ヤマハのサイレントベース YAMAHA SLB300 は自宅練習にもライブにもおすすめ。スペックの解説と、レビューを紹介

コントラバス
この記事は約4分で読めます。

今回の記事では、ヤマハのサイレントベース
YAMAHA SLB300についてのレビューを
紹介します。

家でコントラバスの練習をしたい方や、
ライブで使えるアップライトベースを
探している方にSLB300はおすすめです。

この記事では、SLB300を実際に弾いてみた
レビューをしたいと思います。
この楽器の購入を検討されている方は、
ぜひ参考にしてください。





ヤマハサイレントベースSLB300のスペックについて

SLB300の細かいスペックについては、
こちらをご覧ください。

SLB300の詳しいスペックをサウンドハウスで見る

SLB300に使われている木材は、
メイプルやスプルース、ローズウッドなど
本物のコントラバスと同じなので、
弾き心地がコントラバスと良く似ています。

ヤマハ独自のサウンドシミュレート技術で、
アンプを通した音もアコースティックな
サウンドを得ることができます。

楽器が回転しにくい重心設定や、駒、指板、
ネックなどのパーツがコントラバスと同じ
距離感のため、違和感がありません。

SLB300はアップライトベースでありながら、
弾き心地やサウンドはコントラバスに近い
両方のいいとこ取りの楽器です。

ケース収納時の容積はコントラバスの約25%。
持ち運びにも便利です。

ヤマハサイレントベースSLB300を実際に弾いてみたレビュー

SLB300は、アップライトベースの
中で最もコントラバスに近い楽器です。
ここからレビューしていきます。

<弾き心地について>

特にネックを握る左手の感触は
コントラバスにかなり近いです。
ネックの太さも標準的なコントラバスと
同じくらいで、目をつぶって弾いたら
どっちかわからないほどです。

ネックや指板の表面はさらさらで
弾き心地が良いです。

また、ボディの重さのバランスが良く、
弓弾きもコントラバスと同じフォームで
演奏することができるのが良いです。

指板の仕上げが良く、駒のアジャスター
で弦高を低くしても音がビビらない。
自分で弦高を変えられるのは便利。

<サウンド>
生音はほとんど鳴らないので夜中でも余裕で
練習できます。

家(マンション)の部屋のドアを閉めて弾くと、
部屋の外で生音はまったく聞こえませんでした。

アンプを通した音はアコースティックな音色で、
コントラバスにピックアップをつけて出した音
よりも生音っぽい音です。

本体についているプリアンプも良く効きます。
直感で操作できます。

*********************

弓で弾いても自然な響きが出せます。
クラシックの曲を弾いても、フワッと柔らかい
余韻を出せます。

ピチカートはジャズ、クラシックのどちらでも
良い感じです。低音良く出ます。

ヘッドフォン出力も、音色が自然で良い感じです。


SLB300についての総評

SLB300は練習用としても、ライブなどの
本番用としても優れた楽器です。

コントラバスと同じ感覚で弾き心地で、
生音が小さいのでいつでもどこでも
練習ができます。

これは多くのコントラバス奏者にとって、
とても嬉しいことです。

また、ジャズやポップスなどでは、
本番でも録音でもとても使いやすいです。

アンプを通したときのサウンド調整も
ピックアップを付けたコントラバスよりも
使いやすく、ハウリングも起こりません。
持ち運びにも便利です。

ヤマハサイレントベースSLB300は
こんな人におすすめです。

  • 家でコントラバスを練習したい人。
  • 良い音のアップライトベースが欲しい人。
  • 持ち運びやすいアップライトベースが欲しい人。
  • コントラバスを運ぶのに疲れた人。


まとめ

ヤマハのサイレントベースを初めて
弾いたのはあるライブハウスの
置きベースだったSLB100でした。

その音の良さと、演奏性の高さに
とても驚いたのを覚えています。

現在最新機種のSLB300は、
最もコントラバスに近い
アップライトベースです。

良い音のアップライトベースが欲しい方や、
コントラバスを自宅で練習したいと
考えている方には本当おすすめです。

今回の記事ぜひ参考にしてください。
それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました