クラシックのコントラバス奏者がジャズのベースを演奏するために必要な知識

コントラバス
スポンサーリンク

クラシックのコントラバスを弾いている人には、ジャズのベースはどうやって弾いているのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

楽器は同じだけど、演奏方法や楽譜がどうなっているのか、クラシックとは全然違いますよね。
この記事ではジャズのベースがどうやって演奏しているのかを説明したいと思います。

ジャズのベースはコントラバス?

ジャズで使われているコントラバスのような楽器は、クラシックで使われる普通のコントラバスと同じものです。

ジャズのプレイヤーはウッドベースとかベースとか呼び、あまりコントラバスとは言わないです。

楽器は同じものですが、ピックアップをつけてアンプから音を出して演奏することが多いです。そうしないとドラムやピアノに音量的に負けてしまうからです。

セッティングもピチカートがメインになるため、多少弦高は低めにしている人が多いです。
弓はあまり使わないのですが、ソロなどで使う人は弓ホルダーをテールピースに取り付けていたりもします。

ジャズのベースはどうやって弾いているの?

ジャズのピチカートはクラシックの弾き方とは違います。
人差し指の腹を多く弦に当てるようにし、隣の弦に向かって弾きます。クラシックギターのアヤポンド奏法のように、弾いた弦より低い弦に指を当てて止めます。もしくは人差し指と中指を揃えてその二本の指先を弦に当てて弾いてもいいです。

ジャズの曲を演奏する時は、コード進行が書いてある譜面を見て、それをもとにベースラインを考えながら演奏します。

クラシックの人がジャズに転向する場合、一番戸惑うのがこのコード譜とアドリブです。

ジャズはベース以外の楽器も、テーマとなるメロディの譜面以外はコード進行に沿ってアドリブで演奏されます。

例えばトランペット、ピアノ、ベース、ドラムの4人である曲を演奏する場合、以下のような進行で演奏します。

テーマ→アドリブ(トランペット)→アドリブ(ピアノ)→アドリブ(ベース)→アドリブ(ドラム)→テーマ(終わり)

この順番はあくまで参考です。

アドリブをとる順番は変わってもいいし、全員がアドリブをとる必要もありません。
このような最低限の決まりがあるので、ジャズはテーマとコード進行を知っていれば初めて会った人同士でもセッションすることが可能なのです。

バッキングのベースラインは、基本的に四分音符を一拍づつ、コードに沿った音で弾きます。

コードに沿った音とはコードの構成音やスケールといったちょっとややこしい話になるのですが、初めは誰かのベースラインを丸ごとコピーして弾けばいいと思います。

慣れるとコードを見ながらベースラインを弾けるようになります。
音楽理論はゆっくり勉強すればよいので、セッションの経験を重ねて他人と合わせる感覚や、リズムのとり方を体で覚えましょう。

ジャズのコントラバスの練習方法について

ベースラインのヒントを知るきっかけとして手っ取り早いのが教則本です。

始めは本に書いてあるベースラインを覚えて練習しましょう。

覚えたらコードと照らし合わせて、なぜその音を選んでいるのか考えることが、自分でベースラインを作れるようになるヒントになります。

また、アドリブも同様で教則本や誰かのアドリブをコピーするところから始めるのが一番上達の近道になります。
楽器店に行くとジャズの教則本がたくさんありますので内容を確認して、自分にあったものを選びましょう。

普段の練習方法として、ぼくがやっていたのは適当なCDに合わせてベースラインを弾くというものです。実際に合わせてみるとどんな録音の演奏もスピード感がすごいです。また、テンポもただ聞いているだけのときより揺れて感じます。

ジャズのベースを弾くためには、そのスピード感に慣れることが重要になります。

まとめ。セッションの参加方法

ジャズのライブハウスでは、週に一回とか、月に一回とか定期的にジャムセッションを開催しているお店があります。

近くにそういう店がある人は、行って参加してみるのがいいと思います。
お店が近くにない場合は、SNSのコミュニティなどで仲間を募集するのも手です。

ジャムセッションなど、他の人と演奏できる機会があればどんどん参加しましょう。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました