソロで演奏することもできるので、1人で演奏を楽しむこともできます。ベースは他の楽器には出すことができない、低音の魅力を存分に楽しむことができるおすすめの楽器です。

下記の記事では、大人になってから始める趣味のベースについて詳しく紹介しています。
ベースに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

ベースのおすすめは、こちらのフェンダー製ジャズベースです。
メキシコ製で値段は手頃ですが、サウンドは上位機種と比べても遜色なく弾き心地も良いです。
ベースにはいくつか種類がありますが、この楽器のようなジャズベースタイプはどんなジャンルでも使えるので特におすすめです。






ウクレレ

ウクレレはハワイが発祥の弦楽器です。楽器自体が小さくて軽く、ナイロン弦という柔らかい弦を使っているので押さえやすくて弾きやすい楽器です。弾き語りのイメージが強いですが、楽器だけの演奏もできます。ウクレレで演奏するとどんな曲もハワイアンみたいになるところが面白いです。
手軽に弾けて、ほっとするサウンドが心地よい、趣味にするのにぴったりの楽器です。

ウクレレについてはこちらの記事に詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

おすすめの楽器は、ハワイのブランド”KELII”のこちらのモデルです。ウクレレらしいカラッとした明るいサウンドが気持ちよい楽器です。ハワイのブランドの中ではリーズナブルなことも魅力です。

ピアノ


ピアノは楽器の王様と呼ばれ、幅広い表現力と演奏性の高さが魅力の楽器です。
難しい楽器の印象がありますが、音が順番に並んでいるのでわかりやすく、鍵盤を押すだけで音が出る弾きやすい楽器です。演奏はもちろん、作曲のツールとしてもピアノは最適です。音程や和音の確認に使えるので、他の楽器を演奏する方にもおすすめです。
手頃な値段の電子ピアノやキーボードもいろいろと販売されているので、趣味として始めやすい楽器です。

ピアノに興味のある方は、こちらの記事も参考にしてください。

おすすめの楽器はスウェーデンの楽器メーカーNordのPiano4です。音色もタッチも最高のキーボードで、プロアマ問わず多くのミュージシャンが愛用しています。

Nord(ノード) Nord Piano 4:Rock oN Line
Nord
ピアノ・セクション・メモリー容量:1GB(NordPianoLibrary用)

チェロ

チェロは歌いやすいテノール音域の楽器で、高い表現力が魅力の弦楽器です。
ソロも伴奏も両方をこなすことができ、クラシックに限らず様々なジャンル、楽曲で使われます。
1人でも、少人数のアンサンブルでも、オーケストラでも楽しむことができる楽器です。

楽器はヤマハの弦楽器ブランド「ピグマリウス」のチェロがおすすめです。品質が良く、弓やケースが付属しているのですぐに始めることができます。



ヴァイオリン

ヴァイオリンはクラシックのイメージが強いですが、フィドルと呼ばれる民族系の音楽や、カントリーやジャズなど広いジャンルで使われています。テクニックは必要ですが、豊かな表現方法や音色の美しさ、演奏時の優美な佇まいなど魅力の多い楽器です。
ヴァイオリンをやってみたい、憧れていたという方にはチャレンジする価値のある楽器だと思います。

こちらはYAMAHA Bravioというシリーズのヴァイオリンです。
ヴァイオリンの中では比較的安価ですが、ヤマハ製なので質の良い楽器です。ケースや弓などが付属しているセットなので、届いた時からすぐに弾き始めることができます。





ドラムス

ドラムはシンバル、スネア、タムなど打楽器の集合体で、バンドのリズムを支える楽器です。
ロック、ポップス、ジャズの他、ラテン音楽など多くのジャンルで使用されます。それぞれのジャンルでリズムパターンやフレージングが違い、ロックなら8ビート、ジャズは4ビート、他にもラテンや16ビートなど様々なパターンがあります。
ドラムの演奏には音階が伴いませんが、その分他の楽器が演奏するフレーズをよく聞いて支えていく必要があります。楽曲のダイナミクスをコントロールすることで全体の流れを導く役割があるのです。

おすすめはこちらのグレッチのドラムセットです。
マホガニー製の柔らかくあたたかい響きが特徴で、小口径のセットですが鳴りがよく、持ち運びもしやすいドラムセットです。サウンドハウスが一番安いです。



電子ドラムはこちらがお勧めです。
ヤマハのエントリーモデルですがコストパフォーマンスに優れ、プレイヤーの評価も高いモデルです。

ヤマハ YAMAHA 電子ドラムセット ドラム椅子付属 DTX432KS
ヤマハ(YAMAHA)
本物のヤマハドラムをサンプリングした、リアルで上質なドラムキットサウンドを10種類搭載

サックス

サックスはジャズやフュージョン、ファンクなどのジャンルでよく使われる楽器です。管楽器の中では比較的音が出しやすいので、早く上達することができます。独学でもある程度吹けるようになりますが、基本的なフォームを身につけるために初めはプロに習ったほうが良いと思います。クラシックとジャズだと音の出し方が違うので、習うときは自分がやりたいジャンルのプロに習う必要があります。
ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類があります。

楽器を購入する際は、セルマーというメーカーがおすすめです。
他のメーカーもありますが、サックス奏者は必ずセルマーに行き着くので初めからセルマーの楽器を買うことをおすすめします。アメリカ製とフランス製がありますが、アメリカは荒々しく、フランスは上品な音色です。こちらはフランス製です。



ヴィオラダガンバ

ヴィオラダガンバはバロックの頃に使われていた弦楽器です。弦が7本あり、ガット弦を用いて演奏します。弦のテンションは緩く、2〜3本いっぺんに重音(和音)を弾くことができます。アンサンブルでは主に低音を担当しますが、ソロ曲を演奏することもできます。
ガット弦の響きが柔らかく、現代の楽器にはない優しい音色が魅力の楽器です。
数は多くないですが、国内にもいくつか取り扱っている楽器店や工房があります。

コントラバス

コントラバスは低音の弦楽器です。
ヴァイオリンに似ていますがガンバ属と呼ばれる系統の楽器です。
クラシックとジャズでよく用いられますが、その演奏方法はそれぞれ異なっていて練習方法や楽器のセッテイングもそのジャンルに合わせる必要があります。
楽器が大きいため趣味とするには不便も多いですが、奥深い、魅力の多い楽器でもあります。

こちらはルーマニアのReghin製、オール単板モデルのコントラバスです。
鳴りが豊かで、背板がフラットなため反応が早く楽に演奏できる良い楽器です。



マンションなどの集合住宅などで音が気になる方には、こちらのサイレントベースがお勧めです。本物のコントラバスに近い弾き心地で、生音はほとんど出ないので、夜中でも音量を気にせずヘッドフォンなどで練習することができます。


マンドリン

マンドリンはヴァイオリンと音域が同じ弦楽器です。
同じ音の弦が2本づつ隣接して並んでいて、いっぺんに2本づつ弾きます。
伸ばす音はピックでトレモロで弾き、コロコロとしたサウンドが特徴です。

ヴァイオリンほど演奏技術を必要としないので、初心者でも気軽に始めることができます。
独奏から少人数のアンサンブル、大人数でのオーケストラなど、様々な演奏パターンがあります。
また、カントリーやポップス、ロックなどのジャンルでも使われます。
マンドリンには裏側が丸いラウンドマンドリンと、後ろ板が平らなフラットマンドリンがあります。
ラウンドマンドリンは主にクラシックに、フラットマンドリンはポピュラーやカントリーに使われます。


こちらは日本製のマンドリンです。
全ての工程が国内の工房で行われた上品な音色の楽器です。仕上げも良く、コストパフォーマンスに優れています。中級以上の方にもおすすめです。



楽器を購入する時のポイント

やりたい楽器が決まったら、次は自分の楽器が欲しくなりますよね。
楽器を購入する時のポイントは、

  1. 弾きやすさ
  2. 楽器の見た目
  3. 価格
  4. ブランド

などをチェックします。初心者の方は安いもので良いと思いがちですが、楽器は長く使うものだし、良い楽器を使えば音も良く、弾きやすいので上達も早いです。
楽器はネットショップで買った方が安いことが多いです。近くの楽器店にないモデルも買うことができるし、店舗で選ぶよりも多くの選択肢から選ぶことができるメリットがあります。

ネットで楽器を買うときは、アマゾンサウンドハウスがおすすめです。どんな商品でも、この二つのどちらかが最安値で取り扱っていることが多いです。特にサウンドハウスはアイテム数が多く、商品を見ているだけでも楽しいし、商品説明やレビューも参考になります。欲しい商品がある時はぜひチェックしてください。

ネットで楽器を買う時のおすすめのショップはこちらの記事も参考にしてください。


まとめ

今回は趣味としておすすめの楽器をいくつか紹介しました。楽器の演奏はいつ始めても楽しめる趣味です。興味のある楽器が会ったらぜひトライして下さい。

以上、参考にしてもらえれば嬉しいです。
それでは、また。

音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました