大人になってから趣味で始める楽器にベースをおすすめする理由と、初めての楽器におすすめのベースの紹介

ベース
この記事は約8分で読めます。
白ペンギン
白ペンギン

ベースを弾いてみたいけど、大人になってから始めたら遅い?

くろ
くろ

全然大丈夫です。
やりたいと思った時に始めればいいですよ。

くろ
くろ

この記事では趣味としてベースをおすすめする理由と、初めて買うのにおすすめのベースを紹介します。

白ペンギン
白ペンギン

よろしくおねがいします。

大人になってから趣味で始める楽器にベースをおすすめする理由

ベースはバンドの中で低音を担当します。

バンドなどの演奏を聞いていると、どうしてもボーカルやギターが目立ちますが、ベースも演奏のリズムとハーモニーを支える重要な役割があります。
地味な楽器に見られることもありますが、実際はベースがいないと演奏が成り立たないくらい、重要なパートです。

ベースはリズムを支える役割があり、リズム感とセンスを問われるパートです。

ベースラインでバンドのリズムを支え、グルーブを生み出すのはベースを弾く醍醐味です。

ベースは、職人的な面白さがある楽器で、実際に弾いてみるとその面白さがわかります。
伴奏はもちろん、ソロ楽器としてメロディを弾くこともできます。
弾いてみたい方は、ぜひトライしてください。

ベースの種類の紹介

エレキベースはいろいろな種類があり、見た目やサウンドに違いがありますが、どれを使えばいいという決まりはあまりないので、自分の好きなものを選べば良いと思います。

大まかに分けると以下のようになります。

  • ジャズベースタイプ:オーソドックスなエレキベース。どんなジャンルでも使える。
  • プレシジョンタイプベース:オーソドックスなエレキベース。どんなジャンルでも使える。
  • スティングレイタイプ:出力が大きいアクティブタイプのベースで、パワフルな演奏が可能。
  • 変形ベースタイプ:ボディの形状がオーソドックなギターの形をしていないベース。

初めて買うベースには、上のジャズベースタイプか、プレシジョンタイプが無難ですが、あらかじめ好きなタイプのベースがあればそれを買うのが一番良いと思います。


初めてエレキベースを買う人におすすめの楽器の紹介

白ペンギン
白ペンギン

初めてのエレキベースはどれを買ったらいいの?

くろ
くろ

ベースを選ぶ基準は種類や価格、メーカーなどいろいろ要素があります。
ここから、これを選べばOKというベースをタイプ別に紹介します。

ジャズベースタイプのおすすめの紹介

フェンダーのジャズベースはエレキベースの最も定番の形の一つです。

弾きやすく、洗練された形状と、幅広く使えるサウンドで多くのミュージシャンが愛用しています。

また、楽器メーカー各社がジャズベースを販売しているので、多くの選択肢から選ぶことができます。

おすすめはジャズベースの元祖、フェンダーのプレイヤーシリーズです。
プレイヤーシリーズとはメキシコの工場で生産することでコストを下げたモデルです。
良い木材やパーツを使っているのにコストパフォーマンスに優れています。

「初めからもっと良いベースが欲しい」、という方には、下のUSA製がおすすめです。
伝統を受け継ぎながら、ピックアップや電気系統が最先端の仕様を用いたモダンなベースで、一生使っていくことができます。

どちらもカラーバリエーションが幾つかあり、リンク先で確認することができます。




フェンダー以外のジャズベースだと、以下のようなものがおすすめです。

プレシジョンベースタイプのおすすめの紹介

プレシジョンタイプもエレキベースの定番の一つです。
フェンダーが初めて開発したエレキベースで、初めて作られた当時から形をほとんど変えずに現在まで多くのミュージシャンが愛用しています。

プレシジョンベースは太く、甘い音色が特徴で、ロックやパンクなどのジャンルにマッチします。

おすすめはやはりオリジナルメーカーのフェンダー製です。
こちらもコストパフォーマンスに優れたメキシコ製のプレイヤーシリーズがおすすめです。

プレシジョンベースのもっと上のモデルが欲しい方には、下のUSA製がおすすめです。
伝統を継承しつつも、モダンな仕様の楽器です。

フェンダー以外のプレシジョンベースでは、こちらもおすすめです。

バッカスのベースは低価格ながら品質がよく、全ての人におすすめできます。

スティングレイタイプのおすすめの紹介

スティングレイタイプのベースはミュージックマンによって開発された新しいタイプのエレキベースです。
アクティブサーキットを用い、イコライザーを手元で操作できるため、アンプをいじって調整しなくても幅広いサウンドメイクが可能です。

また、高出力のハムバッカーピッックアップを搭載することで、バンドの中でも埋もれないサウンドで演奏が可能です。

スラップによく合うベースですが、アクティブ系のサウンドなのでアコースティックなバンドにはサウンドが合わないかもしれません。

スティングレイタイプを検討している方には、本家のMusicManのStingRay 4がおすすめです。 


また、MusicMan製の廉価版があり、そちらも評判がいいです。

マルチタイプのベースのおすすめの紹介

G&L Tribute Series L-2000は設定により、上で紹介したジャズベースタイプ、プレシジョンタイプ、スティングレイタイプのサウンドを得ることができるマルチタイプのベースです。
いろいろなジャンルを演奏したい方におすすめです。

変形タイプのベースの紹介

変形タイプのベースは、ギブソンのエレキギターの形をそのままベースにしたものが多いです。
SG、エクスプローラー、フライングV、レスポールベースなどがあります。
その他ビートルズのポールマッカートニーが使っていたことで有名な、ヴァイオリンベースや、リッケンバッカーのベースがあります。

サウンドが汎用的ではなく、ジャンルによってはマッチしないものもあるので、変形ベースが欲しい場合は音を確かめてから買うようにしましょう。

まとめ

ベースは一見地味な楽器にも見えますが、センスとリズム感を必要とする奥の深い楽器です。
ベースは一度始めたら一生弾いていける楽器で、趣味にするのにとてもおすすめです。

この記事参考にしてもらえたら嬉しいです。

それではまた。

ベース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました