ベース女子におすすめ!音が良くて弾きやすい、かわいいエレキベースのおすすめ

ベース
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
白ペンギン
白ペンギン

かわいいベースが欲しいけど、どうやって選べばいいんだろう?

くろ
くろ

エレキベースはエレキギターに比べて楽器も長くて重く、弦も太いのであまりかわいくないイメージがあるかもしれませんが、中にはかわいいものもあります。

くろ
くろ

ベースを持つ人や、ファッションとの組み合わせによってかわいくなるベースもありますよ。

白ペンギン
白ペンギン

おしえてください。


スポンサーリンク

エレキベースの種類と、どのベースがかわいいかの解説

エレキベースの種類は以下のようなものがあります。

・プレシジョンベース
・ジャズベース
・スティングレイタイプ
・G&L マルチタイプ
・SGベース
・レスポールベース

他にもいろいろあるのですが、大まかに分けるとこんな感じです。

エレキベースの種類についてより詳しい記事がこちらになりますので、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

エレキベースはそのほとんどがフェンダー系のジャズベースタイプか、プレシジョンベースの派生です。その二つも見た目はほとんど同じです。

フェンダー系と見た目が違うのが、ミュージックマンのスティングレイタイプか、ギブソン系のSGベース、レスポールベースです。

ミュージックマンのスティングレイタイプはどちらかというと男らしい系のベースです。ピックガードが丸いので見ようによってはかわいいかもしれませんが、あまり女子が持つタイプのベースではないと思います。スティングレイによほどこだわりがない限りは選択肢から外してもいいと思います。

ギブソン系のSGベースかレスポールベースは、割と女子がもってもかわいいベースだと思います。

ギブソンのオリジナルは値段が高めなのと、サウンドが特徴的で使えるジャンルが限られるのでおすすめしにくいところはあるのですが、試奏した上で気に入れば、これらのギブソン系ベースを選ぶのもアリではないかと思います。

ぼくの一番のおすすめのかわいいベースはフェンダー系のジャズベースタイプか、プレシジョンベースタイプです。
これらは洗練された見た目と、安定した弾き心地、サウンドも幅広いジャンルに対応して使えるため、選択肢も多く、一番おすすめできます。

また、この二つのスタイルのベースはフェンダー以外からも数多く販売されていて、中にはボディを小さく、軽くしたモデルもあるので、さらに選択肢が広がります。

フェンダー系にはブロンコベースやムスタングベースなどの見た目がかわいいショートスケールベースもありますが、ショートスケールのベースは音にパンチが無く、チューニングも狂いやすいという欠点が有ります。
使えるジャンルもパンクかロックなどに限られるのでおすすめしにくいです。

ここから、おすすめのかわいいエレキベースを紹介していきます。

おすすめのかわいいエレキベース①Fender Player Jazz Bass

かわいいベースの紹介と言っておきながら、一番無難でオーソドックスな見た目のモデルを紹介します。
フェンダーのジャズベースはどのモデルも見た目はほぼ一緒なので、楽器店で好きな色の、予算にあったベースを選べば良いと思います。

ジャズベースは、サウンドコントロールもしやすく、弾きやすい形のベースです。
オールマイティなジャンルに対応できるので、長く使うことができます。

ぼくは木目か、黒のようなシンプルな色のものが、女の子が持って一番かわいく見えると思います。

この機種はメキシコ製のジャズベースですが、オーソドックスで、伝統的なルックスを継承しつつもモダンな作りになっていて弾きやすく、コントロールしやすい楽器です。
値段もUSA製に比べてリーズナブルで、おすすめのベースです。

カーソルを合わせると大きい画像が見られます。




おすすめのかわいいエレキベース②Fender American Professional Precision Bass

プレシジョンベースもジャズベースと同様にオーソドックスな見た目ですが、多少地味なベースの方が女の子が持った時にかわいく見えます。

プレシジョンベースはサウンドに特徴があり、ロックや、パンクなどのジャンルに向いています。
見た目はシンプルですが、カラーバリエーションも豊富なので好きな色を選ぶことができます。

この機種はメキシコ製のジャズベースですが、オーソドックスで、伝統的なルックスを継承しつつもモダンな作りになっていて弾きやすく、コントロールしやすい楽器です。
値段もUSA製に比べてリーズナブルで、おすすめのベースです。

カーソルを合わせると大きい画像が見られます。




おすすめのかわいいエレキベース③Sadowsky Guitars Metroline Express Series MV4E

サドウスキーというブランドのメトロラインエクスプレスというモデルです。
ジャズベースですが、ディンキーシェイプという、小さめのボディを軽めのアッシュ材で作っているので楽器が軽く、取り回ししやすいです。
見た目も良く、カラーバリエーションもいろいろあります。

サドウスキーのベースは造りがよくて弾きやすく、サウンドの幅も広いアクティブ回路を搭載しています。
サドウスキーのベースは女性ベーシストのTal Wilkenfeldが使用していますが、女性が持ったときの見た目の参考になるので興味があったらYouTube等で見てみてください。

サドウスキーのベースは、ジャズベースの中でも洗練された楽器で、もっともかわいいベースの一つと言って良いと思います。
音も最高の楽器なので、一生ベースを続けていきたいと思った時に選択肢に入れて欲しい楽器です。

Sadowsky Metroline Express Series MV4E
Sadowsky
クオリティはしっかり継承、日本の"工場"製作でコストパフォーマンスを可能な限り実現




おすすめのかわいいエレキベース ④ FUJIGEN Neo Classic Series NJB10RAL

日本のフジゲンというブランドのジャズベースタイプのベースです。
楽器本体が軽く、少し小さめに作られており、ネックが細くて弾きやすいです。
楽器の仕上げも丁寧で、取り回ししやすいので女性におすすめです。
見た目もフェンダーのベースに比べても小さく見えるので、体型が小柄な人が持つとしっくりくる楽器です。

クリアでくせのないサウンドで、どんなジャンルでも使えます。
価格もそれほど高くなく、品質も良いので初心者にもおすすめで、長く使える楽器です。




おすすめのかわいいエレキベース ⑤ Gibson SG Standard Bass

ギターのモデルであるSGの形を元に作られたベースです。
ギブソンのベース特有の甘くて太いサウンドで、ロックやパンクによく使われます。

いろいろなジャンルに使いたい人にはちょっとおすすめしにくいのですが、パンクやロックがやりたい人には見た目も音もマッチするので、おすすめできる楽器です。

SGベースはボディが小さめのため、取り回しやすく、見た目もかわいい楽器です。
どんな服を着ていても合うし、女の子が持つとしっくりくるかわいさがあります。

使えるキャラクターの幅が狭いですが、音が気に入ればおすすめです。
あまり使っている人がいないので目立ちますよ。





おすすめのかわいいエレキベース ⑥LAKLAND SK-460 Joe Osborn

LAKLANDのベースは、東南アジアで作られているスカイライン、日本製ショアライン、USAという3つのラインナップがあります。
ここで紹介しているのは廉価版スカイラインのモデルになりますが、しっかりと作られた良い楽器です。

予算に余裕がある人には日本製のショアラインをおすすめします。
USAと同じパーツで作られていますが、価格はUSAより安く、コストパフォーマンスに優れています。

レイクランドのベースは上品でコントロールしやすいサウンドが特徴です。
楽器の造りが良く、オールジャンルで使えます。

LAKLAND SK-460 Joe Osborn
LAKLAND レイクランド
レイクランド スカイラインシリーズ 4弦ベース





おすすめのかわいいエレキベース ⑦ESP Rimi Ushigome Signature Model BanG Dream! VIPER BASS Rimi (Rimi Pink)

ESPブランドから、次世代ガールズバンドプロジェクト「BanG Dream!(バンドリ!)」に登場するバンドPoppin’ Partyのメンバーが劇中で実際使用する楽器を完全再現したモデルです。

見た目がかわいいので紹介しました。
廉価版と高いモデルがあるようです。
完全オーダー生産のようなので興味のある方は楽器店などに問い合わせてみてください。


まとめ かわいいエレキベースとは

楽器はかまえたときのトータルの見た目が大事なので、購入する時には鏡で見た目もチェックしましょう。
もし楽器店で試奏ができれば、スマホなどで写真を撮って見比べて見ると良くわかると思います。

今回の記事は参考にしてもらえればうれしいです。

それではまた。

ベース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました