ウッドベースの生音に近い音が出せるベースアンプのおすすめ10選を紹介

コントラバス
この記事は約12分で読めます。
しろ
しろ

ウッドベースの音をアンプから出すとき
生音っぽくしたいんです。

くろ
くろ

わかります。
せっかくのウッドベースですからね。

しろ
しろ

なにかおすすめの方法は
ありますか?

くろ
くろ

アンプの出力は大きめの
低音が良く出るものがいいですよ。

しろ
しろ

ふむふむ。

くろ
くろ

100ワットくらいあると
サウンドに余裕が生まれます。

しろ
しろ

なるほど。
他にもありますか?

くろ
くろ

アンプ直だと音が痩せるので
プリアンプを使うといいです。

しろ
しろ

アンプ直でやっていましたが
確かにいまいちでした。

くろ
くろ

ベースアンプのヘッドだけ
持ち歩くのもいいですよ。
いつも同じアンプを使えば
音作りが楽です。

しろ
しろ

なるほど。
おすすめのアンプを
教えてもらえますか。

くろ
くろ

それじゃあここから
おすすめのアンプを紹介します。

しろ
しろ

よろしくおねがいします。

せっかくウッドベースを弾くのなら、
アンプを使う時も生音に近いサウンドで
演奏したいですよね。

ぼくも様々なアンプやピックアップ、
スピーカーなどを試してみましたが、
良いアンプを使えば生音に近いサウンドを得られることがわかりました。

今回は、ウッドベースの生音に近い
音色が出せるアンプなど機材の紹介をします。



ウッドベースに使うベースアンプを選ぶ時のポイント

ウッドベースで使うベースアンプは、出力が大きく、サウンドにクセのないものを選ぶのがおすすめです。

練習用の小さい出力のアンプは中低音が出ないので、ぺらぺらした音になってしまいます。

ウッドベースに使うアンプは、最低でも100ワット以上のものが良いです。

ベースアンプには真空管とトランジスタを使った物がありますが、ウッドベースで使う場合はトランジスタの方が合います。

真空管アンプを使うとサウンドに存在感がありすぎて、不自然な感じがします。

サウンドにクセがないトランジスタアンプを使うことでウッドベースらしいアコースティックなサウンドを得ることができます。

アンプのメーカーでおすすめなのドイツのギャリエンクリューガー、アメリカのPJB ( フィルジョーンズベース)、EDEN(エデン)などです。

これらのメーカーのアンプはいずれもクセのないフラットな音色で、ウッドベースを繋いだときにアコースティックな音色を得ることができます。

ライブなど、外での演奏が多い方には、アンプヘッドを持ち歩くのがおすすめです。

現場のキャビネットにつなげば、いつもと同じサウンドを作ることができます。
最近のベースアンプヘッドは小さくて出力の大きいものも多く、エフェクター感覚で使えて便利です。

ウッドベースでアンプを使う時の音作りについて

ウッドベースは楽器本体の生音も大きいため、アンプの音と楽器の生音がうまくミックスされるように音作りをする必要があります。

アンプから離れすぎると、楽器から出る音とアンプから出る音のタイムラグが生じて演奏し辛いので、あまり離れずに演奏すると良いです。

イコライザーを調整する時は高域を上げすぎず、中域と低域を強調するとウッドベースらしいサウンドになります。

音色が重すぎて弾きにくいと感じる時は、中音域を下げ、ドンシャリ気味のサウンドにすると演奏がしやすいです。




ウッドベースの音作りにおすすめのプリアンプの紹介

ウッドベースの音作りにおすすめなのがペダル型のベース用プリアンプです。

ピックアップからアンプ直のパッシブ状態だと、音が痩せて低音が出にくく、音作が難しくなります。
でも、プリアンプを使うと音の存在感が増して、音作りもやりやすくなります。

プリアンプからアンプのリターンに直接つなげば、アンプ本体のプリを通さずに、自分のプリアンプだけで音作りができます。

プリアンプを選ぶ時は、なるべくフラットなサウンドを作れる物がおすすめです。
ここからウッドベースで使いやすいプリアンプをいくつか紹介します。

MXR ( エムエックスアール ) M80 Bass D.I. +

楽器の音色をそのまま生かすプリアンプで、ウッドベースを繋いだ時も自然なサウンドを作りやすいです。
エレキベースでも使えるのでウッドとエレキの両方弾く方にもおすすめです。

MXR M80 Bass D.I.+
MXR
ギターエフェクター/ディストーション・オーバードライブ


L.R.Baggs ( エルアールバックス ) Session DI

アコースティックの楽器に特化したプリアンプです。
イコライザーに加えてサチュレーションやコンプEQを用いて細かい音作りができます。

コントロールはシンプルで、直感で操作することができます。
完全アナログ回路によりナチュラルでクオリティの高いサウンドを得ることができるプリアンプです。




FISHMAN(フィッシュマン) PLATINUM STAGE EQ/DI

スイッチを切り替えることでベースとギターに使うことができるプリアンプです。
ヘッドルームの広いクラスAプリアンプ(ディスクリート回路)を搭載し、歪みが少ないナチュラルなサウンドを得ることができます。

Fishman Platinum Stage EQ/DI Analog Preamp
FISHMAN
小型・軽量のみならず、素早く心地よいレスポンスを実現する、クラスA・ディスクリート回路を採用


ベース用のピックアップとプリアンプに関してはこちらの記事も参考にして下さい。






ウッドベースにおすすめのベースアンプの紹介

それではここからウッドベースで使いやすいベースアンプのおすすめを紹介します。

前半でコンボアンプ、後半でアンプヘッドを紹介します。

GALLIEN-KRUEGER / MB150S-III 112

MB150S-III 112は、最大出力100ワットで12インチのスピーカーを搭載したコンパクトなコンボアンプです。
4バンドのイコライザーに加えてローカット、ローブースト、ハイブースト、ミドルをカットするcontour、リミッターなどが搭載されているのでアンプ単体で多彩なサウンドを作ることができます。

持ち運びにも便利で、ジャズベーシストの定番のアンプです。



EDEN / EC15

EC15は180wの出力、15インチのスピーカーを搭載したパワフルなコンボアンプです。

コントロールにはイコライザーに加え、エデン独自のハイエンスコントロールやコンプレッサーが搭載されています。

本格的な仕様だけどリーズナブルで、コストパフォーマンスに優れています。

EDEN EC15
Eden
出力:180W、 スピーカー:1×15"、 外部入力:3.5mmジャック×1 、ヘッドホン出力:1/4"ジャック×1



PJB ( フィルジョーンズベース ) / Bass CUB II

Bass CUB IIはフィルジョーンズのコンパクトなコンボアンプです。

シンプルなコントロールは直感で操作ができ、サイズからは想像できないくらいの音量と、ナチュラルかつパワフルなサウンドを得ることができるアンプです。

ピチカートでも弓でも自然な良い音色が得られ、ウッドベースで使うのにぴったりのモデルです。

PHIL JONES BASS BASS CUB 2
PHIL JONES BASS
PJB フィルジョーンズベース ベースカブ2



TC ELECTRONIC / BH250 (アンプヘッド)

BH250は、パワフルで超軽量なアンプヘッドです。
ナチュラルなサウンドはエレキベースでもウッドベースでも使いやすいです。

独自の機能であるTonePrintテクノロジーを使えば、様々なエフェクターのシミュレートも可能で、多彩なサウンドメイクができます。

多機能でリーズナブル、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

TC ELECTRONIC/ BH250
ティーシーエレクトロニック(Tc Electronic)
ギグ・バッグのポケットに収納できるコンパクトなサイズ、重量わずか 1.8 kg、そして 250 W のパワー。


HARTKE / TX300 (アンプヘッド)

TX300は最大出力が300ワットのアンプヘッドです。

いい意味でハートキーらしくない、ナチュラルでクリアなサウンドです。
エレキからウッドベースまでどんな楽器でも使いやすいです。
コントロールはシンプルで、直感でサウンドメイクが可能。
コンパクトなので持ち運びにも便利です。

HARTKE / TX300
Hartke
Hartkeオリジナルのシェイプ回路を備えたアクティブな3バンドEQを備えたベースアンプ。ドライブセクションを搭載し、サウンドに温かみを与えるだけでなく、強力なファズサウンドまで幅広い歪みをカバー。高品位なコンプレッサーも内臓した画期的なベースアンプ。


GALLIEN-KRUEGER / MB-200 (アンプヘッド)

MB-200は4オームで最大200ワット、1キロ以下の超軽量アンプヘッドです。

クリアな芯のあるサウンドで、ローが良く鳴ります。
コントロールもシンプルで、直感で操作ができます。

そのコンパクトなサイズからは考えられない、パワフルなサウンドの素晴らしいアンプヘッドです。

GALLIEN-KRUEGER MB-200
GALLIEN-KRUEGER
ギャリアンクルーガー マイクロベースシリーズ ヘッド 200W



GALLIEN-KRUEGER ( ギャリエンクルーガー ) / MB-500

MB-500は上で紹介したMB-200の上位機種で、最大出力が4Ωで500ワットのアンプヘッドです。出力が大きい分余裕のあるサウンドになります。

芯のあるクリアなサウンドはどんなジャンルにもマッチし、付属のブーストフットスイッチを使えばアンプ単体で即座に歪ませることもできます。
1.7kgと軽量で、ギグバッグのポケットにも入るくらいコンパクトなので持ち運びにも便利です。



AGUILAR / Tone Hammer 350

Tone Hammer 350は、アギュラーのTone Hammerというペダルプリアンプを組み込んだアンプヘッドです。コンパクトですが出力は最大350ワットとパワフルです。

実際に音を出してみると良い音すぎて驚きます。
Tone Hammer 350を使うと音の存在感が増し、フレーズが生き生きと気持ちよく歌えます。
一度使うと手放せなくなるサウンドのアンプです。

AGUILAR / Tone Hammer 350
AGUILAR
Tone Hammerペダルのプリアンプ部を組み込んだ、超軽量ベース・ヘッドアンプ


まとめ

最近のジャズではウッドベースは生音に近いものが好まれているようです。生音に近いウッドベースのサウンドはベーシストにとっても一緒にやるプレイヤーにとっても心地よいと思います。
ぜひ良いアンプを見つけて演奏を楽しんでもらえればと思います。

今回の記事参考にしてもらえたらうれしいです。
では、また。

コントラバス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました