映画「千と千尋の神隠し」を視聴できるVOD(定額制動画配信サービス)の紹介

動画配信
この記事は約4分で読めます。
白ペンギン
白ペンギン

映画「千と千尋の神隠し」を見られる動画配信サービスを教えてください。

くろ
くろ

現在この映画を配信しているサービスは無いようです。
この記事で紹介するサービスで宅配レンタルが可能です。
以下で詳しく紹介していきます。

白ペンギン
白ペンギン

DVDの購入はこちらからどうぞ

VODサービス(ビデオオンデマンドサービス)とは

VOD (ビデオオンデマンド) とは、インターネットで動画を配信しているサービスです。
スマホやタブレット、テレビなどを使って、見たい時に見たい作品を自由に見ることができます。

料金は定額で見放題のサービスが多く、リーズナブルに好きなだけ作品を見ることができます。
VODを選ぶ時は、以下の3つが基準になります。

  • 配信動画数
  • 月額料金
  • 配信されている動画のジャンル
白ペンギン
白ペンギン

自分が見たい作品を多く扱っているサービスを選ぶことが重要です。

また、テレビでVODサービスの動画を見るには、ChromecastFire TVと呼ばれるデバイス機器が必要となります。

Google Chromecast 正規品 第三世代 2K対応 チャコール GA00439-JP
グーグル(Google)
Chromecastをテレビと電源につなぎ、chromecast.com/setup にアクセスします。
Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
Amazon
人気のFire TV Stickに新登場のAlexa対応音声認識リモコンが付属。テレビの電源・音量操作・ミュートボタンで、対応するテレビの操作が可能に

映画「千と千尋の神隠し」の配信状況

映画「千と千尋の神隠し」の現在の配信状況は以下の通りです。

サービス名配信状況配信の種類
U-NEXT×-
amazon prime video×-
Hulu×-
FOD× -
TSUTAYA DISCUS TSUTAYA TV宅配レンタル
dTV× -
Paravi× -
VideoMarket× -
music.jp× -
NETFLIX× -

映画「千と千尋の神隠し」をレンタルできるVODサービス①TSUTAYA DISCUS TSUTAYA TV

動画配信数見放題1万本
レンタルor購入 2万2千本
宅配レンタル 無数
月額料金2417円
得意ジャンルオールジャンル
レアな作品多数

TSUTAYA DISCUS TSUTAYA TVは、宅配レンタルと動画配信サービスを組み合わせたサービスです。
それぞれ以下のような特徴があります。

TSUTAYA TV(動画配信サービス)
・約1万本の作品が見放題。
・新作など2万2千作品がレンタル可能。
・新作は毎月もらえる1100ポイントで視聴可。

TSUTAYA DISCUS(宅配レンタル)
・お店に行かなくても宅配のみでレンタル可能。
・旧作は無制限、新作は月に8本までレンタル可。
・ジブリやジャニーズ関連の作品が視聴可能。

こんな方におすすめです

・新作は早くチェックしたい。
・昔好きだったドラマや映画を家族と一緒に見たい。
・ジャニーズのアイドルが出演した作品を見たい。
・ジブリのアニメ作品を見たい。

動画配信のTSUTAYA TVは新作の配信が早く、最新作を待たずに楽しむことができます。
またTSUTAYA DISCUSでは、普通の動画配信サービスでは配信されないような古い作品や、ジャニーズ関連や、ジブリの動画も数多く配信されています。昔好きだったドラマや映画をご家族と一緒に見ることができるのでおすすめです。

白ペンギン
白ペンギン

TSUTAYA DISCUS TSUTAYA TV」はここから申し込めば30日間のトライアルが利用できます。


映画「千と千尋の神隠し」の作品紹介

「千と千尋の神隠し」の概要は以下の通りです。

千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。千尋の両親は掟を破ったことで魔女の湯婆婆によって豚に変えられてしまう。千尋は、湯婆婆の経営する銭湯で働きながら、両親とともに人間の世界へ帰るために奮闘する。

制作のきっかけは、宮崎駿の個人的な友人である10歳の少女を喜ばせたいというものだった。この少女は日本テレビの映画プロデューサー、奥田誠治の娘であり、主人公千尋のモデルになった。企画当時宮崎は、信州に持っている山小屋にジブリ関係者たちの娘を集め、年に一度合宿を開いていた。宮崎はまだ10歳前後の年齢の女子に向けた映画を作ったことがなく、そのため彼女たちに映画を送り届けたいと思うようになった。

2001年(平成13年)7月20日に日本公開。興行収入は300億円を超え、日本歴代興行収入第1位を達成した。この記録は2019年現在も塗り替えられていない。第52回ベルリン国際映画祭では『ブラディ・サンデー』と同時に金熊賞を受賞した。宮崎の友人である映画監督ジョン・ラセターの尽力によって北米で公開され、第75回アカデミー賞ではアカデミー長編アニメ映画賞を受賞した。

wikipediaより

まとめ

ここで紹介した「TSUTAYA DISCUS+TSUTAYA TV」は無料トライアルができます。
期間中に解約すれば費用はかからないので、ぜひお試しください。

今回の記事参考にしてもらえたらうれしいです。
それではまた。

動画配信
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました