【ベースの音作り】エレキベース用プリアンプの使い方とおすすめ7選

ベース
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

エレキベースはバンドの中で演奏すると音が埋もれがちになりますが、プリアンプを使ってサウンドを作っていけばはっきりと聴きやすくなります。

プリアンプは、特にパッシブ(電池を入れないタイプ)のエレキベースや、ウッドベースにピックアップをつけて使っている人にはおすすめです。

ベース単体で弾くとちょっと派手くらいの音色に調節すると、バンドの中で埋もれずに目立ったサウンドにすることができます。

この記事ではベース用プリアンプの使い方と、おすすめのプリアンプを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エレキベース用プリアンプの使い方

プリアンプはパッシブのベースに内臓させるタイプと、外付けで使うオンボードプリアンプのタイプがありますが、今回はオンボードプリアンプについて紹介していきます。

ベースとアンプの間にプリアンプを通すことで、パッシブのベースをアクティブ化させることができます。
アウトボードプリアンプの操作はボリュームと、イコライザーがついていて出力を増幅させ、音色を調整することができます。

パッシブのベースはバンドで演奏した時に目立たなくなってしまうことがあり、そういう時にプリアンプを使うとうまくベースの音を持ち上げることができます。

また、スラップで演奏する時に音の輪郭がはっきりしない時などもプリアンプを使うとうまくサウンドを作れます。

パッシブのベースを弾いている人でサウンドメイクが思い通りにできない人や、バンドで演奏した時に音が目立たなくて悩んでいる人にプリアンプはおすすめです。

また、アクティブタイプのベースを使っている人でも、アクティブを切ってキャラクターの違うプリアンプにつなぐと、普段と違う音作りをすることができます。

プリアンプを使う共通の目的は、基本的なサウンドを作るということです。

他のエフェクターを使う場合は、基本的にはプリアンプを一番先に通します。
歪みをかけるときだけ踏めばブースターとしても使うことができます。

ここからおすすめのプリアンプを紹介していきます。

おすすめのベース用プリアンプ①MXR / M80 Bass D.I

ベース用プリアンプの定番モデルです。
BASS、MIDDLE、TREBLEの3バンドのイコライザーはよく効きます。
また、クリーンとディストーションの切り替えがスイッチ一つでできるのでライブでも便利に使えます。
クリーンは原音そのまま出るので、ただ音を少し持ち上げたい時にも使えます。
価格も比較的手頃で、扱いやすいおすすめのプリアンプです。

MXR M80 Bass D.I.+
MXR
ギターエフェクター/ディストーション・オーバードライブ



おすすめのベース用プリアンプ②EDEN / WTDI

アンプメーカーのEDENのプリアンプです。
コンプレッサーやブーストの他、EDENアンプの特徴であるエンハンスコントロールが搭載されています。
エンハンスコントロールとはEDENアンプに搭載されているコントロールノブで、ノブを回す事で中域が太い音からドンシャリまでベースのサウンドの方向性を決めることができます。
価格も比較的手頃で、気軽にEDENアンプのサウンドを作ることができるプリアンプです。

EDEN / WTDI
Eden
EQセクション:3(Bass, Mid, Treble)、 周波数特性:10Hz - 15kHz ± 2dB




おすすめのベース用プリアンプ③TECH21 SANSAMP BASS DRIVER DI V2

こちらも定番のプリアンプです。
細かい設定が可能で、様々なサウンドメイクができます。
低域のコントロールレンジが設定できるスイッチがあり、多弦ベースでの使用にも使いやすいです。
コントロールするにはある程度の慣れが必要ですが、自分のサウンドを追求することができるプリアンプです。

TECH21 SansAmp BASS DRIVER DI V2
Tech21
堅牢なメタルハウジング/サイレントスイッチィング/電源:9V乾電池または 9VDC アダプター使用




おすすめのベース用プリアンプ④EBS  / MICROBASSII

コントロールが多く、多彩なサウンドメイクが可能なプリアンプです。
スイッチやコントロールノブが多くて操作が難しそうですが、各コントロールの効きがよく、直感で操作できます。
スピーカーシミュレーターも搭載されているため、レコーディングにも使用できます。

EBS MicroBass II
EBS
多機能なアウトボードベースプリアンプで、DIとしても有能です。




おすすめのベース用プリアンプ⑤HARTKE / Bass Attack 2

アンプメーカーのハートキー製のプリアンプで、定番だったベース用プリアンプBass Attackの後継モデルとなります。
クリーンとオーバードライブの切り替えができますが、このモデルはクリーンで作ったトーンにそのままオーバードライブをかけることが可能です。
また、音色に変化を加えるHartke Shape回路を搭載しています。
特にクリーンのサウンドが自然に持ち上げられ、気持ちいいところがこのプリアンプの特徴です。

Hartke BASS ATTACK 2
Hartke
シェープEQ回路搭載/ AMOUNT、Bass、Trebleコントロール/EQスイッチ




おすすめのベース用プリアンプ⑥SADOWSKY / SBP-2

サドウスキーのベース用プリアンプです。
これ一台でサドウスキーのサウンドを得ることができます。

サウンドのキャラクターが強く、アクティブベースを弾いている人で普段と違ったサウンドメイクをしてみたい人にもおすすめです。

Sadowsky Guitars SBP-2
Sadowsky
サドウスキー スリムなデザインのベースプリアンプ




おすすめのベース用プリアンプ⑦Fodera Model 2011 Preamp

ベースメーカーのフォデラのプリアンプです。
コントロールはシンプルで扱いやすいです。

最高峰フォデラのサウンドを気軽に得ることができます。

フォデラのベースが欲しいけど高くて買えない人に、気軽にフォデラのサウンドを楽しめる、おすすめのプリアンプです。
今では代理店などでの取り扱いも無いようなので、中古で探すか、ヤフオク等で探すしか入手方法は無いようです。
元々の販売数も多くなかったようなので、欲しい人は見つけたら迷わず手に入れましょう。

Fodera Model 2011 preamp

まとめ ベース用のプリアンプを使ってみよう

ベースのプリアンプを使えば幅広いサウンドメイクが可能になります。
サウンドが変わることでプレイスタイルの幅も広げることができます。
コンパクトで、値段も手頃なものが多いので手軽に試すことができます。
使ったことがない人はぜひ試してみてください。

それではまた。

ベース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました