初心者用、初めてのエレキベース、楽器の選び方のポイントとおすすめの楽器紹介

こんにちは。今回は初めてのエレキベースの選び方について書きたいと思います。
ベースを選ぶ時のコツはなるべく弾きやすいものを選ぶことです。ベースは弦が太く、またフレットの幅が広いためギターよりも弾き難い楽器です。エレキギターと同じようにエレキベースも一万円くらいの安いものから売られていますが、そういう楽器はほぼ弾き難いです。また音も悪いものが多いため結局買い替えたり練習が楽しくなくなってやめてしまうこともあります。そうならないために、これからいい楽器を手に入れるためのコツをお話ししたいと思います。

エレキベースってどんな楽器?どんな種類があるの?

エレキベースとは基本的に4本(5本、6本のモデルもあります)の弦を張った低音が出る楽器です。アンプに通さないとほとんど音量は出ません。大まかに言うとジャズベースとプレシジョンベースという2種類のタイプがあります。これらの違いははピックアップという楽器の音を拾うパーツの形状が違います。ジャズベースは音色のコントロールの幅が広くオールジャンルで使えますが、プレシジョンベースは甘く野太い音の傾向がありパンクやロックに良く使われます。他にもスティングレイタイプやフォデラのエンペラーのようにボディが大きいタイプがありますが、初めてのベースであればジャズベースかプレシジョンベースを選ぶのが無難です。

初めてのベースはどうやって選べばいい?

ベースもギターと同様楽器店で現物を見て、試奏をして選ぶのがベストです。
ジャズベースもプレシジョンベースももともとはフェンダー社がオリジナルなので、フェンダーの音が好きな人はフェンダー製のベースを選ぶのが良いと思います。
ぼくはこのフェンダーのベースのちょっと癖のある音が苦手で、LAKLANDというメーカーのベースを弾いています。ベースは弾き難いぶん楽器の作りや音の出方で自分にあったものを選び、しっかりと調整された楽器を選ぶことが大事です。

初めてのベースおすすめ①Fender MEX Player Jazz Bass

フェンダーメキシコのPlayerシリーズのジャズベースです。フェンダーが欲しい人にはコストパフォーマンスが優れたこのモデルをおすすめします。実売価格6万〜7万くらいです。カラーも数種類あり、同じ価格でプレシジョンベースもあるのでお好みで好きな方を選べば良いと思います。

初めてのベースおすすめ②Bacchus Craft Series WL424DX-ASH (CHG/OIL) 

バッカスは日本のメーカーなのですが、生産国に沿って安いものから高いものまでラインナップが充実しています。このモデルは実売6万〜7万円くらいで、音もよく弾きやすいのでとてもおすすめなのですが、もっと予算を抑えたい人はこのメーカーのもっと安いものでもいいと思います。というのはこのメーカーの低価格のモデルも安い楽器にありがちな弾きにくさが無く、音も結構良いからです。一番安いものは2万円以下からあります。
コストパフォーマンス、品質ともに優れていておすすめのメーカーです。

初めてのベースおすすめ③ FUJIGEN Neo Classic Series NJB10RALV

フジゲンは国内外を問わず、数々のブランドのOEM生産を請け負う工場が立ち上げたブランドです。楽器の作りはどれも丁寧で、音も良いです。これの前のモデルをぼくも所有しています。あまりに弾きやすくて他の楽器を弾いた時に弾きにくく感じてしまうほど弾きやすいです。手の小さい人や女性にもおすすめの一本です。実売価格8万円前後です。

初めてのベースおすすめ④ STERLING/ RAY34-NT

MUSIC MANのスティングレイモデルの正当な廉価版です。
サウンドはまさにスティングレイで、パンチのある出音です。スラップには勿論、幅広いジャンルの音楽に対応できます。スティングレイが好きな人にはコストパフォーマンスに優れているこちらがおすすめです。

最後に、ベースの音色について

ベースはメーカーによって音の傾向が違います。ぼくはあまり癖のない音が好きなので今回おすすめした日本のブランドの楽器が好きなのですが、好きな音がどんな音なのか自分で確かめていろんな楽器を試しながら選んでください。今回は予算10万円くらいまでを上限におすすめを考えました。いい楽器が見つかるといいですね。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました