ベース女子におすすめ!音が良くて弾きやすい、かわいいエレキベースのおすすめ

ベース
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
白ペンギン
白ペンギン

かわいいエレキベースが欲しいんだけど、どうやって選べばいいですか?

くろ
くろ

見た目がかわいいベースですか?

白ペンギン
白ペンギン

そうです。
弾いている時にかわいく見えるのがいいです。

くろ
くろ

なるほど、それならシンプルな見た目のベースがいいですよ。

白ペンギン
白ペンギン

おすすめのモデルとかありますか?

くろ
くろ

フェンダーのジャズベースタイプがシンプルでおすすめです。
色が選べるし、サウンドもオールマイティに使えますよ。

白ペンギン
白ペンギン

いいですね、他にもありますか?

くろ
くろ

それじゃあこの記事で、かわいいベースをいろいろ紹介していきますね。

白ペンギン
白ペンギン

よろしくお願いします。

エレキベースの種類と、かわいいエレキベースのタイプを紹介

エレキベースは、大まかに以下のような種類に分けられます。

  • プレシジョンベース
  • ジャズベース
  • スティングレイタイプ
  • G&L タイプ
  • SGベース
  • レスポールベース
  • ショートスケールベース

それぞれ以下のような特徴があります。

プレシジョンベース

プレシジョンベースタイプはフェンダー社がオリジナルのベースです。
見た目がシンプルで、野太いサウンドが特徴です。ロックやパンクなどに良く合います。

マッチするジャンル:ロック、ポップス、ブルースなど

ジャズベース

ジャズベースタイプはサウンドにクセがなく、どんなジャンルの音楽にも使えます。見た目はシンプルで、どんなファッションにも合わせやすい。カラーも様々発売されているので、好きな色を選べます。

マッチするジャンル:オールジャンル

スティングレイタイプ

スティングレイはミュージックマン社が開発したベースです。
アクティブサーキットによるパワフルで歯切れの良いサウンドが特徴で、スラッピングや、ファンキーなベースラインに良く合います。他社製もありますが、ミュージックマンで廉価版も出しているので、ミュージックマン社製のものがおすすめです。

マッチするジャンル:ファンク、ロック、R&Bなど

G&L タイプ

G&Lのベースは、プレシジョン、ジャズ、スティングレイの3つのタイプのサウンドを1本のベースで作り出すことができます。サウンドメイクの幅が広いのでいろいろな音楽をやりたい方や、プロ志向の方にもおすすめです。

マッチするジャンル:オールジャンル

SGベース

SGベースは、エレキギターのSGの形をそのままベースにしたものです。
見た目はロックやパンク向き、サウンドもロック系の太い、甘い音です。

マッチするジャンル:ロック、パンク

レスポールベース

レスポールベースはSGベースと同様、エレキギターのレスポールの形をそのままベースにしたものです。
こちらも見た目、サウンド共にロックやパンク向きです。

マッチするジャンル:ロック、パンク

その他ショートスケールのベース

フェンダーにはブロンコベースやムスタングベースなど、見た目のかわいいショートスケールのベースがあります。かわいい見た目と違って、荒っぽいサウンドが特徴です。
ロックやパンクに合いますが、ジャンルが狭められるデメリットもあります。

マッチするジャンル:ロック、パンク

かわいいエレキベースの選び方

ベースを選ぶときは、まず自分がやりたいジャンルを考え、それに合った楽器を選びましょう。ジャンルを限定せずいろいろな音楽をやりたい方にはジャズベースか、プレシジョンベース、G&Lタイプがおすすめです。

ベースの見た目は色によるところが大きいので、自分が好きな色の楽器を選びましょう。
ジャズベースタイプやプレシジョンベースタイプは各メーカーが販売しているので好きな色のベースを選びやすいです。

楽器の通販サイトは、サウンドハウスがおすすめです。
数多くの楽器や機材、消耗品を販売しており、価格も安い(ネット上で最安値が多い)のでミュージシャン必須のネットショップです。

おすすめのかわいいエレキベースの紹介

くろ
くろ

それではここからおすすめのかわいいベースを紹介していきます。

Fender Player Jazz Bass

こちらはフェンダー、プレイヤーシリーズのジャズベースです。
伝統的なフェンダージャズベースのルックスを継承しつつも近代的な造りになっているので弾きやすく、フェンダーのジャズベースらしい、クリアでパワフルなサウンドが特徴です。

こちらのモデルはカラーバリエーションが豊富で、好きなカラーを選ぶことができます。
プレイヤーシリーズはメキシコ製ですが、値段もUSA製に比べるとリーズナブルなので、手軽にフェンダーサウンドを楽しむことができます。


Fender Player Precision Bass

こちらはフェンダー、プレイヤーシリーズのプレシジョンベースです。
こちらもメキシコ製でリーズナブルな価格が魅力です。
プレシジョンベースは甘く太いサウンドが特徴で、ロックやパンク、ポップスなどのジャンルに向いています。
見た目がシンプルなのでどんなファッションにも合わせることができます。
カラーバリエーションが豊富なので好きな色を選ぶことができます。


Sadowsky Guitars Metroline Express Series MV4E

サドウスキーというブランドのメトロラインエクスプレスというモデルです。
ジャズベースですが、ディンキーシェイプという、小さめのボディを軽めのアッシュ材で作っているので楽器が軽く、取り回ししやすいです。
見た目も良く、カラーバリエーションもいろいろあります。

サドウスキーのベースは弾きやすく、サウンドメイクの幅が広くどんなジャンルにも使えます。1本あれば一生使える良い楽器です。

Sadowsky Guitars サドウスキー エレキベース Metroline Express Series MV4E (BLK)
Sadowsky
ファクトリーメイドで”Metroline”と等しいクオリティを実現したMetroline Expressシリーズ


FUJIGEN Neo Classic Series NJB10RAL

こちらは日本のフジゲンというメーカーのジャズベースです。
ボディが少し小さいディンキーシェイプを採用しているので軽くて弾きやすく、女性や初心者の方にもおすすめです。
サウンドはクリアでクセが無く、どんなジャンルでも使えます。
パーツや素材の品質も良く、コストパフォーマンスにも優れています。


Gibson SG Standard Bass

ギターのモデルであるSGの形を元に作られたベースです。
ギブソンのベース特有の甘くて太いサウンドで、ロックやパンクによく合います。
いろいろなジャンルを演奏したい方にはちょっとおすすめしにくいですが、パンクやロックがやりたい人には見た目も音もマッチするのでおすすめです。
SGベースはボディが小さめのため、取り回しやすく、見た目もかわいいです。
どんなファッションにも良く合います。



LAKLAND SK-460 Joe Osborn

LAKLANDのベースは、東南アジアで作られているスカイライン、日本製ショアライン、USAという3つのラインナップがあります。ここで紹介しているのは廉価版スカイラインのモデルになりますが、しっかりと作られた良い楽器です。
レイクランドのベースは上品でコントロールしやすいサウンドが特徴です。
楽器の造りが良く、オールジャンルで使えます。

予算に余裕がある人には日本製のショアラインをおすすめします。
USAと同じパーツで作られていますが、価格はUSAより安く、コストパフォーマンスに優れています。

LAKLAND SK-460 Joe Osborn
LAKLAND レイクランド
レイクランド スカイラインシリーズ ベース


FENDER American Performer Mustang Bass

こちらはフェンダーUSAのムスタングベースです。独自のピックアップが搭載してあり、かわいい見た目と違ってパワフルな荒っぽいサウンドが出せます。パンクやロックに良く合います。
ボディが小さめでネックがショートスケールなので押さえやすく、手の小さい方にもおすすめです。フェンダーUSAなのに価格が安いのも魅力です。




MUSICMAN StingRay Special

こちらはMUSICMAN社のスティングレイモデルをさらに洗練させたモデルです。
18ボルトのアクティブプリアンプにより、ビンテージサウンドからモダンでパンチのあるサウンドまで幅広いサウンドメイクが可能です。丸みのあるボディが特徴で、従来のスティングレイよりも、より弾きやすくなっています。
スティングレイの見た目はスタイリッシュで無駄がなく、どんなファッションにも合わせることができます。かわいいと、かっこよさを兼ね備えたイメージです。

MUSIC MAN/StingRay Special 1H Jet Black Ebony ミュージックマン
MUSIC MAN ミュージックマン
より洗練され、生まれ変わったS t i n g R a y S p e c i a l が登場!



まとめ

今回紹介したベースはどれも見た目が良くて、演奏性もバッチリです。
今回の記事は参考にして良い楽器を見つけてもらえたらうれしいです。
それではまた。

ベース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました