ジャコ・パストリアスのサウンドを再現できる楽器や機材を紹介

ベース
この記事は約7分で読めます。

ベーシストの神様ジャコ・パストリアス。

彼の登場によりジャズ、フュージョン界のエレキベースは、その歴史を大きく塗り替えられました。
ジャコの複雑でグルービーなベースライン、多彩な人工ハーモニクス、超絶技巧のソロなど、その斬新でテクニカルなプレイは多くのファンを魅了してきました。

ジャコのプレイを語る上で重要なのがフレットレスベースやアコースティック360(ベースアンプ)など、彼が使用していた機材です。

ジャコの死後から40年以上経った今、同じ機材を手に入れることは難しいですが、今ある機材でジャコのサウンドを再現することを目指すことはできます。

この記事では、現在流通している機材の中からジャコのサウンドを再現できるものを紹介したいと思います。

ジャコ・パストリアスが使用した楽器や機材の紹介

それではここからジャコが使っていた機材や楽器を紹介していきます。
ジャコのサウンドを再現できる機材なども合わせて紹介するので、ぜひチェックしてください。

1962年製フェンダージャズベース

ジャコが使用していた1962年フェンダー製フレットレス・ジャズベースは、彼自身がフレットを抜き、指板にエポキシ樹脂を塗って強化したものでした。もともとはすり減ったフレットを交換するためにフレットを抜いたのですが、そのまま弾いたサウンドが面白かったのでフレットレスとして使うことにしたそうです。
他にもコントロールを2連のスタック・ノブから、コントロールがしやすい3連ノブに変更、ピックアップのコイルを巻き直すなどの変更がされています。

ジャコはロトサウンドのSWING BASS 66というラウンドワウンド弦を使っていました。
フレットレス+ラウンドワウンド弦の組み合わせがジャコの独特の明るいサウンドを生み出していたのです。ジャコはラウンドワウンド弦によって指板が減らないよう、ライブ以外ではこのベースを使わず、別のフレッテッドベースで練習していたそうです。

フェンダーからはジャコ・パストリアスのシグネイチャー・フレットレス・ジャズベースが発売されています。ヴィンテージピックアップやCシェイプのネック、ラッカーフィニッシュのボディという仕様は、ジャコが弾いていたBass of Doomに近く、ただ弾くだけでジャコに近いサウンドが得られます。
特にこのモデルはこれまでに発売されてきたジャコのシグネイチャーモデルの中でも、最も造りが良いモデルです。ミュージシャンのシグネイチャーモデルは廃盤になることが多いので、欲しいモデルがある場合は早めに入手されることをおすすめします。

ACOUSTIC 360+361(ベースアンプ)

Bass of Doomと共にジャコのサウンドを作り上げていたのがアコースティック社のプリアンプヘッド360と、パワードキャビネット361の組み合わせです。キャビネットの361はパワー・アンプが内蔵されていて、さらにはウーハースピーカーが後ろを向いているために独特の重低音を鳴らすことができました。
また、ジャコはロック寄りの曲に歪ませたサウンドを使うことがありましたが、これはアコースティック360に内蔵されているファズ機能を使っていました。このアンプのファズはディストーションぽさもある独特のサウンドで、ジャコは好んで多用していたようです。

このアンプは現在廃盤になっていますが、近いサウンドを作ることができるOne Control / BLUE 360 AIABというプリアンプが販売されています。

また、アコースティック社からは、現在もコンボタイプのベースアンプが販売されています。
アコースティック360の面影を感じるデザインと、良質なベースサウンドが魅力です。25ワットから600ワットまで各種ラインナップがあり、練習用から本番用まで用途に合わせて選ぶことができます。

コーラス(エフェクター)

ジャコはスタジオで録音する時、同じフレーズを重ねどりするダブリングという方法を多用していました。これをライブで再現するためにエフェクターのコーラスを使用していました。
残念ながらジャコが使用していたエフェクターの種類は不明ですが、ベース用のコーラスはこちらがおすすめです。

MXR M83 BASS CHORUSは、ベース用にデザインされたコーラスです。
X-Overボタンでエフェクト効果を100Hz以上にすることにより輪郭をはっきりと聴かせることも可能です。

エレクトロハーモニックスのBASS CLONEは伝説のコーラスペダル「Small Clone」のコア回路を採用したベース専用のコーラスペダルです。ベースの厚みある低音域を損なわないよう、余計なモジュレーションの低音域をカットするCrossoverスイッチを搭載し、クリアなボトムエンドを実現します。


MXR M-113 Digital Delay(ディレイ)

ジャコは短いバッキング・フレーズをディレイを使ってループさせた音に乗せてソロを弾くパフォーマンスを得意としていました。ルーパーなどのエフェクターがなかった時代に、自分の演奏に合わせてソロを弾きたいという発想がすごいと思います。

ループによるプレイにおすすめなのはこちらのエフェクターです。
tc electronic DITTO LOOPERはシンプルで操作のしやすいルーパーペダルです。
録音、アンドゥ/リドゥ、停止、消去といったルーパーの基本的な操作ができます。

BOSS Loop Stationは定番のルーパーペダルです。
これ一台でルーパーとしての機能をすべて備えていて、操作もわかりやすいです。

ジャコの演奏の特徴

ジャコの演奏はフレットレスとは思えないほど音程が正確で、「ドナリー」のような複雑で早いフレーズも多用されます。これはジャコが積み重ねてきた膨大な練習量と、彼の正しい音楽の知識によるものでしょう。

ジャコによる教則ビデオ「modarn electricbass」の中で彼は、「自分のパートだけではなく、他のパートが何をやっているのか知っておく必要がある」と言っています。
特にベーシストであっても、主旋律のメロディを弾けるようにしておくことを推奨しています。また、楽譜が読めることが重要であると言っています。このビデオの中でジャコは自分の音楽やベースに関することをかなり詳しく話してくれます。
ベーシストにはもちろん、音楽を演奏する人全てにお勧めしたい内容です。


ジャコ・パストリアスのサウンドを受け継ぐミュージシャンについて

ジャコ・パストリアスの影響を受けたプロ・ミュージシャンは多くいます。
リチャード・ボナやゲイリー・ウイリス、ヴィクター・ベイリーのようにジャコのスタイルを受け継いで演奏している人も多いです。
そのようなジャコのフォロワー的ミュージシャンでも、その多くはジャコが使っていた楽器や機材と同じものは使いません。フレッテッドベースを使う人も多いです。
ジャコの全てをそのまま真似るのではなく、フレーズや歌い方、ニュアンスを自分のスタイルにうまく取り入れることで、そのスタイルを受け継いでいるのです。

まとめ

以上、ジャコが使用していた楽器や、現在その代わりになる楽器や機材を紹介しました。
今回の記事、参考にしてもらえたらうれしいです。
それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました