YAMAHA ( ヤマハ )のサイレントベースSLB300をおすすめする理由と、SLB300のレビューを紹介

コントラバス
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
しろ
しろ

うちでコントラバスの練習をしたいんだけど、夜は音が気になってできないんですよね。

くろ
くろ

それなら、ヤマハのサイレントベースがおすすめですよ。

しろ
しろ

アップライトベースみたいやつですよね。

くろ
くろ

そうです。
アップライトベースですが、弾き心地がコントラバスと良く似ていて弓で弾いても良い音なのでクラシックの練習もできますよ。

しろ
しろ

それはいいですね。

くろ
くろ

さらに小さく折り畳めるので、場所も取らないし持ち運びにも便利です。

しろ
しろ

もっと詳しく教えて下さい!

くろ
くろ

わかりました。ヤマハサイレントベースの利点と、最新機種SLB300についてのレビューを紹介します。

しろ
しろ

よろしくお願いします。

ヤマハサイレントベースSLB300の特徴

ヤマハサイレントベースSLB300のスペックは以下の通りです。

■材質:
棹:メイプル
胴:スプルース&マホガニー
指板:ローズウッド
ブリッジ:メイプル(高さ調整付)
テールピース:エボニー( リバースタイプ)
ひざ当て:(別売:BKS2)
■弦:ヘリコア ハイブリッドライト<ダダリオ>
■糸巻き:ウォームギア式
■ピックアップ:ピエゾピックアップ
■コントロール:
ボリューム、トレブル、ベース
バイパスボタンoブレンド
マイクタイプ切替ボタン

■電源:単3形乾電池(アルカリまたはニッケル水素)×2(別売)
■寸法・重量:1,692mm× 456mm× 330mm (側板ユニット取付、エンドピン最短状態)
      :弦長1,040mm、約7.2kg
■付属品:ソフトケース、ミュート、六角レンチ

ヤマハのサイレントベースの最新機種であるSLB300は、SRT POWERDシステムという独自のシミュレートシステムによりコントラバスの生音に近い、アコースティックなサウンドを得ることができます。本体にはイコライザーコントロールができるプリアンプが内蔵されていて、アコースティックなサウンドからアンプリファイされたサウンドまで幅広いサウンドメイクが可能。ジャズやポップス、ラテン、クラシックなど、どんなスタイルでも演奏が可能です。
SLB300のフレームや指板、ネックなど、体に当たる部分がコントラバスと同じに作ってあるのでコントラバスと同じ弾き心地で演奏することができます。駒にはアジャスターがついているので、弦高を簡単にセッティングすることができます。


ヤマハ YAMAHA SLB300 サイレントベース 小さな生音でアコースティック楽器に近い自然な演奏性 SRTパワードシステムで「胴共鳴」サウンドを実現
ヤマハ(YAMAHA)
限りなくアコースティックベースに近づいた音質・演奏感と、サイレントベースならではの機能性で、ベーシストの活躍の場を大きく広げます。

ヤマハサイレントベースSLB300のレビュー

SLB300を実際に弾いてみると、コントラバスと変わらない弾き心地に驚きます。
ネックや指板の厚みや、触った感触もコントラバスのそれと変わらず、体に当たる部分にはフレームがついているので、コントラバスと同じフォームで弾くことができます。

生音はかなり小さいので騒音を気にせずにどこでも演奏することができます。アンプに通して出力した時の音色はかなりコントラバスの音色に近く、箱鳴りの響きも感じることができます。本体についているコントロールは効きが良く、用途に合わせたサウンドメイクができそうです。

ヘッドフォン端子はありませんが、ヘッドフォンアンプを使えばベースアンプが無くてもヘッドフォンで出力することができます。ヘッドフォンからの音色もコントラバスの音色に近く、細かいニュアンスも聞き取ることができます。

コントラバスにピックアップをつけてアンプから音を出した場合、どうしてもピエゾ独特の音色になってしまうのですが、SLB300の場合はアンプから出した音がかなりコントラバスの生音に近いです。
特に弓で弾いた時のアコースティックなサウンドは素晴らしく、クラシックの練習をするには最適な楽器です。ピッツィカートもクラシックでもジャズでも使える音色なのでアンプでの音作りに悩んでいたジャズベーシストの方にもおすすめです。

ヤマハ YAMAHA SLB300 サイレントベース 小さな生音でアコースティック楽器に近い自然な演奏性 SRTパワードシステムで「胴共鳴」サウンドを実現
ヤマハ(YAMAHA)
限りなくアコースティックベースに近づいた音質・演奏感と、サイレントベースならではの機能性で、ベーシストの活躍の場を大きく広げます。

ヤマハサイレントベースSLB300の活用方法を紹介

ヤマハのサイレントベースは自宅での練習だけではなく、ライブでも十分使うことができます。アンプから音を出した時アコースティックなサウンドになる様にチューニングされているので、ピックアップをつけたコントラバスよりもアコースティックなサウンドを得ることができます。弓で弾いた時もコントラバスの生音に近いのでクラシックでも使えます。

アンプで音量を稼ぐことができるので、小編成のクラシックからジャズ、ポップス、人数の多いビッグバンドや吹奏楽、ラテンなどあらゆるシーンに対応することができる、かなり汎用性の高い楽器です。
プロの演奏家でも実際のステージやレコーディングでヤマハのサイレントベースを使う方が増えています。

ヤマハ YAMAHA SLB300 サイレントベース 小さな生音でアコースティック楽器に近い自然な演奏性 SRTパワードシステムで「胴共鳴」サウンドを実現
ヤマハ(YAMAHA)
限りなくアコースティックベースに近づいた音質・演奏感と、サイレントベースならではの機能性で、ベーシストの活躍の場を大きく広げます。




まとめ

ヤマハのサイレントベースを初めて触ったのはもう10年以上前で、当時出たばかりのSLB100だったと思います。とあるライブハウスの置きベースだったのですが、音の良さと、コントラバスと違いを感じられない演奏性の高さに衝撃を覚えました。
最新機種のSLB300は、最高にコントラバスらしいアップライトベースとしておすすめです。
自宅練習はもちろん、ライブやレコーディングなどあらゆるシーンで使うことができます。

今回の記事参考にしてもらえたらうれしいです。
それでは、また。

コントラバス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました