アクティブベースとパッシブベースを完全比較。どっちを選ぶべきか。

ベース
スポンサーリンク

エレキベースを選ぶ時のポイントの一つがパッシブベースとアクティブベースのどちらにするかという選択肢があります。
特にベースを始めたばかりの人は違いも良くわからないし、迷ってしまうと思います。

今回の記事ではアクティブベースとパッシブベースの違いと、選ぶ時に考えるべきポイントについて解説したいと思います。

パッシブベースとアクティブベースの違いについて

普通エレキベースというとパッシブベースの事を指します。
パッシブベースとは弦の振動をピックアップで拾い、アンプでその音を増幅させるタイプのベースです。
楽器本体側には電力を必要とせず、出力も弦の振動をコイルで拾っただけの強さにになります。
これに対して、アクティブベースは楽器本体にアクティブサーキットを搭載し、電池を入れることで楽器側で音を増幅させて出力した音をアンプでさらに増幅させて音を出します。

パッシブベースの音は繊細で、楽器の音や弾いたニュアンスがそのまま出るのに対して、アクティブベースはパッシブの音をアクティブサーキットのキャラクターをプラスしてさらに力強くしたものになります。

例えて言うとパッシブはとんかつ定食、アクティブはカツカレーくらいの違いがあります。

アクティブとパッシブは奏法や音楽のジャンルによって向いているものがあるのでやりたいことに合わせて選ぶ必要があります。

サウンドハウス

パッシブベースのメリットとデメリット

パッシブの音は楽器のキャラクターや、弾いた時のニュアンスが出やすいのでエレキベースの中でもアコースティックよりの特性があります。
オールジャンルで使えますが、特にジャズやボサノバ、古いスタイルのロックなどはパッシブで演奏したほうがサウンドがマッチしやすいです。

電池を必要としないので楽器の管理が楽で、アンプさえあれば演奏できるのがメリットと言えます。
また、サウンドも細かいニュアンスを出したい人におすすめです。

反面、パッシブベースはサウンドに存在感がなく、うまく音作りをしないとバンドの音に埋もれやすいデメリットがあります。

アクティブベースのメリットとデメリット

アクティブベースの音はパッシブベースに比べて力強く、音にツヤがあるのでバンド内のサウンドに埋もれにくく、存在感のある演奏ができます。
また、スラップやピック弾きなどの奏法に向いていてパンチのある音作りが可能です。

アクティブベースのデメリットとしては電池を使わないといけないことです。
電池の消耗によってサウンドも変わってしまうので常に新しい電池を携帯しておく必要があります。

また、サウンドが力強い反面、大味で荒っぽいサウンドになりがちなので曲やジャンルによってはマッチしないことがあります。

パッシブベースとアクティブベースのどちらを選ぶべきか

パッシブベースとアクティブベースはどちらもメリット、デメリットがありますが、結局のところ好みの音が出る楽器ならどちらでも良いと思います。

パッシブベースはプリアンプを使うことでアクティブベースと同様のアクティブサウンドを得ることが可能だし、アクティブベースもアクティブ回路を切ることでパッシブのサウンドを得ることができます。
また、アクティブベースは楽器本体のアクティブ回路を切った状態でプリアンプを使えば違ったキャラクターのアクティブサウンドを得ることもできます。
プリアンプはアダプターで電源を得ることができるので電池の心配をすることも無いです。

どちらか選ぶとして、ぼくのおすすめはパッシブベースです。
パッシブベースは選択肢が広く、電池の心配をしなくて良いので楽器の管理が楽です。
電池が入った状態の楽器は、常に消耗と液漏れの心配をしなければいけないからです。
先述のとおり、パッシブベースはプリアンプを使うことでアクティブサウンドを得ることができるので、アクティブベースに対する強いこだわりがない人はパッシブベースを選ぶことをおすすめします。

ただ、試奏して気に入ったベースがあった場合はアクティブにしろ、パッシブにしろそのベースを選んだほうが良いと思います。

ベースに限らず楽器は一期一会というか、気に入ったものには以外と出会うことができないので気に入ったものに出会えた時はなにも気にせずに買ったほうが良いと思います。

気に入った楽器を買わなかったことはいつまでも後悔します。

まとめ

ぼくは一度サドウスキーというメーカーのアクティブベースを所有していたのですが、常に電池の心配をしていました。

今はパッシブのベースしかもっていないのですが、プリアンプを併用することで不便無く活動することができています。
電池の管理が苦にならない人はアクティブベース向いていると思います。

今回の記事参考にしてもらえればうれしいです。

それではまた。

サウンドハウス
ベース
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました