コントラバス弦の種類と比較、ここから選べばOK。おすすめの弦も紹介。

こんにちは。
コントラバスの弦は何を使っていますか?

コントラバスの弦は値段も高いし、一度張ったらしばらく変えることができないので選ぶのも慎重になりますよね。

意外と種類も多いので、それぞれの特徴がわかれば選ぶ参考にできると思います。

今回の記事ではコントラバスの弦の種類ごとの特徴と、弦を選ぶ時のポイント、ぼくの個人的なおすすめを紹介します。

  1. コントラバス弦の選ぶポイントとおすすめの弦
  2. コントラバス弦の種類と、それぞれの特徴の比較
    1. Thomastik(トマスティーク)/Spirocore(スピロコア)
    2. Thomastik(トマスティーク)/Dominant(ドミナント)
    3. Thomastik(トマスティーク)/Belcanto(ベルカント)
    4. Thomastik(トマスティーク)/Super Flexible(スーパーフレキシブル)
    5. D’Addario(ダダリオ)/Helicore Orchestral(ヘリコアオーケストラ)
    6. D’Addario(ダダリオ)/Helicore Hybrid(ヘリコアハイブリッド)
    7. D’Addario(ダダリオ)/Prelude(プレリュ-ド)
    8. D’Addario(ダダリオ)/Zyex(ザイエックス)
    9. D’Addario(ダダリオ)/Kaplan(カプラン)
    10. Pirastro(ピラストロ)/Chromcor(クロムコア)
    11. Pirastro(ピラストロ)/Obligato(オブリガート)
    12. Pirastro(ピラストロ)/Jazzer(ジャザー)
    13. Pirastro(ピラストロ)/Evah Pirazzi(エヴァピラッツィ)
    14. Pirastro(ピラストロ)/Evah Pirazzi Slap(エヴァピラッツィ スラップ)
    15. Pirastro(ピラストロ)/Permanent(パーマネント)
    16. Pirastro(ピラストロ)/Flexocor(フレクソコア)
    17. Pirastro(ピラストロ)/Original Flexocor(オリジナルフレクソコア)
    18. Pirastro(ピラストロ)/Flexocor Deluxe(フレクソコアデラックス)
    19. Pirastro(ピラストロ)/Flat-Chromesteel(フラットクロムスチール)
    20. Pirastro(ピラストロ)/Original Flat Chrome(オリジナルフラットクロム)
    21. Pirastro(ピラストロ)/Passione(パッシオーネ)
    22. Pirastro(ピラストロ)/Oliv(オリーブ)
    23. Pirastro(ピラストロ)/Eudoxa(オイドクサ)
    24. Pirastro(ピラストロ)/Chorda(コルダ)
    25. Pirastro(ピラストロ)/Pizzicato(ピチカート)
    26. Jargar(ヤーガー)/Jargar(ヤーガー)
  3. まとめ。コントラバスの弦は自分で使ってみないとわからない。

コントラバス弦の選ぶポイントとおすすめの弦

コントラバスの弦は種類も多く、値段もばらつきがあります。
しかも、それぞれの種類で弾き心地や音が全然違います。

それでも同じメーカーのものは、似た傾向になるので気に入ったメーカーを見つけたら同じメーカーの別の種類を試したりして、自分に合った弦を見つけましょう。

弦にはスティール弦、ナイロン弦、ガット弦の3種類があります。

ガット弦は弾き心地も柔らかく、反応も早い弦です。
ガットの巻弦は高価な上、寿命が短いので、よほどこだわりがない限り選択肢に入れなくてもいいと思います。

何も巻いていないガット弦は比較的安価なものがありますが、羊の腸が素材のため手がソーセージの匂いになります。

ガット弦の代替え品がナイロン弦になり、音色は柔らかく反応が早いです。
割と安価なものが多いですが、こちらもスティール弦と比べると寿命が短く、安くても買い換えるスパンが短くなります。ジャズなどでピチカートをメインに弾くのに向いています。

スティール弦は品質の良いものは寿命も長く、音色も良いものが多いのでぼくはスティール弦を使っています。
一番のおすすめはPirastro(ピラストロ)のOriginal Flexocor(オリジナルフレクソコア)かOriginal Flat-chrome(オリジナルフラットクロム)です。
これはあくまで、ぼくの個人的な好みですが、どちらも甘く、深い音色で鳴ります。
弦のテンションはどちらも多少強めですが慣れると弾きやすく、スピロコアのように巻きがほどけることもありません。寿命も長く、1年くらいは使っています。


楽器を買った時についてくる弦は、いい弦じゃないことが多いので、すぐに替えましょう。
質の悪い中国製の弦だったりすると指を痛めたり、楽器の指板を傷つけたりする恐れもあります。

コントラバス弦の種類と、それぞれの特徴の比較

Thomastik(トマスティーク)/Spirocore(スピロコア)

スティール弦です。
クラシック以外の、ジャズなどでよく使われます。
明るい音色で、反応も早いです。

サスティーンは長め、音色は多少癖があってギラギラした感じです。
弾きかたによっては音が暴れるので扱いづらいかもしれません。

弾き心地は良いですが、弦の寿命は多少短めです。
古くなってくると巻きがほどけてきます。

この弦でアンプから音を出すと、80年代くらいのジャズの音色になります。
ソロ弦もあります。

Thomastik(トマスティーク)/Dominant(ドミナント)

バイオリン弦などでよく使われるドミナントです。
ナイロン弦です。
ナイロン芯のためガットのような柔らかい音色で、音の立ち上がり早いです。

ナイロン弦は鳴りは良いですが、低音がスティール弦に比べると多少弱い気がします。
オーケストラよりは、ソロなどに向いてるかもしれません。

Thomastik(トマスティーク)/Belcanto(ベルカント)

スティール弦です。
スピロコア系のギラッとした、多少クセのある音です。
明るい音色で、反応が早いです。

サスティーンは長めです。ピチカートの減衰が遅くてアタックは弱めです。
弾き心地は良いです。弦の寿命は多少短めです。
古くなってくると巻きがほどけてきます。

Thomastik(トマスティーク)/Super Flexible(スーパーフレキシブル)

低価格のスティール弦です。
安いけど寿命が短いので、初めからいい弦を買ったほうがいいかもしれません。
スピロコア系のやや派手な音色です。

D’Addario(ダダリオ)/Helicore Orchestral(ヘリコアオーケストラ)

スティール弦です。
ピチカートでもアルコでも音の立ち上がりがよく、クリアな音色の弦です。
テンションは弱め、サスティーン長めで、ピチカートのアタックが多少弱いかもしれません。
弦の寿命は短いです。
クラシックでもジャズでも両方いけるバランスの良い弦です。

D’Addario(ダダリオ)/Helicore Hybrid(ヘリコアハイブリッド)

上のヘリコアの、アルコとピチカートのハイブリッド版です。
弦の特徴は同じ様なものです。多少サスティーンが短めで歯切れがよくなった感じです。

D’Addario(ダダリオ)/Prelude(プレリュ-ド)

初心者向けにローテンションの弦です。
値段が安いので始めたばかりの人にいいかもしれません。

D’Addario(ダダリオ)/Zyex(ザイエックス)

柔らかい音色と、サスティーンの長さが特徴の弦です。
反応が早く、ナイロン弦の様な弾きごごちです。
コントラバスの弦の中では比較的新しい弦で、新しい素材がコアに使われた弦だそうです。

D’Addario(ダダリオ)/Kaplan(カプラン)

こちらもコントラバスの弦の中では、比較的新しい弦です。
柔らかい音色と、サスティーンの長さが特徴です。ソロ弦もあります。

Pirastro(ピラストロ)/Chromcor(クロムコア)

明るい音色でピッチカートの歯切れが良い弦です。
価格が安いので学生さんや初心者の人におすすめです。

Pirastro(ピラストロ)/Obligato(オブリガート)

ナイロン弦です。

音の立ち上がりが良く、音色が柔らかくてアルコとピチカート、どちらも弾きやすい弦です。

ナイロン弦のため、寿命が短いです。価格が比較的安いのでナイロン弦を使ってみたい人は試しに使ってみるといいかもしれません。

Pirastro(ピラストロ)/Jazzer(ジャザー)

長いサスティーンが売りの弦で、名前からもジャズのピチカート向けの弦です。
ジャズのベースは実際に弾いてみると音が伸びることよりも、アタックの輪郭と音の減衰の方が大事だとぼくは思っています。

サスティーンの長い弦はジャズ向きだとよく言われますが、スピロコア、ダダリオ、などのサスティーンの長い弦は実はジャズを弾いていると使いにくい。と思っています。

サスティーンの長い弦は、ロンカーターの様な限定されたスタイルで弾きたい人向けだと思います。
ジャズを弾いている人で、アンプに通した時に生音みたいに鳴らしたい人は、むしろ減衰の早い弦の方がそれっぽくなります。

Pirastro(ピラストロ)/Evah Pirazzi(エヴァピラッツィ)

ナイロン弦のため、テンションが柔らかく弾きやすいです。
音色が柔らかく、音の立ち上がりが良い弦です。
アルコとピチカート、どちらもいけます。
ナイロン弦のため、寿命が短いです。

Pirastro(ピラストロ)/Evah Pirazzi Slap(エヴァピラッツィ スラップ)

非常に珍しい、ロカビリー・スラップベースプレイヤーのための弦です。
弾いたことはないですが、スラップ奏法をするひとは一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

Pirastro(ピラストロ)/Permanent(パーマネント)

輪郭のはっきりした明るい音色。
サスティーンはあまり長くないので歯切れがよいサウンドです。
アルコ、ピチカート両方に向いています。

Pirastro(ピラストロ)/Flexocor(フレクソコア)

クラシックでよく使われる弦です。音色は太く、甘い音色です。
サスティーンは長くなく、きれいに減衰するのでコントロールしやすいです。
クラシック向きの弦とされていますが、クラシック、ジャズどちらにもおすすめです。

Pirastro(ピラストロ)/Original Flexocor(オリジナルフレクソコア)

こちらもクラシックでよく使われる弦です。音色は太く、甘く、フレクソコアと比べると重厚な響きが弾いていて気持ちいいです。
フレクソコア同様、サスティーンは長くなく、きれいに減衰するのでコントロールしやすいです。
クラシック、ジャズどちらにもおすすめできます。
オリジナルの方が値段が高いのですが、一度この弦を使うとフレクソコアには戻れない、いい弦です。

Pirastro(ピラストロ)/Flexocor Deluxe(フレクソコアデラックス)

音色は明るめでテンションが弱く、サスティーンが長めの弦です。
フレクソコアと名前が同じですが、音の傾向が違います。

Pirastro(ピラストロ)/Flat-Chromesteel(フラットクロムスチール)

クラシックでよく使われる弦です。音色は明るめ、太く、甘い音色です。
フレクソコアと比べるとサスティーンは長めですが、自然に減衰するのでコントロールしやすい弦です。クラシック向きの弦とされていますが、クラシック、ジャズどちらにもおすすめです。

Pirastro(ピラストロ)/Original Flat Chrome(オリジナルフラットクロム)

クラシックでよく使われる弦です。音色は明るめ、太く、甘い音色です。
フラットクロムと比べると重厚な響きが弾いていて気持ちいいです。
サスティーンは長めですが、自然に減衰するのでコントロールしやすい弦です。クラシック向きの弦とされていますが、クラシック、ジャズどちらにもおすすめです。

Pirastro(ピラストロ)/Passione(パッシオーネ)

明るくて暖かい音色の弦です。弾きやすく、反応が早い弦で音量も十分でます。
オーケストラ、ジャズ、両方いける弦だと思います。

Pirastro(ピラストロ)/Oliv(オリーブ)

高級ガットの巻弦です。テンションは低く、スティール弦とだいぶ弾き心地が違います。
音量は抑えめですが柔らかく上品な音色で、細かいニュアンスも表現しやすい弦だと思います。
最高のサウンドと弾き心地ですが、値段が高くて寿命が短いのがネックとなります。

Pirastro(ピラストロ)/Eudoxa(オイドクサ)

オリーブとともに人気のガット弦です。張りが柔らかく、しっとりとした滑らかな音色です。
ガット弦はクラシックも良いですが、その豊かで歯切れの良いサウンドはジャズで使ってもよく合います。

Pirastro(ピラストロ)/Chorda(コルダ)

バロック楽器に向けて作られている弦で、GDは巻線の無い生ガットです。
ボールエンドは自分で作る必要があります。音量は小さめです。

Pirastro(ピラストロ)/Pizzicato(ピチカート)

コルダと同じプレーンガットに金属の巻き線をしたものです。
弾きやすさと音量がアップしています。

Jargar(ヤーガー)/Jargar(ヤーガー)

デンマークのメーカーによるスチール弦。明るく柔らかい音色です。
弾き心地は柔らかめで多少サウンドが軽いかもしれません。

まとめ。コントラバスの弦は自分で使ってみないとわからない。

いろいろなコントラバスの弦を紹介しました。
それぞれの弦の感想は、ぼくが実際に使った感想になるのですが、参考にしてもらえればと思います。
コントラバスの弦は、ジャズ用とかクラシック用とか分けられることがあるのですが、いい弦はどっちで弾いてもいいです。ジャズ用とされている弦はサスティーンが長く、テンションが軽めのことが多いのですが、フラットクロムオリジナルなどの自然に減衰する弦の方がぼくはジャズにも合っていると思います。その方がアンプに通した時に生音に近いニュアンスを出すことができるからです。

弦の特徴はyoutubeなどの試奏動画なども参考にできると思います。
楽器の弦は、楽器との相性や、弾く人の好みもあるので実際に使ってみないとわからないところもあると思います。
自分に一番合う弦が見つかると演奏するのが楽しくなりますよ。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました