【カメラの選び方】デジタル一眼レフを選ぶメリットについて

カメラ
スポンサーリンク

カメラが必要になる理由はいろいろあると思います。

子供が生まれたり、仕事で必要だったり、新しい趣味として始めたかったり。

しかし、実際に買おうと思っても、メーカーも種類もたくさんあるのでどれにしたらいいのか悩みますよね。

一眼レフとコンパクトカメラどっちを選べば良いのか、そもそもスマホでも写真が撮れるんだからカメラは買わなくていいんじゃなか、というところまで悩んでしまいます。

しかし、せっかく写真を撮るなら、できるだけ良いものを残したいですよね。

一番良い写真を撮りたいなら、一眼レフがおすすめです。

今回は一眼レフカメラを選ぶメリットについて書きたいと思います。

デジタルカメラを選ぶ時の選択肢について

デジタルカメラの選択肢としてあげられるのが以下の3つです。

・スマートフォン

・コンパクトデジカメ

・一眼レフ

スマートフォンのカメラはほとんどの人が持っていて、日頃写真を撮ることもあると思います。

最近のスマートフォンのカメラは優秀で、とてもきれいな写真が撮れます。
しかし、写真を拡大した時や、暗いところで撮影したものを見ると普通のデジカメで撮ったものには及びません。画素数のちがいや、センサーの小ささからノイズが目立ち、画質も荒くなってしまいます。
ちょっとした写真や、メモ代わりに使うには十分なのですが、子供の写真や、旅行の写真など長く残したい写真を撮りたいときはちょっと物足りないと思います。

また、コンパクトデジカメはその名の通りコンパクトで持ち運びにも便利なのですが、レンズの交換ができないため、用途が限られてきます。
また、オートフォーカスの性能も一眼レフには及ばないため、早い動きをするものを撮るのには不向きです。
遊んでいる子供や、電車などを撮影しようとしてもなかなか良い写真が撮れません。

スマートフォンのカメラや、コンパクトカメラにはこれらの弱点があるのですが、これを解消できるのが一眼レフになります。

デジタル一眼レフカメラで写真を撮るには、操作方法を覚え、ある程度練習をする必要がありますが、慣れてしまえばいい写真が撮れるようになります。
写真の撮り方のコツは書籍やネットで調べればたいていのことはわかりますし、デジカメは何枚失敗してもコストはかかりません。

なにか撮りたいものがあって、カメラを買おうと悩んでいるのであれば一眼レフをおすすめします。

一眼レフカメラを選ぶメリット

ここから、一眼レフで写真を撮るメリットについて書いていこうと思います。

レンズが交換できる。

一眼レフカメラで写真を撮るメリットで、まず最初に挙げられるのがレンズを交換できるということです。
一つのレンズですべての機能があれば一番良いのですが、それだと構造的に巨大なレンズになってしまうため、カメラのレンズは機能を絞って軽く、小さくなるように作られています。

コンパクトデジカメのレンズはなるべく多くの用途で使用できるように作られていますが、その分妥協された写りになってしまいます。

撮りたいものや、シチュエーションに合わせてレンズを選べることが一眼レフカメラの大きなメリットです。

交換レンズには以下のような種類があり、それぞれ用途が異なります。

・標準ズームレンズ(スナップ写真などに使用)
・広角ズームレンズ(室内などを広く撮りたい時に使用)
・望遠ズームレンズ(遠くのものを撮る)
・単焦点レンズ(ズーム機能が無く、明るい写真が撮れる)
・マクロレンズ(近くのものを接写したい時に使用)
・魚眼レンズ(ほぼ360度の周囲を撮れる特殊なレンズ)

これらをすべて揃える必要はありません。
例えば、主にスナップ写真を撮ろうと考えている人は標準ズームレンズか、自分が撮りやすい画角の単焦点レンズを選べば良いです。
(ここでいう画角とは、撮影した時に写真に写る範囲を角度で示したものです)
単焦点レンズはズーム機能がないのですが、光を取り込む量が多く、明るい写真が撮れるレンズです。明るいレンズは背景をぼかしやすく、ひとつ持っていると何かと使えるレンズです。

また、料理のテーブルショットや、花などを近くで撮りたい人はマクロレンズを使えばレンズを近づけて写真を撮ることができます。

このように一眼レフカメラは、レンズを交換することで様々なシーンの写真を撮影することが可能です。

センサーサイズが大きい

センサーとは、レンズから入ってきた光を画像として取り込む部品のことを言います。
センサーが大きいほどに撮った写真の画質はよくなります。
カメラのセンサーのサイズは、スマホ、コンパクトデジカメ、一眼レフの順に大きくなり、一眼レフのセンサーはこの中では一番大きくなります。

また、一眼レフにはAPS-Cとフルサイズというセンサーサイズの規格があります。
サイズは、

APS-C < フルサイズ

となります。
より良い画質を求める人は、一眼レフの中でもフルサイズを選ぶと良いと思います。

高画質の写真が撮れる。

大きいセンサーを持つ一眼レフカメラは、より多くの光を取り込むことで写真の色を詳細に撮影することができます。解像度もこれによって向上し、よりきれいな写真を撮ることができるのです。

暗いところの撮影に強い

一眼レフはセンサーが大きいので、より多くの光を取り込むことができます。
そのため暗いところでの撮影や、夜景の撮影に強いです。スマホやコンパクトデジカメで撮るとノイズが多い写真になってしまう場面でも、一眼レフならきれいな写真を撮影することが可能です。

きれいにぼかすことができる。

センサーのサイズが大きいと背景をよくぼかすことができます。
レンズの性能にもよりますが、センサーのサイズが大きいフルサイズの一眼レフカメラが一番よくボケると言われています。

一眼レフカメラを選ぶデメリット

ここまで読むといいことしかないように思えてくる一眼レフですが、デメリットもあります。

・カメラとレンズが大きいので気軽に持ち運べない。
・値段が高い。

一眼レフのデメリットはこの2点に集約されると思います。

メリットも多い一眼レフですが、これらのデメリットがあっても大丈夫、と思える人じゃないと、一眼レフを持つことはのちのち苦痛になることもあると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、

一眼レフカメラを選ぶメリットについて説明してきましたが、一眼レフを使えば誰でもいい写真が撮れるというわけではありません。

一眼レフは、良い写真を撮る可能性を増やしてくれるカメラです。
操作をしっかり覚え、写真の腕を磨くことが一番大事です。

カメラがあると、いろいろな思い出を写真として残せます
なにげない日常の場面でも、後から写真を見返すと楽しいものです。
ぼくは子供が生まれたときにニコンの一眼レフカメラを買いましたが、買ってよかったと思っています。

良いカメラを手に入れて、たくさん写真を撮ってください。

ではまた。

カメラ
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました