エレキベースでジャズを演奏するときの音作りやセッティングについて

ベース
スポンサーリンク

ジャズのベースはウッドベースのイメージが強いですが、エレキベースでジャズを演奏している人もたくさんいます。
ぼくはウッドベースとエレキベース両方でジャズを演奏しますが、それぞれ違う楽器だと意識して演奏します。

楽器の音色や演奏方法など、それぞれの良いところを活かせるように演奏することでどちらのベースでもいい演奏ができます。

この記事ではエレキベースでジャズをやってみたいひとに、演奏方法や、ジャズに合うような音作りについて解説したいと思います。

エレキベースでジャズを演奏する時のポイント

もともとジャズはウッドベース(コントラバス)で演奏されるのが主流のため、今でもジャズベーシストはウッドベースを弾く人が多いです。

ウッドベースは弦長が長く、フレットレスです。
エレキベースと比較するとバズ音がなく、サスティーンが短くて、ピチカートのアタックが強いのが特徴です。
また、サウンド的には中低音が強く出ます。
これがジャズのランニングベースのサウンドの特徴になります。

なので、エレキベースでジャズを演奏する時もこのようなサウンドを作るように意識するとジャズのサウンドにマッチした演奏ができます。

ここから、エレキベースでジャズを演奏する時の楽器のセッティングや、サウンドメイク、演奏方法のポイントについて述べていこうと思います。

エレキベースでジャズを弾く時の楽器のセッティングについて

基本的に他のジャンルを演奏する時と同じセッティングで良いと思いますが、弦高が低すぎるとベタベタした音になってジャズらしいビートが出にくくなるので、適正な弦高に高さを調節しておきましょう。

また、弦は裏通ししてテンションが強い状態にした方がアタックが強く出ます。
使用する弦も、ゲージが太めのものを選んだ方がジャズにはマッチします。
ウッドベースの音に近づけたいときは、弦をフラットワウンドのものにするとバズ音が少なく、ウッドベースに近い音が出ます。

アクティブベースよりは、パッシブの方がジャズ寄りな音が作れると思いますが、バンドの構成や、ハコの大きさに合わせてプリアンプを使うのも良いと思います。

エレキベースでジャズを弾く時の音作りについて

プリアンプやアンプのイコライザーのセッティングは、中域と低域を強めにすると強いビートが出てジャズらしくなります。

楽器のトーンは絞り気味にして、太くて丸い音にします。
また、ジャズベースタイプの場合、ピックアップはフロント、リアのどちらも8割くらいにして、演奏しながら調節すると良いと思います。

コンプレッサーはジャズで使うときれいになりすぎるのでかけるとしても薄くかける方が良いです。

エレキベースでジャズを弾く時の演奏方法について

ジャズのベースラインを弾く時はピックではなく、指弾きの方がいいです。
ブリッジ寄りのところを素早く弾くようにしましょう。
テンポにもよりますが、それぞれの音をつなげすぎずに、左手で音を切りながら演奏するとビートが出ます。次の音の一瞬手前で切るようなイメージです。

ウッドベースでジャズを演奏する場合は、音程の確認もかねて開放弦を多用しますが、エレキベースで演奏する場合は開放弦はあまり使わずに左手で音の長さを調節しながら演奏すると良いと思います。

ベースラインは曲のコードを見て自分で作るのですが、慣れるまではコピー譜などを弾くのが良いと思います。
ベースラインの作り方は、以下の記事も参考にしてください。

ここから、ジャズを演奏するのに向いている楽器のタイプについて解説していきます。

ジャズに向いているエレキベースのタイプについて

アコースティックタイプのエレキベースや、バイオリンベースはサウンド的にジャズを演奏するのに向いていると思います。

ただ、普通のジャズベースタイプや、プレシジョンベースでもサウンドメイクをしっかりすればジャズらしい演奏ができると思います。
フェンダーのベースは演奏する場合、多少高域が出過ぎて癖のあるサウンドなので注意が必要だと思います。

ジャズではフレットレスベースもよく使われますが、フレットレスベースはサスティーンが長く、楽器のセッティングや音作りに注意が必要です。
ジャズの巨匠にジャコパストリアスというフレットレスベースの名手がいますが、サウンドもフレーズも独特なので参考にしてみてください。

エレキベースのジャズの参考アルバムの紹介

ここから、ジャズをエレキベースで演奏しているおすすめを紹介していきたいと思います。

Voice / 上原ひろみ

このアルバムのベースのアンソニージャクソンはアメリカのベーシストで、様々なミュージシャンと共演しているベーシストですが、フロントを邪魔しない丁寧なベースを弾く人気ベーシストです。サウンドメイクから、フレイジングまで参考にしたいミュージシャンの1人です。

Oh! / Will Lee

ジャズ、フュージョン、ポップスなんでもこなす人気ベーシストのリーダーアルバムです。多彩で歯切れの良いサウンドは参考にすべきテクニックに溢れています。
このアルバムはジャズ寄りではありませんが、動画サイトなどでいろいろな演奏が見られるので参考にしてみてください。

Bent / Gary Willis

ゲイリーウイリスはフュージョンからジャズまでこなすベーシストで、スコットヘンダーソンとのバンドでの活躍が有名です。
この人は人差し指、中指、親指のスリーフィンガーを使って演奏しています。youtubeなど動画サイトで見ることができますが、無駄な力が全く入っていなくて、さらっと弾いているように見えるのに何気に超絶技巧です。
サウンドはウッドとエレキの中間のような甘くて太い音色が特徴です。
音数が多いのに無駄な音がない、クレバーなフレージングが魅力です。

まとめ

ジャズのベースはウッドベースに限らなくても様々なエレキベースで演奏されています。
まずはエレキベースで弾いてみて、ウッドベースが弾きたくなったら並行して弾いてみるのも良いと思うし、エレキベースでのジャズを追求していくのも良いと思います。

いろいろなジャズを聞いて自分にあったスタイルを見つけてください。
今回の記事参考にしてもらえれば嬉しいです。

それでは、また。

ベース
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました