エレキベースのおすすめのメーカー10選と、各メーカーの代表機種を紹介します。

こんにちはアルコです。

今回の記事ではエレキベースのメーカーと、それぞれのメーカーの代表的な楽器を紹介したいと思います。
ここで紹介する以外にもエレキベースを作っているメーカーはたくさんありますが、今回はぼくが買いたい、欲しい、と思っているメーカーを10社にしぼって紹介します。

楽器の購入を検討している人は参考にしてもらえれば嬉しいです。

エレキベースとはどんな楽器?おすすめの選び方。

エレキベースはロック、ポップスからジャズ、フュージョン、ブラジル音楽、その他幅広く使用される楽器ですが、メーカーや機種によって向いているジャンルがあります。

また、エレキベースは大まかに次の3種類に分類できます。

・ジャズベース:幅広いサウンドメイクが可能で、比較的オールジャンルに対応できる。

・プレシジョンベース:太く、甘い音色の出音で、ロックやパンクなどによく使われる。

・スティングレイ:ドンシャリ系、ファンクやスラップを多用する曲向き。  


エレキベースのメーカーもたくさんあり、値段の幅も数万円から100万円以上のものまであります。
ある程度予算がある人は、20万円から30万円くらいの楽器を買えば、どのメーカーのものでも弾きやすくて長く使えると思います。

近年いろいろなメーカーのハイエンドな価格帯のベースが売られるようになりましたが、高いイコールいい楽器というものでもないと思います。

ハイエンドが高いのは良い楽器だからというよりは、希少価値で高いのが多い気がします。

エレキベースの購入を考えている人は、ハイエンドのブランドはあまり視野にいれなくてもいいと思います。

エレキベース おすすめのメーカー

ではここからエレキベースのおすすめのメーカーを紹介していきたいと思います。

エレキベース おすすめのメーカー①Fender

フェンダーのギターやベースはアメリカ、メキシコ、ジャパンの3か所で作られていますが、アメリカ製かメキシコ製がおすすめです。
フェンダーの代表的なエレキベースは、ジャズベースタイプとプレシジョンベースタイプになります。どちらもエレキベースのモデルとして有名で、フェンダー以外の多くのメーカーで採用されています。
フェンダーのベースはジャンル問わず、幅広く演奏に用いられ、使用ミュージシャンも多いメーカーです。

(代表モデル)FENDER American Professional Jazz Bass

エレキベース おすすめのメーカー②LAKLAND

LAKLANDは1994年の創業で、比較的新しいアメリカのベースのメーカーです。

ラインナップが3種類あり、初心者向けのスカイライン、中級者向けのショアライン(日本製)、上級者向けのUSAと別れています。
USAは価格的にハイエンドモデルに位置します。
Darryl Jonesなどのシグネチャーモデルが幾つか発売されていますが、人気が高いものが多いです。

スカイラインは10万円前後のモデルが多いですが、ショアラインやUSAと比べるとパーツや材質の質が落ちるので、できればショアラインかUSAを選ぶと良いと思います。
ショアラインとUSAは同じモデルなら製造国の違いだけで、ショアラインも日本のESPで製造されているので、品質は良いです。
パワフルかつ上品なサウンドでコントロールもしやすく、あらゆるジャンルで使えるベースメーカーです。

(代表モデル)LAKLAND SL Darryl Jones Signature

エレキベース おすすめのメーカー③Sadowsky Guitars

Sadowskyはハイエンドのベースメーカーですが、製造ラインによって、Saodwsky NYC(ニューヨーク)、Sadowsky Metroline(日本)、Sadowsky TYO(日本製カスタム)の3つに別れます。中でもメトロラインはリーズナブルに買えるラインナップになります。
どのラインナップもパーツや素材はニューヨークと同じものを使用しています。

サウンドはドンシャリ気味ですが、上品でパワフルです。弾きやすくてコントロールもしやすく、オールジャンルで使える楽器です。

(代表モデル)Sadowsky Guitars Metroline Express Series MV4E (BLK)

エレキベース おすすめのメーカー④MUSICMAN

ミュージックマンはレオ・フェンダーが、Fender辞職後に立ち上げたメーカーで、1984年にはアーニーボールに買収され、現在はアーニーボール・ミュージックマンという社名に変わりました。

スティングレイというモデルが代表的です。
ドンシャリ(ローとハイが強い)サウンドで、はっきりした音色が特徴です。
スラップやファンクのようなサウンドに向いています。

(代表モデル)MUSICMAN STINGRAY4

エレキベース おすすめのメーカー⑤Bacchus

Bacchusは日本のブランドで長野に拠点があります。
価格帯の幅が広いですが、低価格のものも品質がよく、弾きやすくて音色も良いです。

手頃な値段のユニバースシリーズから、手作業で作られるハンドメイドシリーズまで、幅広いラインナップがあり、好みや予算に応じて選ぶことができます。

個人的には10万円くらいのものが品質も良く、弾きやすくてサウンドも癖がなくておすすめです。

(代表モデル)Bacchus WOODLINE 417

エレキベース おすすめのメーカー⑥FUJIGEN

FUJIGENは、日本の楽器ブランドです。

丁寧な作りの楽器を手頃な価格で提供しており、コストパフォーマンスが良いと評判のメーカーです。FUJIGENの楽器には、C.F.S(サークルフレッティングシステム)という独自のシステムが採用され、音程が正確になる構造になっています。
FUJIGENの楽器は非常に弾きやすく、音色もくせがないのでコントロールしやすいです。

(代表モデル)FGN ( Fujigen )NJB10MBAH-VNT

エレキベース おすすめのメーカー⑦fodera

Foderaはアメリカのブランドです。
最高峰のハイエンドブランドとして、多くのベーシストの憧れのぶらんどです。

そのサウンドクオリティの高さはから多くのトッププレイヤーが愛用しています。
そのサウンドはボトムが効いているのにきらびやかでフォデラ特有のサウンドです。どんなジャンルにもOKです。
いつかは欲しいと思い続けているメーカーです。

(代表モデル)Fodera/EMPEROR DELUXE 5st Buckeye Burl Top

エレキベース おすすめのメーカー⑧Warwick

ドイツのベースメーカーです。

Warwickのベースは他社のベースにない独特のボディデザインがあり、弾き心地やサウンドも独特です。
ロック、パンクなどで使われることが多いですが、以外とどんなジャンルにも使えるサウンドだと思います。
価格帯に幅があるので、予算に応じて選ぶことができます。

(代表モデル)Warwick Rock Bass Corvette Basic Passive 4 String Bass

エレキベース おすすめのメーカー⑨YAMAHA

日本の大手楽器メーカーです。
ヤマハはエレキギターもエレキベースもやや癖のある見た目で、好みがわかれるかもしれません。ぼくはいかにもヤマハな見た目がちょっと苦手なのですが、サウンドや弾きごごちは良いと思います。

ヤマハのベースはややドンシャリ傾向ですが、クリアなサウンドでバンドで演奏してもうもれにくいです。
価格帯は広く、低価格のものからハイエンドのものまでラインナップが充実しています。

(代表モデル)YAMAHA ATTITUDE LTD3 SOB

エレキベース おすすめのメーカー⑩G&L

こちらもレオフェンダーの立ち上げたブランドです。
高出力なピックアップと、3つのコントロールと3つのスイッチの組み合わせによって、幅広いサウンドメイクが可能です。
これ一本でジャズベース、プレシジョンベース、スティングレイのサウンドが再現できるのですが、コントロールには多少の慣れが必要となります。
G&Lのベースは幅広いサウンドを作れますが、それっぽいサウンドではなく、本家を上回る良質のサウンドを鳴らすことができます。
パキパキのスラップからメロウなメロディまでこれ一本でこなせるおすすめのベースです。

(代表モデル)USA L-2000

まとめ

いかがでしたでしょうか。
他にもベースを作っているメーカーは多くあるのですが、今回はぼくがおすすめしたいメーカーに絞って紹介しました。
購入を検討している人は参考にしてみてください。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました