エレキベースでジャズを演奏するときの音作りやセッティングについて

ベース
この記事は約5分で読めます。

ジャズのベースというとウッドベース(コントラバス)で演奏するイメージが強いですが、うまく音作りをして、弾き方をすればエレキベースでも十分にジャズは演奏できます。

そこで、この記事ではエレキベースでジャズを演奏したいという方に、ジャズに合うような音作りや、演奏方法について解説したいと思います。


エレキベースでジャズを演奏する時のポイント

もともとジャズはウッドベース(コントラバス)で演奏されるのが主流のため、今でもジャズベーシストはウッドベースを弾く人が多いです。

ウッドベースは弦長が長く、フレットがありません。
エレキベースと比較するとフレットによるバズ音がなく、サスティーンが短かく、ピチカートのアタックが強いのが特徴です。
また、中低音が強調されたサウンドです。

エレキベースでジャズを演奏する時は、このようなサウンドを作るようにするとジャズのサウンドにマッチした演奏ができます。

ここから、エレキベースでジャズを演奏する時の楽器のセッティングや、サウンドメイク、演奏方法のポイントについて述べていこうと思います

エレキベースでジャズを弾く時の楽器のセッティングについて

基本的に他のジャンルを演奏する時と同じセッティングで良いですが、弦高が低すぎるとビートが出にくくなるので、適正な弦高に高さを調節しておきます。

また、弦は裏通しし、テンションが強い状態にした方がアタックが強く出ます。また弦は、太いゲージの方がジャズにはマッチします。

弦をフラットワウンドのものにするとバズ音が少なく、ウッドベースに近い音が出ます。ラウンドワウンドの場合、ステンレススチールよりもニッケルスチールの方がジャズ向きのサウンドになります。

エレキベースでジャズを弾く時の音作りについて

プリアンプやアンプのイコライザーのセッティングは、高域を抑え気味にして、中域と低域を強めにすると強いビートが出て、ボンボンとしたジャズらしいベースの音になります。

楽器側のトーンは絞り気味にして、太くて丸い音にします。バンドで演奏するときに抜けが悪かったらトーンをすこしづつ開けて調整します。

エレキベースでジャズを弾く時の演奏方法について

ジャズのベースラインを弾く時はピックではなく、指弾きでブリッジ寄りのところを素早く弾くようにしましょう。

ウッドベースでジャズを演奏する場合は、音程の確認もかねて開放弦を多用しますが、エレキベースで演奏する場合は開放弦はあまり使わずに左手で音の長さを調節しながら演奏すると良いと思います。

ベースラインは曲のコードを見て自分で作るのですが、慣れるまではコピー譜などを弾くのが良いと思います。
ベースラインの作り方は、以下の記事も参考にしてください。

ここから、ジャズを演奏するのに向いている楽器のタイプについて解説していきます。

ジャズに向いているエレキベースのタイプについて

アコースティックタイプのエレキベースや、バイオリンベースはサウンド的にジャズを演奏するのに向いていると思います。

ただ、普通のジャズベースタイプや、プレシジョンベースでもサウンドメイクをしっかりすればジャズらしい演奏ができると思います。
フェンダーのベースは演奏する場合、多少高域が出過ぎて癖のあるサウンドなので注意が必要だと思います。

ジャズではフレットレスベースもよく使われますが、フレッテッドよりもサウンドも弾き心地も違うので注意が必要です。ジャコパストリアスやリチャードボナの演奏が参考になります。

エレキベースのジャズの参考アルバムの紹介

ここから、ジャズをエレキベースで演奏しているおすすめを紹介していきたいと思います。

ジャコ・パストリアスの肖像 / ジャコ・パストリアス

フレットレスベースの第一人者、ジャコパストリアスのデビューアルバムです。ジャコのベースラインやソロなどのフレージングはジャズベースのスタイルの一つであり、フレットレスだけではなく、フレッテッドベースを弾く方にもおすすめです。

Retro / Gary Willis

ゲイリー・ウィリスはフュージョンからジャズまでこなす技巧派ベーシストです。人差し指、中指、親指のスリーフィンガーを使って演奏していますが、さらっと弾いているように見えるのに超絶技巧です。
音数が多いのに無駄な音がない、クレバーなフレージングが魅力です。

Toto Bona Lokua/ リチャード・ボナ

カメルーン出身のリチャードボナはその才能から「ジャコ・パストリアスの再来」と呼ばれる実力を持つベーシストです。ジャズ、フュージョン、アフリカンミュージックなどを融合した独自の音楽センスが素晴らしいミュージシャンです。

まとめ

ジャズのベースはウッドベースに限らなくても様々なエレキベースで演奏されています。
まずはエレキベースで弾いてみて、ウッドベースが弾きたくなったら並行して弾いてみるのも良いと思うし、エレキベースでのジャズを追求していくのも良いと思います。

いろいろなジャズを聞いて自分にあったスタイルを見つけてください。
今回の記事参考にしてもらえれば嬉しいです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました