音が聞こえる、音楽がテーマの漫画を厳選して面白いものだけおすすめ11選。

スポンサーリンク
音楽
スポンサーリンク

ぼくは楽器を弾くことを趣味にしているので、音楽の漫画が好きです。

今回の記事では、音が聞こえてくるような、リアルな音楽漫画を紹介したいと思います。

音楽漫画おすすめ1 のだめカンタービレ / 二ノ宮知子

大ヒット作品です。
ピアノを専攻する音大生の「のだめ」とピアノ科に属しながらも指揮者を志す千秋を中心とした音大生のエピソードを描くコメディです。

それぞれのキャラクターの個性が鮮烈で、音楽や楽器に関するエピソードがわかりやすくリアルに書かれているので、クラシック音楽に興味がない人でも面白く読める作品です。

読んだことがある人も多いと思いますが、もし読んだことがないひとは一度おすすめしたい作品です。




音楽漫画おすすめ2 ましろのおと / 羅川真里茂

津軽三味線をテーマとした作品です。

普段あまり知ることのできない津軽三味線の世界が、漫画で堪能できます。

天才三味線弾きを祖父にもつ高校生の雪(セツ)が、様々な経験や出会いの中で自分の三味線のスタイルを模索していく物語です。

音楽を仕事にすることもテーマのひとつになっており、ミュージシャンを志すものがどのように稼ぐか、ということがリアルに描かれているのも興味深いです。

三味線を弾いたことがない人(弾いたことがある人もあまりいないと思いますが)にもわかりやすく、楽しく読める作品です。

 

音楽漫画おすすめ3 この音止まれ / アミュー

こちらは琴をテーマにした作品です。

不器用で不良としてまわりから恐れられている男子高校生の主人公、愛(チカ)が高校で筝曲部(琴を演奏する部)に入部し、いろいろな出会いや演奏を通じて成長していく様子が描かれています。

作者も琴の演奏をするらしく、内容がリアルでかなり細かく描かれています。
普段聴くことの無い琴も、この作品を読むと聞いてみたくなります。

 

音楽漫画おすすめ4 Blue Giant / 石塚真一

主人公の大(ダイ)が中学3年生の時に見たジャズのライブをきっかけに、ジャズのサックスを始め、音楽に傾倒していくストーリーです。

音楽をやっている人間の、心理描写がなまなましく描かれていて、読みながら知らず知らずのうちに引き込まれていきます。

また、演奏の描写が素晴らしく漫画を読んでいるだけなのに音が聞こえてくるように感じます。

現在はBlue Giant SUPREMEとタイトルを変え、ヨーロッパを舞台として連載中です。


音楽漫画おすすめ5 アポロンの坂道 / 小玉ユキ

少し前の時代(60年代くらい?)の、ジャズを演奏する長崎の高校生の青春を描いた作品です。

横須賀から佐世保の高校に転校してきた主人公のカオルは、ドラムを演奏する千太郎との出会いをきっかけにジャズのピアノを始めるところから物語は始まります。

作中の、ジャズに関するエピソードがリアルです。
レコード店の店長である律子の父親がジョンコルトレーンが死んだと言って喪に服している場面には思わず笑ってしまいました。
ジャズが流行っていた時代の、空気を感じることができる作品です。




音楽漫画おすすめ6 ピアノの森 / 一色まこと

娼婦の子供として生まれた主人公のカイが、ピアニストとして成長していく様子を描いた物語です。カイは不遇な環境に産まれながらも周りの人たちの協力を受けながらピアニストとして成長していきます。
物語は小学生時代の少年期と、高校生時代、それからショパンコンクール出場編の三部に分かれています。それぞれのシーンで海はたくましく成長していきます。
作品では、クラシックピアノの魅力がとてもよく表現されていて、読んでいるとピアノの演奏が聞きたくなります。



音楽漫画おすすめ⑦BECK / ハロルド作石

平凡な少年の主人公コユキが成り行きであるロックのバンドに入り、ミュージシャンとして成長してくストーリーです。
登場人物の音楽に対する悩みや、演奏に関することがリアルに表現されています。
困難に立ち向かいながらも、自分の道を信じて進む登場人物たちの姿が印象的な作品です。




音楽漫画おすすめ8 空電ノイズの姫君 / 冬目景

ギタリストの父親の影響で、抜群のギターテクニックを持った女子高生、磨音がある大学生のバンドにメンバーとして参加し、音楽活動を展開していくストーリーです。

登場人物それぞれに魅力が感じられます。
まだ連載途中ですが、これからの展開が楽しみです。




音楽漫画おすすめ9 けいおん! / かきふらい

大ヒット作品のけいおんです。
女子高生が軽音楽部でゆるくバンド活動する作品です。
作者のかきふらいさんも楽器を演奏するとのことで、楽器や音楽に関することが意外とリアルに描かれています。
大ヒットしたアニメもおすすめです。




音楽漫画おすすめ10 ソラニン / 浅野いにお

働きながら細々とバンド活動を続ける種田と、その恋人の芽衣子の物語です。
あまりいろいろ書くとネタバレになってしまうので書けないのですが、若者の人生への悩みや葛藤を作者の独自の表現で描かれた作品です。

全2巻で完結していますが、読み応えのある作品です。




音楽漫画おすすめ 11 はしっこアンサンブル / 木尾士目

合唱好きの男子高校生、木村仁は入学した工業高校で合唱同好会を設立するため、入学と同時にメンバーを集め始める。
自分の声にコンプレックスを持つ藤吉晃や、ヤンキーでだれとも関わろうとしない折原などがメンバーとして参加し、物語が展開していきます。

合唱についてかなり細かく描かれていますが、内容が詳しく説明されていて分かりやすいです。

合唱に興味がない人でも読んでいると歌ってみたいと思う作品です。




まとめ 音楽漫画のおすすめ

以上11作品を紹介しました。
どれも自信をもっておすすめできる作品です。
時間がある時にぜひ読んでみて下さい。

それではまた。

音楽
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました