エレキベースのストラップを選ぶポイントと、おすすめのストラップメーカーの紹介

ベース
スポンサーリンク

ベースのストラップはメーカーも多くて、形や素材も色々あるので、どれを選べば良いか迷いますよね。

いいストラップを使えば、楽器が安定して弾きやすくなるので演奏が楽しくなりますよ。

この記事ではベースのストラップのおすすめメーカーを紹介したいと思います。

エレキベース用のストラップの種類と選び方

エレキベース用のストラップは、素材や太さ、見た目などの違いで種類がたくさんあります。

値段も1000円くらいから数万円のものまで幅広くあります。

素材もナイロン、綿、革、ビニールなど様々で、形や幅の広さも様々です。

ギター用のストラップをエレキベースに使うこともできますが、ギターとベースでは重さが違うので、幅広でクッションが入っているような肩への負担が少ないものを選ぶのがおすすめです。

また、肩に当たる部分が布か、革のストラップは滑りにくいので楽器が安定して弾きやすいです。

ほかにも革製のストラップは、使っていくうちに柔らかくなっていき、自分の体に馴染んでいきます。愛着も湧くし、おすすめです。

他の素材を選ぶ時も実物を触ってみて、感触が良いものを選ぶと良いと思います。

ストラップは一度つけるとずっと同じものを使うことが多いです。
演奏中も意外と目立つので、ちょっと奮発していいものを選ぶと長く使えますよ。

おすすめのエレキベース用ストラップのメーカー

ここから、エレキベース用のストラップのおすすめメーカーを紹介していきたいと思います。

Gibson

ギターメーカーのギブソンでは、ストラップも作っています。

あまり種類は多くないですが、値段が高めの革のストラップがいくつかあって、幅広のものはエレキベースにも使いやすそうです。

ギブソンのベースを使っている人はストラップも合わせるとかっこいいと思います。




Fender

ギターメーカーのフェンダーです。
布製のモノグラムストラップは値段もあまり高くないし、厚みがあって当たりが柔らかいのでベースに使うのもおすすめです。
フェンダーのベースに使ってもいいし、フェンダー以外のベースに使ってもいいと思います。

ERNIE BALL

ERNIE BALLのロゴが入ったポリプロピレンのストラップが有名です。
エレキベースに使うにはちょっと細くて使いにくいかもしれませんが、安くて丈夫で、使い勝手もいいストラップなので、予備に一本あるといいかもしれません。
また、ジャガード織りのサイケ調ストラップがおしゃれでかっこいいのでおすすめです。




Sadowsky

サドウスキーのNEOSTRAPというシリーズのストラップはショルダー部分に柔らかい特殊素材を使っていて肩にかかる負担を軽減してくれます。

体にかかる負担が少なく、演奏が楽になるのでサドウスキーの楽器を使っていなくてもおすすめのストラップです。

サイズがSMLの3種類あり、好みに応じて選ぶことができます。




LIVE LINE

メイドインジャパンを売りにしている、ストラップやシールドなどのメーカーです。

素材や柄などラインナップが豊富にあります。
布製のものは固めでちょっとごわごわして使いにくいのですが、革製のものは値段もあまり高くなく、品質が良いのでおすすめです。




LEVY’S

ストラップの有名メーカーです。

作りがしっかりした、品質の良いストラップメーカーを作っているメーカーです。
素材もデザインも様々なものを作っていて、選択肢が多いです。




ATELIER Z

国内楽器メーカーのATELIER Zです。

幅広でパット入りのストラップで、肩への負担が少ないそうです。パットの幅が2、3、4インチの3種類あり、好みで好きなサイズのものを選べます。

見た目もシンプルなのでどんなベースにも合わせることができます。




MOODY STRAPS

革製ギターストラップの高級ブランドで、いろいろな革製ストラップを作っています。

値段がどれも1万円以上するものばかりですが、柔らかい革を使っていて使い心地が良いです。
ちょっと奮発していいストラップが欲しい人におすすめです。

COMFORT STRAPP

COMFORT STRAPPはアメリカのメーカで、クッション性が高く、長時間の演奏でも疲れにくいストラップを製造しています。

長さや幅の広さで幾つかの種類があり、ベース向けのモデルもあります。
ベースが重くて悩んでいる人におすすめです。




まとめ

ベースのストラップを選ぶときは見た目も大事ですが、肩への負担を軽くするような、幅の広いストラップがおすすめです。

ストラップにはストッパーをつけておけば、大事な楽器を落とす心配もなく安心です。

良いストラップをえらんで楽しく演奏しましょう!
それではまた。

ベース
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました