アニメ映画「千と千尋の神隠し」を視聴できるVOD(定額制動画配信サービス)の紹介

動画配信
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

『千と千尋の神隠し』は2001年の、スタジオジブリの長編アニメ映画です。
世界的に大ヒットした宮崎アニメの代表作品です。

現在、以下のサービスでオンデマンドでのレンタルが可能です。
VOD(定額制動画配信サービス)で視聴できるサービスは残念ながら無いようです。

どのサービスも初回登録時は無料のトライアル期間があるので、登録していない人は試しに加入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

VODサービス(ビデオオンデマンドサービス)とは

VOD (Video On Demand) とは、視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツを視聴することができるサービスです。

課金方法としては、作品ごとに課金するものと、月額料金を支払うことで多くのコンテンツが観放題となるものがあります。

ユーザが見たいときに作品が配信する通信のため、通常の放送ではできない映像の一時停止・巻戻し・早送りなどの操作が可能で、見たいときに自分のペースで見ることができます。

VODサービス(ビデオオンデマンドサービス)を選ぶ時のポイント

サブスクリプション(定額制)のサービスの場合、選ぶ決め手となるのは月額料金と、配信している動画の数になります。
各サービスでばらつきがあります。
また、取り扱いの動画の内容も各社特徴があるので、見たいものを多く扱っているサービスを選ぶ必要があります。

サブスクリプションのサービスでは、配信される動画が常に入れ替わっていくので、見たい作品が永遠に見られるわけではありません。
いろいろな作品を見たいときに見たいと思っている人は、定額制サービスのみではなく、レンタル料を支払うことで作品を見ることができる「TSUTAYA DISCUS+TSUTAYA TV」のようなサービスも併用するとより多くの作品を見ることができます。

映画「千と千尋の神隠し」をレンタルできるオンデマンドサービス①TSUTAYA DISCUS+TSUTAYA TV

TSUTAYA DISCUS+TSUTAYA TV

①DVD or CDをレンタルし放題(旧作のみ)
②動画配信サービス(対象動画見放題、新作はレンタル)

のふたつを組み合わせたサービスで、月額2417円で利用することができます。

動画配信サービスのTSUTAYA TVは、動画見放題プランで、新作・準新作を除く対象作品約10,000タイトル以上が見放題のサービスです。
TSUTAYA TVには月1,100円分相当の動画ポイントが付くので、それを使って新作や準新作などを視聴することもできます。

また、他社の動画配信サービスで見られないような作品も、TSUTAYA DISCUSのDVDレンタルで見つけられることが多いです。

TSUTAYA DISCUSの、DVD or CD のレンタルは旧作であれば借り放題、新作でも8作品を借りることができます。

実際にレンタルする方法は、

「PC・スマホで予約」→「自宅に郵便でお届け」→「ポストに返却」

という手順なのでお店に借りに行ったり、返しにいく手間もかかりません。

ほかの動画配信で見ることができないレアな作品も、TSUTAYA DISCUSのレンタルには高確率であるので、「見たいと思った作品は必ず見たい」という方におすすめです。

下のリンクから申し込めば、初回登録時には、30日間のトライアルが利用できます。
レンタル作品も旧作は借り放題です。

白ペンギン
白ペンギン

TSUTAYA DISCUS+TSUTAYA TV」無料トライアルはこちらからどうぞ↓

映画「千と千尋の神隠し」をレンタルできるオンラインサービス DMM DVD/CDレンタル

DMM DVD/CDレンタルは月額固定料金で、DVD/Blu-ray/CDをレンタルできるサービスです。
パソコンやスマートフォンから利用することができます。
月額制のため返却期限や延滞料金が発生しないため、延滞金を気にすることなく楽しむことができます。

オンデマンドサービスを利用するには自宅の回線が遅い人や、より高画質で作品を楽しみたい人におすすめです。
月額1980円で、最高8枚までレンタルが可能です。
初回1ヶ月は無料トライアル期間があるので、気軽に試すことができます。
気になる方は、下記リンクよりお申し込みください。

映画「千と千尋の神隠し」の作品紹介

「千と千尋の神隠し」の概要は以下の通りです。

千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。千尋の両親は掟を破ったことで魔女の湯婆婆によって豚に変えられてしまう。千尋は、湯婆婆の経営する銭湯で働きながら、両親とともに人間の世界へ帰るために奮闘する。

制作のきっかけは、宮崎駿の個人的な友人である10歳の少女を喜ばせたいというものだった。この少女は日本テレビの映画プロデューサー、奥田誠治の娘であり、主人公千尋のモデルになった。企画当時宮崎は、信州に持っている山小屋にジブリ関係者たちの娘を集め、年に一度合宿を開いていた。宮崎はまだ10歳前後の年齢の女子に向けた映画を作ったことがなく、そのため彼女たちに映画を送り届けたいと思うようになった。

2001年(平成13年)7月20日に日本公開。興行収入は300億円を超え、日本歴代興行収入第1位を達成した。この記録は2019年現在も塗り替えられていない。第52回ベルリン国際映画祭では『ブラディ・サンデー』と同時に金熊賞を受賞した。宮崎の友人である映画監督ジョン・ラセターの尽力によって北米で公開され、第75回アカデミー賞ではアカデミー長編アニメ映画賞を受賞した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E3%81%A8%E5%8D%83%E5%B0%8B%E3%81%AE%E7%A5%9E%E9%9A%A0%E3%81%97wikipediaより

まとめ

ここで紹介したサービスは、いずれも無料期間があるので、とりあえず登録して自分の好みにあったサービスを選ぶことをおすすめします。

無料期間が終了すると料金が発生するので、自分に合わないと思ったサービスは無料のトライアル期間内に忘れずに解約しましょう。

今回の記事参考にしていただけたら嬉しいです。

それではまた。

動画配信
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンギンカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました