コントラバス弦の種類と比較、ここから選べばOK。おすすめの弦も紹介。

コントラバス
この記事は約17分で読めます。
スポンサーリンク
しろ
しろ

コントラバスの弦って種類が多いですよね。

くろ
くろ

そうですね。メーカーも多いし、種類も多い。

しろ
しろ

どうやって選べばいいですか?
値段が高いから失敗したくないんですよ。

くろ
くろ

それぞれの弦に特徴があるので、演奏のスタイルや好みに合わせて選んでください。

しろ
しろ

クラシックとか、ジャズとか。

くろ
くろ

そうです。
あとは、クラシックでもソロかオケでも使い分けたり。

しろ
しろ

詳しく教えてもらえますか。

くろ
くろ

わかりました。
ここからそれぞれの弦の特徴をくわしく紹介していきます。

白ペンギン
白ペンギン

よろしくお願いします!

  1. コントラバス弦の選ぶポイント
  2. コントラバスの弦の各素材について
      1. ガット弦
      2. ナイロン弦
      3. コントラバス弦の素材③スティール弦
  3. コントラバス弦の種類と、それぞれの特徴の比較
      1. Thomastik(トマスティーク)/Spirocore(スピロコア)
      2. Thomastik(トマスティーク)/Belcanto(ベルカント)
      3. Thomastik(トマスティーク)/Dominant(ドミナント)
      4. Thomastik/Super Flexible
      5. D’Addario(ダダリオ)/Helicore Orchestra(ヘリコアオーケストラ)
      6. D’Addario(ダダリオ)/Helicore Hybrid(ヘリコアハイブリッド)
      7. D’Addario(ダダリオ)/Prelude(プレリュ-ド)
      8. D’Addario(ダダリオ)/Zyex(ザイエックス)
      9. D’Addario(ダダリオ)/Kaplan(カプラン)
      10. Pirastro(ピラストロ)/Chromcor(クロムコア)
      11. Pirastro(ピラストロ)/Obligato(オブリガート)
      12. Pirastro(ピラストロ)/Jazzer(ジャザー)
      13. Pirastro(ピラストロ)/Evah Pirazzi(エヴァピラッツィ)
      14. Pirastro(ピラストロ)/Evah Pirazzi Slap(エヴァピラッツィ スラップ)
      15. Pirastro(ピラストロ)/Permanent(パーマネント)
      16. Pirastro(ピラストロ)/Flexocor(フレクソコア)
      17. Pirastro(ピラストロ)/Original Flexocor(オリジナルフレクソコア)
      18. Pirastro(ピラストロ)/Flexocor Deluxe(フレクソコアデラックス)
      19. Pirastro(ピラストロ)/Flat Chromesteel(フラットクロムスチール)
      20. Pirastro(ピラストロ)/Original Flat Chrome(オリジナルフラットクロム)
      21. Pirastro(ピラストロ / Passione(パッシオーネ)
      22. Pirastro(ピラストロ)/Oliv(オリーブ)
      23. Pirastro(ピラストロ)/Eudoxa(オイドクサ)
      24. Pirastro(ピラストロ)/Chorda(コルダ)
      25. Jargar(ヤーガー)/Jargar(ヤーガー)
      26. LA BELLA ( ラベラ ) / 7710N Black Nylon Tape Wound
  4. まとめ

コントラバス弦の選ぶポイント

コントラバスの弦は各メーカーで特徴の違う弦をいろいろと製造しています。
素材、テンションの強さ、寿命、サスティーンの長さ、音色の明るさ、音の大きさなどポイントはいろいろありますが、一番重視すべきはやはり音色です。楽器の音は弾いている本人が一番聴いているので当たり前ですが自分の一番好きな音の弦を選びましょう。
ここからいろいろな弦の特徴を紹介していくのでぜひ参考にして下さい。

コントラバスの弦の各素材について

コントラバスの素材はスティール弦、ナイロン弦、ガット弦の3種類があり、それぞれ違う特徴があります。まずはここから各素材の特徴を紹介していきます。

ガット弦

ガット弦は羊の腸を束ね、銀などの金属を巻いて作られます。
その音色は柔らかく上品で、まさに極上です。「値段が高い」「寿命が短い」「音量が小さい」などデメリットが多いですが、何物にも代えがたい素晴らしい音色です。
スティール弦に比べてテンションが弱いので左手が押さえやすく、ジャズのピチカートも楽に弾くことができます。
何も巻いていないガット弦はプレーンガットと呼ばれ、比較的安価ですが素材が素材なので弾いた後の手がソーセージのような匂いになります。

白ペンギン
白ペンギン

ソーセージ!

ナイロン弦

ナイロン弦はガット弦の代替え品として開発されました。
クラシックギターの弦のように柔らかくクリアで歯切れのよい音色が特徴です。値段は比較的安いものが多いですがスティール弦と比べると寿命が短いというデメリットがあります(ガット弦よりは長いですが)。
ガット弦よりはかなり安いので、ガットを使ってみたい方にもおすすめです。

白ペンギン
白ペンギン

ナイロン弦はおトクなんだね!

コントラバス弦の素材③スティール弦

コントラバス弦の現代の主流はスティール弦であると言えます。
音量が大きく、耐久性があり、音色も良い物が多いです。ジャズ向け、クラシック向けなど様々な種類があるので演奏のスタイルや好みに合わせて選ぶことができます。
よほどのこだわりがない限りはスティール弦をおすすめします。

白ペンギン
白ペンギン

それぞれに良さがありますね。

コントラバス弦の種類と、それぞれの特徴の比較

くろ
くろ

それではここからそれぞれの弦の紹介をしていきます。

Thomastik(トマスティーク)/Spirocore(スピロコア)

トーマスティック社製の定番のスティール弦です。明るい音色でレスポンスが早く、ジャズやポップスなどでよく使われます。
ピチカートのサスティーンが長く、新しい時の音色は少しギラっとしています。当たりが柔らかく、軽く弾くだけで十分に響きます。この弦を使ってアンプから音を出すと、70〜80年代頃のジャズのベースのサウンドになります。古くなってスティールの巻きがほどけてきたら替え時です。


Thomastik(トマスティーク)/Belcanto(ベルカント)

トーマスティック社製のスティール弦です。スピロコアに似ていますがよりあたたかみのある音色で、反応が早く、サスティーンは自然な長さです。テンションが弱めでジャズのピチカートにも向いています。スピロコアよりも落ち着いた音色なので、クラシックとジャズのどちらでも使えます。




Thomastik(トマスティーク)/Dominant(ドミナント)

トマスティーク社製のナイロン弦です。ガット弦のような柔らかい感触と音色で、音の立ち上がりが早いです。細かいニュアンスを表現しやすいのでソロを弾くのにもおすすめです。

Thomastik-Infeld DOMINANT ORCHESTRA コントラバス弦 GDAEセット
THOMASTIK
Thomastik-Infeld(トマスティック・インフェルト)社は、オーストリアのウイーンで、バイオリンの製作家と技術者の共同によって設立! 全世界的に圧倒的な支持を得ているブランドです。

Thomastik/Super Flexible

トマスティック社製のロープコアという構造で作られたスティール弦です。
力強い音色で、反応が早くアルコでもピチカートでも弾きやすいです。値段が多少安いので、手頃な値段の弦を探している方におすすめです。




D’Addario(ダダリオ)/Helicore Orchestra(ヘリコアオーケストラ)

ダダリオ社製のスティール弦です。ピチカートでも弓でも音の立ち上がりが早いです。
弦のテンションは弱めで楽に弾くことができます。上品な柔らかい音色で、細かなニュアンスを表現しやすく、クラシック、ジャズの両方で使えます。

Helicore (D'Addario Bowed Strings) Orchestral Bass Strings H610
Helicore
コントラバス(ダブルベース)弦のセットです。ミディアムテンション



D’Addario(ダダリオ)/Helicore Hybrid(ヘリコアハイブリッド)

こちらは上で紹介したヘリコアの、弓弾きとピチカートのハイブリッド版です。
音色の特徴はヘリコアとほぼ同じですが、ヘリコアと比べると多少サスティーンが短めで、ピチカートの歯切れが良いです。




D’Addario(ダダリオ)/Prelude(プレリュ-ド)

ダダリオ社製のスティール弦です。
テンションが低めで反応が早く、音が楽に出せるので初心者にも弾きやすいです。比較的値段が安いのもメリットです。小中学生のコントラバスを弾くにはまだ体が小さい子供にもおすすめです。




D’Addario(ダダリオ)/Zyex(ザイエックス)

ダダリオ社製のザイエックスは比較的新しく発売されたもので、新素材がコアに使われています。反応が早く、ナイロン弦に弾き心地が似ています。ナイロン弦のオブリガードに似ているのですが、オブリガードよりも張りが強く、芯のある音です。オブリガードを弾いてちょっと物足りないと感じた人におすすめです。



D’Addario(ダダリオ)/Kaplan(カプラン)

ダダリオ社製カプランも比較的新しい弦です。音色が柔らかく、サスティーンが長いのが特徴です。反応が早く、力を入れずに楽に音を出すことができます。ソロ弦もあります。

Pirastro(ピラストロ)/Chromcor(クロムコア)

クロムコアは、シングルコア、シングルロープ構造のため張りが強いため反応が早く、力強い音色が特徴です。
オーケストラの現代曲などに良く合います。




Pirastro(ピラストロ)/Obligato(オブリガート)

オブリガートは、クラシックでもジャズでも良く使われているナイロン弦です。
反応が早く、柔らかい音色でガット弦に近いニュアンスで弾くことができます。
ナイロン弦なのでスティール弦と比べると多少寿命が短いですが、ガットに比べたら相当安いので試してみる価値は十分あると思います。
スティール弦には出せない、ガット弦の柔らかい音色を求めている人におすすめです。




Pirastro(ピラストロ)/Jazzer(ジャザー)

ジャザーはその名前の通り、ジャズの演奏用に作られた弦です。
長いサスティーンとピチカートの歯切れの良さが特徴で、ジャズ系の演奏がしやすいです。
ベースラインも弾きやすいですが、音をつなげやすいのでソロが弾きやすく、幅広い表現がしやすい弦です。



Pirastro(ピラストロ)/Evah Pirazzi(エヴァピラッツィ)

エヴァピラッツィはナイロン弦で、テンションが柔らかくて弾きやすい弦です。
音の立ち上がりが良くて上品な音色でアルコとピチカートのどちらも良く鳴ります。ナイロン弦ですがオブリガードとはちょっと違うサウンドで、細かいニュアンスが表現しやすい弦です。




Pirastro(ピラストロ)/Evah Pirazzi Slap(エヴァピラッツィ スラップ)

エヴァピラッツィスラップはロカビリーのスラップに特化した弦です。
サスティーンが長く、弦のテンションが弱くて押さえやすいです。スラップもしやすいですが、ジャズなどの演奏にも向いているので両方演奏する方にもおすすめです。


Pirastro(ピラストロ)/Permanent(パーマネント)

パーマネントはロープコアのスティール弦です。
輪郭がはっきりして、音色が明るいです。
歯切れがよいサウンドで、アルコ、ピチカート両方に向いています。
明るくて力強いサウンドで、クラシックの現代曲などに使うと良く合います。




Pirastro(ピラストロ)/Flexocor(フレクソコア)

フレクソコアは、クラシックでよく使われる弦です。
音色は太く、甘い音色の弦です。
サスティーンは自然で、きれいに減衰するのでコントロールしやすいです。
クラシック、ジャズどちらでも使えるおすすめの弦です。




Pirastro(ピラストロ)/Original Flexocor(オリジナルフレクソコア)

こちらもクラシックでよく使われる弦です。
音色は甘くて太く、フレクソコアと比べてさらに重厚な響きが心地よいです。
フレクソコア同様、サスティーンは自然で、きれいに減衰するのでコントロールしやすいです。

クラシック、ジャズどちらにもおすすめです。
上で紹介した、ただの「フレクソコア」よりもこちらの「オリジナルフレクソコア」の方が値段が高いですが、音の良さだけでも、値段が高いだけの価値はあります。



Pirastro(ピラストロ)/Flexocor Deluxe(フレクソコアデラックス)

フレクソコアデラックスは明るくて力強い音色が特徴の弦です。
名前にフレクソコアとありますが、オリジナルフレクソコアとは音の傾向が違い、こちらの方が音色が明るく、サスティーンが長めです。
ジャズ、クラシック両方使えます。
テンションが柔らかめで楽に音量が出るので、初心者の方にもおすすめです。


Pirastro(ピラストロ)/Flat Chromesteel(フラットクロムスチール)

フラットクロムスチールは、クラシックの演奏によく使われる弦で、音色は明るく、太くて甘い音色です。
フレクソコアと比べるとサスティーンは長めですが、自然に減衰するのでサウンドのコントロールがしやすいです。
クラシック向きの弦とされていますが、クラシック、ジャズどちらにもおすすめです。


Pirastro(ピラストロ)/Original Flat Chrome(オリジナルフラットクロム)

オリジナルフラットクロムはクラシックでよく使われる弦です。
明るく、太いコントラバスらしい音色が特徴で、スティール弦の中ではオリジナルフレクソコアと並んで最上級の弦です。
クラシック向きの弦とされていますが、クラシックとジャズ、どちらにもおすすめできます。
サスティーンも自然で、コントロールしやすく全てのベーシストにおすすめです。

Pirastro Original Flat-Chromesteel オリジナルフラットクロムスチール コントラバス弦 セット
ピラストロ
オーケストラで最もポピュラーなスチール弦の一つ。重厚で力強く暖かな音色。




Pirastro(ピラストロ / Passione(パッシオーネ)

パッシオーネはスティールですが、ガットのサウンドに似せて作られた弦です。
弦のテンションが少し柔らかく、反応が早くて弾きやすいです。
アルコで弾くと柔らかくて温かい音色で、ソロからオーケストラまでこなせます。
また、ジャズのピチカートでも歯切れ良く、弾いていて気持ちの良い弦です。




Pirastro(ピラストロ)/Oliv(オリーブ)

オリーブはガット弦(巻弦)です。
ガット弦らしくテンションは弱く、スティール弦と比較すると弾き心地がだいぶ違います。
音量は多少小さめですが、上品で柔らかい音色で、細かいニュアンスも表現しやすいです。最高のサウンドと弾き心地ですが、値段が高くて寿命が短いのがネックです。




Pirastro(ピラストロ)/Eudoxa(オイドクサ)

上で紹介したオリーブと同様に、人気のガット弦です。
テンションが弱く、しっとりとした滑らかな音色です。

オイドクサの様なガット弦はクラシックで使ってももちろん良いのですが、豊かで歯切れの良いピチカートのサウンドも極上で、ジャズに使うと最高です。テンションが弱いのでソロで速いパッセージも楽々弾けて、音色も最高です。

Pirastro ピラストロ / Eudoxa オイドクサ(コントラバス弦 GDAEセット)
EUDOXA
Pirastro(ピラストロ )社の Eudoxa(オイドクサ)コントラバス弦(GDAE)4弦セットです。




Pirastro(ピラストロ)/Chorda(コルダ)

バロック楽器に向けて作られている弦で、G線とD線は巻き線の無い生ガットの弦です。
ボールエンドが無いので自分で作らなければいけません。ガット弦のため、音量は小さめです。生ガットの弦は指が滑らないのでスライドがしにくく、工夫が必要になります。ベビーパウダーのような粉を弦につけると弾きやすくなります。




Jargar(ヤーガー)/Jargar(ヤーガー)

デンマークのメーカーであるヤーガーのスチール弦です。
音色は明るく、柔らかいです。
テンションは弱めなので押さえやすいです。




LA BELLA ( ラベラ ) / 7710N Black Nylon Tape Wound

ブラックナイロンにテープを巻いた特殊なコントラバス弦で、ジャズベーシストのロンカーターが使用していたことで有名です。

ピチカートで弾くとサスティーンが長く、アタックが強いです。
弓で弾くとゴリゴリして少し大味な音色なので、クラシックには使いにくいと思いますが、ピチカートで粘りのある、サスティーンの長いサウンドを求めている人にはおすすめです。

この弦はブラックナイロンですが、7710Tというホワイトナイロンを使った弦もあります。
こちらはロンカーターが開発に加わった弦で、ブラックナイロンよりもクリアなサウンドになります。



まとめ

コントラバスの弦は、ジャズ用、クラシック用などと分けられることがあるのですが、良い弦はどちらに使っても良いです。

ジャズ用とされている弦はサスティーンが長めで、テンションが柔らかいことが多いのですが、フラットクロムオリジナルなど、音が自然に減衰する弦の方がジャズで使っても合っていると思います。その方がアンプに通した時も生音に近いニュアンスを出すことができます。
弦は、楽器との相性や、弾く人の好みもあるので実際に使ってみないとわからないところもあるので、ぜひ色々と試してみてください。

今回の記事参考にしてもらえたらうれしいです。
それでは、また。

コントラバス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました